Webライターやるよりブログで記事書いた方が稼げると思った理由。

どうもちいままです!今回は私の体験談記事になります。私は以前、クラウドワークスやココナラでライターとして活動していた時期があるのですが、

やはり自分でブログを立ち上げて、自分のブログのためだけに記事を書いた方が稼げるなと、改めて思いました。

今回はその理由について詳しく書いていきたいと思います。

これからWebライターや、ブログで稼ごうと思っている人は是非参考にしてみてください!

スポンサーリンク

Webライターは稼げる?稼げない?

まず、誤解のないように最初に言っておきますが、タイトルの「Webライターやるよりブログで記事書いた方が稼げる」に関しては、

あくまでブログと比べたらブログの方が稼げるということであって、決してWebライターという仕事が稼げないということではありません。

ベテランWebライターともなれば月収30~40万、さらにトップクラスの人は月収100万以上稼ぐ人もいるので、むしろWebライターは稼げる仕事です。

しかも在宅にいながらこの収入を得ることができるわけですから、私のような子供のいる主婦や、精神的病気で外に働きに出られない人などにとっても最適な仕事と言えます。

ただし。

特別な資格やスキルがなくても文章を打つだけで収入を得ることができるWebライターは、大変人気が高く、年々Webライターを始める人の数が急増しています。

そのため、今やWebライター業界は人余り状態となっており、文字単価自体も前に比べると安くなってしまっています。

ですから、Webライターで稼ぐには相当な努力が必要であることを覚悟しなければなりません。

ただ、これはWebライター業に限ったことではなく、どんな仕事にも言えることですよね。

在宅ビジネスの場合は特にそうです。

在宅ビジネスと言えば「自分の好きな時間にできる」「やったらやった分だけ稼げる」と、聞こえはいいですが、これは逆に、

「仕事のスケジュール・ペースを自分で全て管理しなければならない」

「外で働くのとは違って給料の保障がないので、完全歩合制。やらなきゃ無収入」

ということです。

ですからWebライターの場合も、稼げるか稼げないかは自分次第ということですね。

Webライターやるよりブログで記事書いた方が稼げると思った理由。

さて、では、いよいよ今回の本題。

冒頭でも述べた通り、私は過去にWebライター業をやっていた時期があり、頑張って1ヵ月で4万程稼いだ経験があります。

主婦が在宅にいながら、1ヵ月で4万ならまずまずの収入だと思いますし、勿論、自分の努力次第では、さらに収入を上げることだって可能です。

しかし、それでもブログで記事を書いた方が稼げると、改めて実感しています。

果たしてそう感じた理由とは一体何なのか?

それは・・・

Webライターで書いた記事は書いた分の報酬を受け取ったらそれで終わりですが、自分のブログで書いた記事は、ブログを運営し続ける限り、継続的に収入を稼ぎ続けてくれる、金のなる木のような存在になるからです。

これはどういうことなのか、さらに具体的に説明します。

まず・・・

Webライターはクライアントから記事作成を依頼されて記事を書くわけですが、その際は1文字ごとの単価が決められており、書いた文字数分だけが報酬として支払われる仕組みになっています。

しかし、Webライターとして仕事をする場合は、大抵の場合ココナラやクラウドワークスなどのマッチングサイトを通じて仕事をするので、

記事作成で稼いだ報酬からさらに、利用手数料が差し引かれるようになっています。

ある程度実績の積んだライターだったら、1文字1~3円が相場になりますが(トップクラスはそれ以上)、

実績のない初心者ライターの場合は、1文字0.1~0.6円前後が相場となっているので、1000文字書いても100~600円程にしかならず、

1000文字を1時間で仕上げた場合でも、時給100~600円、2時間かかった場合は時給50~300円、それ以上かかれば、もっと低くなってしまいます。

このように、Webライター業は完全歩合制な上、文字単価によっては労力の割にお金にならないというのが現状です。

因みに、私の場合、ココナラで1ヵ月4万稼いだ時は、文字単価は0.5円でした。実際はもっと稼いでいるのですが、稼いだ金額が1円〜5万円以下の場合、そこから手数料が25%も引かれているので、この金額になっています。

一生懸命記事を書いても、その対価に見合っていない報酬しか貰えないというのがWebライターのデメリットです。

しかし、これが自分のブログで記事を書いた場合。

たった1つの記事でも毎日数千円、あるいはそれ以上の報酬を稼ぎ出してくれる資産になるんです。

ブログで記事を書いて報酬を得られるのは、当ブログのように、書いた記事にGoogleアドセンス広告やASP広告を張って、

ブログに訪れたユーザーが広告経由で商品を購入したり、サービスに申し込んだりすることによって、売上額の一部がブログ運営者に支払われることによるものです。

記事は一度書けば検索エンジン上にずっと残り続けるので、ほったらかしにしても、継続して報酬は発生し続けます。

つまりWebライターのように書いたら書いた分の報酬だけ貰って終わりではなく、その後継続して何倍も稼ぐ資産となるということです。

私は過去に1つの記事だけで毎日1000PVのアクセスを稼ぐ記事を持っていたことがあります。

そこにGoogleアドセンス広告を張っていたので、仮にその記事のクリック率が1%だとしたら(100アクセスで1クリックされる計算)、

1クリックの平均単価は30円なので、単純計算しても

1日10クリック=300円

1ヵ月にすると

300円×30日で9000円

たった1つの記事だけで毎月9000稼いでいることになります。しかも何もせずにです。

記事は一度書けば、たまにリライトや修正などのメンテナンスを行うだけで、後はほとんどそのままほったらかしですから、ほぼ不労所得状態です。

これがWebライターとして他の人に記事を書いた場合、その記事に対する報酬を1回こっきり貰って終わりです。

仮にココナラで1文字1円の単価で9000文字の記事を1記事依頼された場合と、ブログで記事を1記事書いた場合の報酬と比べてみると・・・

ココナラで1記事書いた場合

報酬‐手数料25%

9000円‐2250円=6750円

ブログで1記事を書いた場合

1日10クリック=300円

300円×30日で9000円

この時点で2250円の差が出ていますね。勿論これは1日1000PVのアクセスで毎日300円の報酬が入った場合に限るので、当然これ以下の報酬になる場合もありますが、

クリック単価が上がればそれ以上にもなります。また、Webライターと違って記事の文字数は報酬とは関係ないので、例え3000文字の記事であっても、上記の報酬を毎日継続的に稼ぐことは可能です。

しかし、本当の違いが分かるのはその後です。

Webライターで記事を書いた場合、1記事書いたらその1記事分の報酬だけで終わりですが、ブログで書いた記事はその後も報酬が発生し続けます。

もし、1ヵ月9000円という報酬を毎月キープできていたとすれば、1年に換算すると、

9000円×12ヶ月=108000円

なんと10万以上の収入になります。ほぼほったらかしで。こういった記事がブログに何記事もあったらどうでしょうか?

Webライターとどちらが稼げるかは言うまでもありませんね。

ブログで記事を書く場合のデメリット

さて、上記で説明した通り、ブログで記事を書く方が、何倍もの報酬になることが分かったと思います。

それも報酬額だけでなく、労力においてもこちらの方がはるかに負担がありません。

「じゃあどう考えてもブログ作ってそこで記事書いた方が得じゃん!!」

ってなりますよね。

しかし、やはり現実そう単純で甘いものではありません。Webライターが労力の割に報酬にならないというデメリットがあるように、

ブログで記事を書く上でも同様にデメリットがあります。

それは大きく分けると主に以下の4つになります。

・ブログを作成する手間がかかる

・稼げるようになるまでに時間がかかる

・記事が当たらないと全然稼げない

・ある日突然報酬が0円になるリスクがある

1つ1つ詳しく解説していきます。

ブログを作成する手間がかかる

当ブログもそうですが、ブログで稼ごうと思うなら、アメブロだったり、はてなブログのような無料ブログよりも、WordPressのように、サーバーを借りてドメインを取得して制作することが基本になります。

WordPressでのブログ制作は手間がかかるので、特にパソコンが苦手な人やブログ制作初心者の人にとっては少々困難となるのがネックです。

しかしWebライターの場合、クライアントに依頼された記事を書けばいいだけなので、ブログを作る手間はありません。作成した記事をファイルで納品するだけですね。

これならパソコンが苦手な人でも頑張ればなんとかできそうです。

稼げるようになるまで時間がかかる

ブログで稼ぐ上で、もう一つのデメリットがこれです。

WordPressで新規のドメインで作ったブログの場合、どうしても最初のうちはドメインのパワーが弱いため、検索上位に表示されるまでに時間がかかってしまいます。

コツコツ定期的に記事を投稿し、ブログのコンテンツ(記事数)を増やしていくことで、ドメインパワーが徐々に強くなっていき、それに伴って検索順位も上がっていきます。

そしてブログが検索上位に表示されることによってアクセスや報酬も上がるようになっていくのです。

しかし、そうなるまでには最低でも3ヵ月~半年、あるいはそれ以上かかる場合もあります。

それまではほとんど報酬が期待できないので、ここで心が折れて挫折してしまう人は非常に多いです。

これに対してWebライターの場合は、記事作成が完了したら、早くてその日のうちに報酬が入ります。

単価は安くても記事を書いたら確実に収入になるので、すぐに報酬を得たいと思っている人にとってはWebライター業をやる方が最適と言えるでしょう。

記事が当たらないと全然稼げない

ブログで稼ぐために1番重要なことは、記事をコツコツ書いてコンテンツを増やしていくことです。

しかし、ブログのコンテンツの中身によっては、なかなか報酬に繫がらない場合もあります。

例えば世間からみて需要のないジャンルでブログを作っていたり、その逆で強力なライバルがいすぎるところでブログを作っていたりした場合、

一生懸命記事を書いても、なかなかアクセスや報酬が伸びないことがあります。

ブログでの記事作成の基本は「ユーザーにとって役立つ記事」を書くことです。

それができないまま、ただ記事を増やしても一向に報酬が増えることはありません。

しかしWebライターの場合は、そういったことは考える必要はありません。

基本的に記事の内容はクライアントに指定されたものを書けばいいだけですし、自分で1から記事を制作する場合でも、

例え書いた記事がアクセスの集まらないものになったとしても、困るのはクライアントであって、ライターにとっては何の支障もありません。

ライターは依頼された通りに記事を作成し、それに対しての対価を貰うのが仕事なので、アクセスのくる記事を意識して、頭を悩ませる必要はないのです。

ある日突然報酬が0円になるリスクがある

これは私も過去に2度ほど経験があるのですが、Googleアドセンスをブログに張って報酬を得ている場合、ブログの記事の内容がGoogleの定めた規約に違反してしまうと

アドセンス広告の停止や、アカウントの停止などペナルティを課せられてしまいます。アドセンス広告が使えなくなれば、その瞬間から報酬は0円になってしまいます。

こうならないためには、規約に違反しないように常に気をつけて記事を書かなければなりません。

一度軌道に乗りさえすれば、後は少ない作業量でも稼げてしまうのが、ブログで記事を書く上での最大のメリットではありますが、

その一方で、忍耐力や分析力、注意力が必要とされます。

さらには、報酬が突然なくなってしまうというリスクも常につきまとっているため、精神的にも気が抜けません。

以上4つがブログを稼ぐ上でのデメリットになります。

これらの事実を知って「やっぱりWebライターの方が自分に合っていそう」と思った方もいるかもしれませんね。

結局、どちらをやるにしても、それぞれにメリット・デメリットは少なからずあるので、自分にはどちらが合っているのかよく考えた上で実践するようにしましょう。

最後に

私は長年ブログで記事を書いて収入を得てきたので、やはりWebライターより、ブログで記事書いて稼ぐ方が合っているかなと感じます。

Webライターにも挑戦してみましたが、どうもやる気が起きなくて長くは継続できませんでした。

その1番の理由は「自分が一生懸命書いた記事で他人が儲けてしまうのがいたたまれなかった」からです。

一度ブログで稼ぐという感覚を味わってしまうと、今さら他人の人のために書く気になれないんですよね。

何時間もかけて書いた一筆入魂の記事で得られる報酬はわずかで、自分の資産にはなりません。

ですから、危険なリスクを伴おうと、報酬を得られるまでにどんなに時間がかかろうと、やはりこちらの方が魅力的だなと感じます。

ただ、全てが損得勘定で成り立っているわけではないので、皆さんは自分に合った方法で収入を得るようにしてみてください!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする