YouTubeの再生回数を伸ばして月収5万以上稼ぐ7つのポイント!

どうもちいままです!今年2019年2月、人気YouTuberのヒカキンさんが引っ越しをしたということで、新居を公開していたことが大いに話題になっていましたね。

ヒカキンさんは、自身の持つ4つのチャンネルの総登録者数が1000万人を超えており、今もその勢いは止まることを知りません。

また、ここ最近もキングコングの梶原さんがYouTuberに転身して、既に登録者数は60万人を突破しており、この時点で既に月収200万以上は稼ぎ出しているということです。

こういった話を耳にすると「自分もYouTuberになって稼ぎたい!」と夢見る人がまたもや増えるとことが予想されますが、

現実にYouTuberで生計を立てられている人はほとんどおらず、月1万円いけばいい方とも言われています。

キングコングの梶原さんは元から知名度がある方なので、始めてすぐに軌道に乗りましたが、一般人の人はかなり厳しいと言えます。

ではYouTuberで稼ぐのは無理なのか?・・・・・といえばそんなこともありません。

ヒカキンさんや梶原さんレベルの収入は無理だとしても、趣味として自分で制作した動画をアップして十分な副収入を得ている配信者も決して少なくはありません。

そこで今回の記事では、YouTubeの再生回数を伸ばして月収5万以上稼ぐポイントを7つご紹介します。

YouTuberで生計を立てていけるほどの収入を稼ぎ出すのは非現実的でも、月収5万程度なら、工夫、頑張り次第で十分実現できる数値です。

現在YouTubeで副収入を得たいと考えている人達は、是非参考にしてみてくださいね!

スポンサーリンク

YouTubeで月収5万以上稼ぐポイント①ネタ選び

まずYouTubeで稼ぐ上で1番大事なのは「何の動画を撮るのか?」ということで、最初にしなければならないのがネタ選びです。

では主にどんなジャンルが人気があるのか?登録者数10万人を超えるYouTuber全591チャンネルのジャンルを分類してみると、主に以下のような分布になりました。

1位 ゲーム実況

ゲームソフトをプレイしながら実況解説します。面白いコメント力と、録音・編集テクニックが必要です。

2位 やってみた系

これは実験ものだったり、物まねだったり、ダイエットだったり、実践したことをそのままアップします。中には「毛穴の角栓を取る」なんていう、なんともグロい動画がありましたが、再生回数がすごいことになっていました。気持ち悪いけど見たい人が多いようです・・。

3位 音楽 

特技や趣味の楽器を弾いたり、カラオケを歌ったりなどの音楽系も人気が高いです。

4位 キッズ

おもちゃで遊んでいる様子や、人形や縫いぐるみを使った劇など、子供を対象とした動画は意外に人気があります。

5位 ハウツーとスタイル

「服についた食べ物のシミを簡単に落とす方法」や折り紙の折り方、ハンドメイド制作など、役に立つハウツーものも人気です。

その他には、「映画とアニメ」「料理とグルメ」「ビューティー」「ニュースと政治」などがあります。

因みに、定番である「ペット・動物」系は鉄板ネタではありますが、手軽に撮影できることから競争率が激しいのであまりおすすめしません。

ネタ選びのポイントとしては「引きが強くて競争相手が少ないジャンル」を選ぶこと。勿論、自分の得意ジャンルを生かしてオリジナリティのある動画にすることも重要です。

YouTubeで月収5万以上稼ぐポイント②撮影

続いては撮影です。撮影の手法や必要となる機材は動画のネタによって異なりますが、基本的にはスマホだけで問題ありません。

ただし、YouTubeを見る視聴者はスマホから見る場合がほとんどなので、見やすい映像を心がけることが重要です。

注意するポイントとしては以下の5つ↓

・画面を横位置にして撮る

・手ブレしないように三脚を使う

・ズームやパン(振り)は多用しない

・人物はバストアップが基本

・高解像度のHD画質で撮影する

また、スマホ撮影時に以下のようなアイテムがあると便利です↓

三脚

手ブレを起こさないために、三脚は絶対必要です。

リモコン

Bluetoothでスマホのシャッターを切ることができます。

専用マイク

スマホに接続可能なマイクで音声をクリアに録れます。

専用広角レンズ

狭い室内でも広角レンズで撮れば広々と見やすい画角になります。

YouTubeで月収5万以上稼ぐポイント③編集

最後は編集です。YouTubeにアップする動画は、撮影したものを一端編集してからあげるのが基本です。

カットをつないだり、タイトルやテロップの文字を挿入することで動画の質が格段にアップします。編集するには編集ソフトやアプリを使用します。

無料のものでも十分使うことが可能です↓

スマホ

Viva Video

初めてでも直感的に使える手軽さが魅力で、初心者に最適です。

Cute CUT

無料とは思えないほど高機能なアプリ。エフェクト種類が豊富です。

PC

iMovie

Macにデフォルトでインストールされている動画編集ソフト

ムービーメーカー

Winマシンを使って無料で動画編集するならコレがおすすめです。

また、You Tube公式の「動画エディタ」も十分活用することができます↓

主にできることは

・動画のトリミング

・写真(静止画)の挿入

・画調・コントラスト等の調整

・再生速度の変更

・テキストの挿入

・BGMの追加

・音声(音量・バランス)などの調整

無料であっても機能は十分に兼ね備えているので、まだ慣れない素人の人は、ココから始めてみましょう。

動画アップする上でもっとも避けるべきことは「ダラダラと同じカットが続く」ことです。

この状況により「見続けても面白いことは起こらなそう」と思われたら、視聴者はすぐに別の動画へと移ってしまいます。

これを避けるための編集テクニックとしては、映像の不要部分を削除して前後をつなぐ「ジャンプカット」の手法を取り入れることなどが有効です。

また、関連する別カットのアングルを挿入したり、音楽や効果音なども入れたりすると、視聴者の興味を持続させることができます。

このように編集を加えることで、動画の仕上がりは2倍も3倍もレベルアップします。むしろ編集にかかっていると言っても過言ではないくらい重要なので、面白い動画をアップするだけでなく、編集テクニックも磨いていくようにしましょう。

では、ここまでのポイントをもう一度まとめてみましょう。

ネタ選びは引きが強くて競争相手が少ないジャンルを選ぶこと。

撮影はスマホ視聴者を意識した見やすい映像を心がけること。

編集はカットをつないだり、タイトルやテロップの文字を挿入して動画のクオリティを上げること。

これがYouTubeで月収5万以上稼ぐ3つのポイントになります。

一見当たり前のようにも思えますが、意外にできていない人は多いです。

どんなに面白いネタであっても「見づらい動画」「ダラダラ退屈な動画」だと視聴者は途中で見るのを止めてしまいます。

常に視聴者側の目線に立って動画を制作し続けること、それが安定的な収入を稼ぎ出すポイントです。

YouTubeの再生回数を伸ばすポイント①アナリティクスを徹底分析

では続いてはYouTubeの再生回数を伸ばすポイントについてご紹介します。

とにかく面白いネタの動画をどんどんアップしてヒットを狙うというのもありですが、どんなネタの動画が時として爆発的ヒットを跳ばすかは誰にも分からないものです。

そこで実践したいのが、YouTubeアナリティクスの分析です。YouTubeアナリティクスとは、YouTube専用のアクセス解析のことで、

自分がアップした動画がどんな年齢や性別の人に視聴されているか、どこで視聴を止めたなどのデータを取得することができます。

出典:https://network.bbtv.com/jp/youtube-analytics/

YouTubeアナリティクスでは主に

・再生時間

・男女比

・年齢

・地域

・トラフィックソース

・視聴環境(PC/スマホ)

・視聴者維持率(最重要!)

などの情報を読み取ることができます。

実は視聴者が動画を最後まで視聴するかどうか判断するポイントが冒頭の15秒と言われており、

この15秒の間に視聴者に興味を持ってもらえなければ離脱されてしまう確率が高くなってしまうのです。

離脱を防ぐ対策としては、結論やオチを最初に見せたり、「これから○○をやります」と先に宣言したりしておくことが効果的です。

YouTubeの再生回数を伸ばすポイント②タイトルとサムネイルの工夫

YouTubeで動画を見る際、複数の検索結果から視聴する1本を選ぶ決め手は、動画タイトルとサムネイル画像です。

視聴者が思わず「なにこれ気になる!」「これマジ?」と興味をそそる様な動画タイトルを付けることが何より重要です。

タイトルと中身の動画があまりにも食い違っているのは良くないですが、多少オーバーに盛ることは必要です。できれば19文字以内で簡潔に内容を伝えることがポイントです。

また、サムネイル画像も自動的に抽出されたサムネイルカットにするのではなく、自作したカスタムサムネイルを選択しましょう。

サムネイル画像は動画の内容が一目で分かることが重要で、文字を入れる場合はスマホ視聴を考慮して、大きめのフォントにするなどの工夫も加えましょう。

YouTubeの再生回数を伸ばすポイント③タグの設定

続いて意外に重要なのがタグの設定です。動画をアップロードしたら関連する語句をタグとして登録するのを忘れずに行いましょう。キーワードとなる用語は「タイトル」「説明欄」「タグ」全てに入れます。

視聴者が動画を探す検索ワードを想像しながら、できるだけ多くのタグを設定するのがポイントです。これにより、検索で動画がヒットする可能性を向上させられます。

タグ設定を行うことによって、タグ付けしたワードで検索した際に、検索結果として表示されるようになりますし、関連性が高い別の動画を視聴した際「次の動画」として候補に上げるようになります。

例えば・・・

ペット(犬)の動画なら、犬、いぬ、イヌ、可愛い、かわいい、カワイイ、ペット、コリ―、ボーダーコリー、ボール、玉、じゃれる、走る、芝生、ドッグラン、家族、dog、cute、puppy、ballなど。

料理の動画なら、料理、調理、和食、肉じゃが、肉ジャガ、豚肉、じゃがいも、ジャガイモ、簡単、かんたん、美味しい、おいしい、cook、cooking、dish、food、japanese、delicious、mealなど。

同じ意味のタグであっても、人によって平仮名、片仮名、漢字、ローマ字と検索ワードは様々なので、思いつく限りのタグを設定することで、取りこぼしがなくなります。

YouTubeの再生回数を伸ばすポイント④SNSを利用する

視聴者が動画を見終えて「次回も見たい」と思ってくれれば大成功。

そのままYouTubeのチャンネル登録をしてもらえれば、次回動画をアップしたときはリピートして視聴してくれる可能性が高まります。

しかし、多くの視聴者にとって実はYouTubeのチャンネル登録は少々ハードルが高く、例え動画を気に入ってくれたとしても、なかなかチャンネル登録をしてくれない視聴者も多いんですね。

そこで有効なのが、TwitterやInstagramなどのSNSのフォローの呼びかけです。チャンネル登録よりも、SNSでのフォローの呼びかけの方がハードルが低く、やってくれる人が多いので、SNSでのフォローを促して次回の視聴へ誘導します。

具体的なやり方としては、概要欄の最後にSNSのリンクを張ったり、動画の最後の方でSNSのアカウントを公開して呼びかけるなどです。

因みに、Facebookは実名公開が基本で、YouTubeとの相性はあまり良くないので、TwitterやInstagramをおすすめします。

YouTubeの落とし穴にご注意!

アップした動画に収益化を設定すると、動画の内容について審査が行われます。

ここで万が一審査に通らないと広告が表示されないので、せっかくの動画が無駄になりかねません。

審査に通らない原因は主に以下の項目に当てはまっていることが考えられます。

・著作権・肖像権を侵害している

・公序良俗に反する

・差別的な内容

・不正行為を助長している

・他者の法的権利を侵害している

などです。

動画を制作する際は、上記の内容に当てはまらないように十分注意しましょう。

まとめ

では、もう一度、YouTubeの再生回数を伸ばして月収5万以上稼ぐポイントについておさらいです。まず、YouTubeで月収5万以上稼ぐポイントは

①ネタ選び

②撮影

③編集

の3つ。

そしてYouTubeの再生回数を伸ばすポイントは

①アナリティクスを徹底分析

②タイトルとサムネイルの工夫

③タグの設定

④SNSを利用する

の4つでした。

これらのポイントを守れば、月収5万以上稼ぐことはそうそう難しくありません。

ただ、これらのポイントを守る以上に大切なことがもう一つあります。

それは「動画配信は継続する」ということです。例え1本ずつが短くても、定期的に気の利いた動画をアップすることで視聴者の記憶に留めてもらいやすくなり、常連になってもらえる可能性も高くなってきます。

再生回数が伸びないからとすぐに諦めず、常に新しいものを発信するつもりで継続していきましょう。もしかしたら、そこから爆発ヒットを跳ばす動画が生み出されるかもしれません。

継続は力なり!頑張りましょう^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする