Web漫画で収入を得る方法!月収100万も夢じゃない?

どうもちいままです!今回紹介するのはWeb漫画を投稿して稼ぐ方法です。Web漫画とは本屋さんに売られている紙版の漫画ではなく、ネット上に掲載されている漫画のことです。

今は何でもデジタル化されている時代なので、紙版漫画より、スマホ1つで読めてしまうWeb漫画の方が売れていて、印税収入よりもはるかに稼げると言われています。

中にはブログで漫画を投稿して、人気に火がついて月収100万以上稼ぐようになった某有名漫画かさんもいらっしゃいます。

詳しくはこちら↓

web漫画で月収100万?ド素人から売れっ子漫画家になった人達。

勿論、Web漫画で人気が出れば、さらに紙版で出版がされる可能性もあるので、印税収入の方も期待できます。

ということで今回は漫画を投稿して収入を得る方法をについて詳しく書いていきたいと思います。

あなたが描いた漫画が思わぬ人気を呼んで、とんでもない収入を生みだすかもしれませんよ!

スポンサーリンク

Web漫画家デビューするには?

しかしながら、ブログで漫画を投稿してお金を稼ぐぞ!となっても、実際にどうすれば良いのでしょうか?

これまでは、原稿用紙に描いた漫画を直接出版社に持ち込んだり、新人賞に応募したりなどの方法でプロデビューするのが王道でしたが、Web漫画の場合は違っていて、その方法は大きく分けて2つ。

Web漫画投稿サイトに投稿する

最も簡単で、初心者向きの方法がコレです。「Web漫画投稿サイト」で、自分の描いた漫画を投稿するというもの。基本的には誰でもどんな作品でも投稿することができます↓

【COMiCO】

出典:http://www.comico.jp/guide/index.nhn

【少年ジャンプルーキー】

出典:https://rookie.shonenjump.com/

【マンガボックスインディーズ】

出典:https://creator.mangabox.me/

【4コマgram】

出典:https://4komagram.com/

これらのサイト内でコンテストなどが開催されているので、それに応募して入賞すれば、そこからプロデビューというのが一般的です。

また、投稿サイトに掲載された自分の漫画の閲覧回数によって、ロイヤリティがもらえたり、人気が出てアクセス数が多くなってくると、そこからスカウトされ、デビューする場合もあります。

ただ、Web漫画がこれまでの漫画家デビューと大きく違うところは、漫画を評価するのが、先輩漫画家や編集者ではなく、読者(ユーザー)だということです。

つまり、求められるのは優れた画力や素晴らしいストーリー構成よりも単純に、読者が読んで面白いかどうかで人気が決まります。

以前の記事でも書きましたが↓

web漫画で月収100万?ド素人から売れっ子漫画家になった人達。

「ワンパンマン」の原作者の画力も最初は相当低いレベルのものでしたが、話が面白いということで人気に火がつき、ここまでの大人気作品になりました。

ですから、言うなれば、これまでまともに漫画を描いたことがないような人や、画力が低い人でも、十分プロデビューできる可能性があるということです。

プロデビューすれば、毎月原稿料が支払われるようになり、描いた作品も定期的に掲載されるようになります。さらに人気が上がればそこから、アニメ化や、単行本の出版などにも繫がっていくようにもなります。

自分のブログで投稿する

投稿サイトに投稿するのではなく、自分自身でブログを立ち上げて、そこに漫画を投稿していくという方法です。

前回の記事で紹介したWeb漫画家さん達は、みんなこの方法でプロデビューしていますね↓

web漫画で月収100万?ド素人から売れっ子漫画家になった人達。

ブログを立ち上げるには無料ブログ(ライブドアブログ、Seesaaブログ、はてなブログ、FC2ブログ)と有料ブログ(WordPress)の2種類ありますが、おすすめは有料ブログですね。

有料ブログの方が安定してアクセスを稼げるのと、アドセンス広告の設置もできるので(無料ブログは×)こちらの方が収益につながりやすいからです。

ただし、有料ブログの場合、立ち上げるのに初期費用、サーバー、ドメイン代などの維持費がかかるのと、立ち上げてすぐはブログのパワーが弱く、始めのうちは、なかなかアクセスがこないのがデメリットです。

しかし、無料ブログの場合、基本的に広告は設置できませんし、いきなり削除されてしまう危険が伴うため、多少費用や時間はかかっても有料ブログの方が断然おすすめです。

Web漫画を描くために必要なものとは?

投稿サイトで投稿するにしても、自分でブログを立ち上げて投稿するにしても、まずは漫画を描くためには最低限

・パソコン(約5~30万)

・ペンタブレッド(約1~20万円)

・描画ソフト(無料~3万円)

は揃えなくてはなりません。

パソコンを既に持っているという人なら、初期費用5万くらいあれば揃えることができますが、この他にも参考書だったり、有料でブログを作るなら、サーバー代やドメイン代もかかってきます。

いずれにしても、デジタルで描く場合でも、手描きで描くときと同様、道具を揃える費用がかかります。

Web漫画で食べて行けるようになるには?

以前の記事で紹介した、ド素人から人気漫画家になった人達ですが、

web漫画で月収100万?ド素人から売れっ子漫画家になった人達。

彼らのように売れっ子漫画家になるには、当然、「内容が面白い」ことが大前提の話です。ではどういった話が主にユーザーにウケるのか?分析してみたところ、「共感しやすい身近なものがテーマ」「癒される、ほっこりする」が共通していました。

特に「猫」をテーマに描いた漫画は人気が出やすい傾向にあるので、家で猫を飼っているという人は、まずはそこをネタにして漫画を描いてみてはいかがでしょうか?

しかし、注意してほしいのは、どんなに面白い漫画であっても、始めから爆発ヒットを飛ばすことは稀です。

今でこそ売れっ子と呼ばれているWeb漫画家の方達も、最初はブログにすら、誰にも来てもらえず、長い間売れない時期がありました。

そこで諦めず地道にコツコツ続けていったからこそ今があります。

因みにですが、ブログだけを地道に続けていくだけでなく、同時にtwitterなどのSNSでも投稿していくのがおすすめです。

特にtwitterは拡散力が抜群に早いので、漫画さえ面白ければ、あとはどんどん口コミで人気が広がっていきます。

そうすれば、あとは編集部の人からスカウトされるのを待つのみです。

最後に

いかがでしたか?結局のところ、手描きの漫画もデジタル漫画もデビューのルートは似たようなものですね。

今は、一からストーリーを考えるよりも、自分の日常生活をネタにした漫画の方がウケている印象なので、あなた自身のことだったり、家族やペットのことだったり、バイト先や学校にいる、ちょっと変わった人のことをネタにしたりなど、そんな何気ないテーマをネタに漫画を描いてみてはいかがでしょうか?

もしかしたら、とんでもない人気が出て、一気に超売れっ子Web漫画家デビューも夢じゃないかもしれませんよ^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする