youtubeで稼げない人がyoutubeで確実に稼ぐための方法

どうもちいままです!最近ではキングコングの梶原さんや、元SMAPの草彅剛さんなど、芸能人も続々と参入し始めているyoutube。

梶原さんが運営する「カジサック」は既に登録者数125万人を突破しており、草彅剛さんの「ユーチューバ―草彅チャンネル」も92万人以上の登録者数を獲得しています。

ブログもそうですが、既に知名度がある芸能人が始めれば、あれよあれよという間に登録者数も再生回数もうなぎ登りで上がっていきます。

しかし、その一方で、我々無名の一般人の場合は、youtubeに参入して一発当てようと思っても、思いのほか稼げないのが現状です。

特に、これから参入する後発組youtuberには相当厳しい状況と言えるでしょう。

年々youtube副業に参入する人は増え続けていますし、芸能人もテリトリーを広げ始めていますから、正直、後発組に入り込む隙間があるのかは微妙なところです。

工夫次第では月5万くらいならいけなくもないですが↓

YouTubeの再生回数を伸ばして月収5万以上稼ぐ7つのポイント!

ですから、これからyoutubeを始めようとしている人、あるいは既に始めているけど全然稼げていない人達に言えることは

youtuberになって稼ぐのはやめておいた方がいい」ということです。

ただし!

実を言うと、youtuberにならなくても、youtubeで稼ぐ方法が他にもあるんです。しかも確実に。

果たしてそんな方法がホントにあるのか?

疑っている人はまずは今回の記事を読んでみてください。

スポンサーリンク

youtubeで稼げない人がyoutubeで確実に稼ぐための方法

まず、下記の画像をご覧ください↓

上記の画像はクラウドワークスのお仕事案件の一部を抜粋したものです。

「youtube」で検索すると、このようにyoutube関連のお仕事案件がずらりと出てきます。

そう、見て分かる通り、これらはyoutube動画の編集をお手伝いするお仕事です。

実はyoutubeで稼ぐ上で、編集作業は超重要で、あの天下のヒカキンさんも、再生時間たった7分の動画でも、編集作業には6時間もかけているというほど。

他の人気動画を見ても、私達視聴者を飽きさせないために、どれもテンポ良く編集が施されています。

どんなに面白いネタの動画であっても、ダラダラしてどこが見どころなのか伝わらないと、最後まで視聴してもらえないので、トップクラスのyoutuberはみんな、この編集作業に命をかけています。

ただ、この編集作業って、実際やってみると物凄く大変です。

動画を撮ってあとはアップすれば再生回数分稼げる・・・という単純な図式で考えている人は今日からその考え方を改めた方がいいです。

ぶっちゃけ、youtubeにチャンネル登録して動画を撮ってアップするまでは、誰だってできるんですよ。

でも、そのままただ撮った動画をアップしたところで誰にも見向きもされません。

編集もされていない動画は無駄な場面が多く、ただただ見づらいだけですからね。

テレビ番組だって、面白い、使えると思った場面を編集してから放送していますから、もはや動画に編集作業は絶対必須と言っても過言ではありません。

例えば、うちの娘が良く見ているお絵かきやハンドメイド作成の動画ですが、見てみると、実に素晴らしく編集が施されています。

実際絵を描いたり、物を作ったりする作業で、何時間もかかっているわけですが、それを終始映しっぱなしなんて、見ている方は退屈でしょうがないですよね。

ですから、動画を撮り終えた後、無駄な部分はカットしたり、早送りしたり、効果音やBGMを入れたりして、視聴者が飽きないように仕上げているのです。

しかし、この編集作業、youtuber自らやる人と、そうでない人に分かれています。

ヒカキンさんは基本は自分で行っているようですが、動画によっては外注化しているようですし、上記で紹介したように、クラウドワークスなどのマッチングサイトで、動画編集作業を依頼する人も多いです。

メインの動画は自分で撮って、後の編集作業は他人に代行してもらうってことですね。

そうすれば自分の作業負担はだいぶ減りますし、動画を定期的にアップすることも可能になります。

つまり、もうお分かりの通りyoutubeで稼げない人がyoutubeで確実に稼ぐための方法とは、

youtube編集作業を仕事にして稼ぐということです。

この方法なら、働いた作業に対しての報酬が貰えるので、確実にお金になります。

youtuber参入者は年々増えていくので、これからyoutuberとして稼ぐのは厳しいですが、

youtuber参入者が増えるということは、youtube動画編集依頼の需要も増えるということなので、動画編集を仕事としてやった方が、むしろyoutuberになるよりも、堅実的で確実にお金になると言えるでしょう。

それに、これからの時代益々デジタル化は進んでいくわけですから、動画編集の技術を身に付けておいて損なことはありません。

youtube編集技術を身に付けるためには?

さて、上記ではyoutuberになるよりも、youtube編集で稼ぐことをおすすめしましたが、そもそもの話、動画編集ってどうやるのか知らないという人いませんか?

むしろ、この編集作業ができないために、youtube参入に踏み出せないという人も多くいるかもしれません。

しかし、ネットで「youtube編集動画編集講座」で検索してみると、教えてくれるところは腐るほどあります。

例えばこちら↓

上記は「ストアカ」というスキルを教えたい人と学びたい人をつなぐマッチングサービスですが、こちらのサイトで動画編集技術を教えている人はたくさんいます。

こちらは有料ですが、生で実際に教えて貰えるので、お金を払うだけの価値は十分あるでしょう。

こういったところで本格的に動画編集の技術を学べば、いずれ自分も教える側になって稼ぐこともできるので、本気で稼ぎたい人は是非実践してみてください。

もしお金がかかるのが嫌だという人は、YouTubeが公式で提供しているサービス「YouTubeクリエイターアカデミー」がおすすめです↓

YouTubeが自ら提供しているサービスですから、動画編集技術のみならず、YouTuberとして稼ぐノウハウも全て教えてくれます。

例えば、YouTubeで収益を得る仕組みから、動画著作権に関する知識、アナリティクス解析方法などなど、YouTubeの基礎から学ぶことができます。

こちらだと自分のペースで学ぶことができるのでおすすめです。

また、YouTubeで直接、YouTube動画編集のやり方を公開している人もいますし、編集技術なんて探せばいくらでも学ぶことができます。

要はやる気ですね。「編集ができないから無理」ではなく、とりあえずやってみることが重要です。

案外面白くなってやめられないかもしれないですよ。

youtuberの現状はやっぱり厳しい

youtuberって夢のある仕事ですけど、参入者が増えることで、規約もどんどん厳しくなっています。

つい最近も子供向けコンテンツの動画に規約変更があり、子供向けコンテンツの動画はパーソナライズド広告停止になるようです。

なぜこのように規約が変更されたかなんですが、それは以下のことが原因のようです。

米連邦取引委員会(FTC)などは4日、傘下の動画配信サービス「ユーチューブ」で、子供の個人情報を違法に収集したとして、IT大手のグーグルに1億7000万ドル(約180億円)の制裁金を科したと発表した。グーグルは制裁金の支払いを受け入れ、FTCなどと和解する。

つまり、簡単に言うと、youtubeが無断で子供の個人情報を流しており、それは違法だから罰としてお金を支払わされたってことです。

基本的に子供の個人情報を流すには親の同意が必要ですからね。

このような理由から、今後子供向けコンテンツの広告を停止するという処置を取ったわけです。

実際このパーソナライズド広告停止によって、収益にどのくらいの影響が出るのか分かりませんが、子供向けコンテンツ専門のyoutuberにとっては大きな痛手になることは間違いないでしょう。

ヒカキンさんなんかは子供向け動画中心なんで、やばいのではと騒がれていますが、既に日本のトップyoutuberに君臨している彼ですから、このくらいのことではへこたれないと思います。

しかしながら、唐突にこういった規制が出されるyoutuberは危険が多すぎますね。

せっかくの動画も削除されたり、どんなに気を付けていてもGoogleの一言で風向きが変わるわけですから。

これならやっぱり編集業で稼いだ方が確実で安定していると言えます。

youtubeをやるにしても、まずは編集技術を身に付けてからの方がいいと思いますね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする