Tカードのお得な裏ワザ!ポイント還元率5倍、現金化する方法を紹介!

どうもちいままです!今回はお買い物金額に応じてポイントを貯める・使うことができる「Tカード」に関するお得な裏ワザをご紹介していきます。

コンビニやスーパー、ネット通販など、全国にあるTポイントの提携先やインターネットの提携先で利用できる便利なTカードは、今や持ってない人の方が珍しいくらいですね。

でも、Tカードを持っているという人でも、実はポイントの還元率において損をしている場合もあります。

また、大量のポイントを貯めて高額商品を買いたくても、提携先の店舗に欲しい商品が売ってなくて、せっかく貯めたポイントを有効に使えていないなんて場合もあるでしょう。

そこで、それらの損を失くすために今回の記事では、Tポイント最大5倍還元する方法や現金化する方法などをご紹介していきます。

Tカードは持っているけど、イマイチ使いこなせてないという人は是非実践にしてほしいと思います^^

スポンサーリンク

Tポイントをお得に貯めるならこの2つがおすすめ!

ファミマTカード・Yahoo! Japanカードで還元率3倍!

TSUTAYAを始め、ファミリーマートなどのコンビニやYahoo!ショッピングなどのネット通販でもポイントを利用できる「Tカード」。

しかし、このTカードを既に所有している人で、TSUTAYAの会員証のまま情報更新されていないなどの場合は、非常に損をしていることになってしまうので注意が必要です。

それは普通のTポイントカードは200円で1ポイント付与されるため、還元率は0.5%しかされないからです。

しかし、クレジットカードの機能を持つTカードの場合は、ポイント還元率が3倍にまで付与されるので、通常のTカードよりもこちらの方が断然お得になります。

クレジットカードの機能を持つTカードはたくさん種類がありますが、おすすめは「ファミマTカード」です。

ファミマTカードならカード提示による0.5%に加え、クレジット決済で0.5%が還元され、合計1%の還元率となります。

また「Yahoo! Japanカード」はどの店舗でも支払い金額の1%がTポイントとして還元されます。

さらにファミリーマートで使うと、クレジット決済で1%還元、カード提示で0.5%還元と合計1.5%になり、普通のTポイントカードの3倍もの還元率になります。

ということで、ファミリーマートやYahoo!を頻繁に利用する人は今すぐ入会した方が断然◎!

カードさえ提示していればポイントを貯めていると思い込みがちですが、より効率的なやり方へ更新していくことで、数倍のポイントを貯めることができるのです。

「カードの日」を活用して還元率2.5%!

皆さんご存知の通り毎週火曜、土曜は「カードの日」でポイント割り増しチャンスの日です。ファミマTカードを提示するとショッピングポイントが3倍。

クレジットポイントが200円に付き2ポイント付与され、還元率が通常の5倍となります↓

女性会員・25歳以下会員の限定特典もあり!

女性の方は毎週水曜日にファミリマートでお買い物するとお支払い方法に関係なくポイントが2倍になります。

また、25歳以下の会員の方ががファミリーマートでファミマTカードでクレジット払いをすると、クレジットポイントが2倍になります。

「ファミランク」で還元率最高1.5%!

また、ファミリーマートでは1ヶ月間の買い物金額に応じてランクが決まる「ファミランク」というサービスを行っています。

通常0.5%の還元率が1ヶ月に5000円以上の買い物で1%、15000円以上の買い物をすると、1.5%まで増えていきます↓

Tカードのポイント集約も可能!

Tカードを2枚以上持っている場合は、どちらかのTカードにポイントを移行することが可能です。

例えばファミマリーマートでは「ファミマTカード」Yahoo!ショッピングでは「Yahoo!JAPANカード」とそれぞれショッピングで追加のポイント還元があるカードを使えば、

ポイントを貯めやすく、貯まったポイントを使うときは移行手続きを行っておくと良いです↓

ただし、移動手続きを行う際はカードに記載されているカード情報が必要なので、カード発行後、情報が未登録の場合は、まずは情報登録する必要があります。

また、ポイント移動には利用回数制限があるので、頻繁に移すことはできません。

回数については明確には決められていないようですが、30日間で3回までが今のところ有力な情報です。

Tポイントは提携サービスや商品とお得に交換できる!

貯まったTポイントはファミリーマートでの買い物、TSUTAYAでのレンタルや購入、さらに提携店舗で1ポイント1円として使うことができます。

このように使い道はたくさんありますが、ここではTポイント専用サイト「Tサイト」で提携サービスとのポイント交換や商品との交換について紹介します。

まず、ポイント交換について。その提携サービスは36社におよび、業種もANAをはじめ、石油やガスといったエネルギー関連、銀行や証券といった金融業など多岐に渡ります。

交換レートは提携サービスによって異なりますが、Tポイント側が500や1000ポイントから交換、といったケースが多いです。

また、必ずしもポイントは比率1対1の等価交換ではなく、中には10倍の違いが出ることもあります。

↑上記のサイトでTポイントを交換できる提携サービスが一覧で表示されています。

一部のサービスは交換時に別途手数料が必要になるので、提携先のサイトで詳細をよく確認しておきましょう。

また、商品交換では「抽選/先着」と「もれなく交換」の2種類があり、前者の場合はTポイントを使った抽選になります↓

例えば50ポイント程度の少額でも、10万円分のギフトカードや大型家電に応募することができるなど、抽選の場合は豪華な商品がたくさんあります。

手持ちのTポイントを数十倍の高額商品に交換できるチャンスとも言えますので、試してみるのも手ですね。

※もれなく交換の場合は最低でも200ポイント程度のTポイントが必要になります。

貯まったTポイントを現金化する方法!

 

コツコツとポイントを貯め続けてもTポイントは使えるお店が限られているので、自分が欲しい商品にTポイントが使えない場合もあります。

そんなときは貯まったTポイントを現金化する方法があります。Tポイントは提携先で現金の代わりに利用するのが基本ですが、

ジャパネット銀行」の口座と「Yahoo!Japan ID」があれば、1000ポイント以上、100ポイント単位で現金に交換ることができます。

手続きも非常に簡単です。特に難しい設定は必要なく、Tポイントカードの番号を入力して振込口座を設定するだけで完了します。

ただし、Tポイントと現金の交換レートは100%ではなく85%で15%のポイントが減ってしまいます。

しかし、それでもせっかく貯めたポイントの使い道がなく、宝の持ち腐れになるくらいなら、

多少ポイントを減らすことになっても使わないポイントより使い勝手のいい現金に交換した方が有効だと言えるでしょう。

Tポイントの現金化の手順

①ジャパネット銀行の口座を用意します。

②ウェブサービスで手続きを行います。

現金化の手続きはYahoo!japanのポイント交換ページから行うことができ、100ポイントで85円の交換レートになります。

Tカードで公共料金や携帯料金を支払うことができる!

実は毎月の電気代や携帯料金もTカードが活用できます。

ポケットカードが発行する「Tカードプラス」では会計をカード払いにすることで200円につき1ポイントの還元が受けられるので、

このTカードプラスで公共料金や携帯料金の支払いをすれば、それだけでポイント還元の特典が付いてくるということになります。

例えば、電気、ガス、水道料金などの公共料金で月1万5000円支払うとすると、75ポイントが加算されます。

他にも携帯料金やプロバイダー料金など、通信料金の支払い分もポイントになるので、これらを合計すれば年間1500円分以上のポイントが貯められることも可能になります。

コンビニのポイントカードと提携したクレジットカードには「PontaカードVisa」などもありますが、

こちらは普段の公共料金の支払いに対してはポイントは加算されません。

また、他でも公共料金の支払いに対応するクレジットカードは増えてきているものの、手数料などの問題もあり、実際にお得を実感できるほどのカードが多くないのが現状です。

これらと比べても分かる通り、公共料金でお得にポイント還元できるのはTカードならではの特典です。

特に、公共料金や携帯料金は毎月発生するもので、その額も大きいですから、これを活用しない手はありません!

最後に

いかがでしたか?Tカードでお買い物するとポイントが貯められることはみんな知っていても、他にもお得な使い方がいろいろあることを知らないという人は意外に多いもの。

これまでただTポイントを貯めるだけだったという人は、今回の記事に書かれたことを実践してもっとTカードの機能を使い倒すようにしてみてください!

そうすればポイントがザクザク貯まって何倍もお得になりますよ^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする