日給1万稼げる試食販売バイトの評判は?きつい?ノルマはあるの?

どうもちいままです!今回は前々から気になっていた試食販売のバイトについて書いてみたいと思います。

試食販売といえば、スーパーやデパートで女性販売員の人が「ご試食いががですか~?」なんて、試食を勧めている姿をよく目にしますが、

なんとこのバイトは意外に日給が高く、平均すると1万程は貰えるようです。

しかし、実際この仕事ってどうなんでしょうか?

高時給なので気になっている人も多いかと思いますが、高時給ってことはもしかしてきついのか?営業職のように、売上のノルマなどがあるのか?

などなど・・・いろいろ気になったので、今回はこの試食販売のバイトについて詳しく調べてみました。

スポンサーリンク

日給1万稼げる試食販売ってどんなお仕事?

試食販売とは「北海道展」や駅弁特集など期間限定の催しの他、スーパーマーケットでのデモンストレーションなどを行う仕事のことです。

コンビニなどのように接客を始めとする、レジ打ち、商品陳列、商品の発注、店内清掃、簡易調理など仕事が多岐にわたるわけではなく、

販売関連業務と店内案内のみが基本です。覚えることが少ない割に高時給で、シフトにも融通が利くので、日雇い感覚で必要なときにだけ働けるのが大きなメリットになります。

実際の収入に関しては、実働7時間で1万円程の日給が貰えるのが基本なので、土日の週末のみだけの稼働でも月収10万にもなります。

普段仕事をしている人でも、休みが土日など決まっているなら、休日を活用して働くこともでき、いいお小遣い稼ぎになります。

また、給与支払いにおいても、日払い、週払いを設けているところが多く、交通費も全額支給されることがほとんどです。

面接や研修といった手間もなく、電話面談で即働けて、即お金になるのも、試食販売のお仕事ならではの待遇です。

試食販売の仕事は、高収入、すぐに働けてすぐお金になる・・・と、かなりの好条件で、すぐにでもお金が欲しい、空いた時間にお小遣い稼ぎしたいという人などにはピッタリの仕事ですね。

試食販売のバイトを始めるには?

では、試食販売のバイトを始めるにはどうしたらよいのか?

一般的なのは求人サイトなどに応募することです。「試食販売求人」と検索すればたくさん出てきます↓

また、本格的に試食販売の仕事がしてみたいという人は、紹介所を通じてメーカーと直接契約するのがおすすめです。

流れとしては以下の通り↓

①販売紹介所に登録

若葉マネキン紹介所

有名百貨店やスーパーマーケットでの試食販売、アパレル販売などの販売員を仲介してくれる、人材・マネキンの紹介サイト。

こちらの紹介所では、試食販売の仕事だけでも、こんなにもたくさんの求人が掲載されています↑

お仕事を始めるには、まずはこちらのサイトに登録するのですが、登録するには、実際に来社する必要があります。

若葉マネキン紹介所の場所はこちら↓

事前にメール、または電話にて、簡易登録を済ませた後、来社できる日程を確認します。

日程が決まれば、履歴書、写真1枚、印鑑を持参の上来社するという流れで正式に登録します。

わざわざ出向かなければいけないのは少々手間ですが、登録することで、自分の希望する職種を見つけやすくなるというメリットがあります。

若葉マネキン紹介所では、大手百貨店の高島屋、伊勢丹、三越、西武、丸井、東急、十合、ルミネや、大手スーパー・ショッピングセンターのイトーヨーカ堂、マルエツ、ダイエー、ジャスコなど、様々な企業と取引を持っており、

これらの大手百貨店、メーカーの依頼を受けたマネキン紹介所が販売員を各売り場に紹介してくれるのです。

登録の際には、自分のスキルや希望職種、勤務地などを伝えると、適した売場を紹介してもらえますし、スキルアップのための研修も行ってくれるので、自分で闇雲に探すよりも、断然メリットが大きいです。

2~3日の短期勤務も可能で、スケジュールにも融通が利きますし、直前での勤務希望も出しやすいので、急な休日にもガッツリ稼ぐことができます。

勿論、長期でしっかり働きたいという人も、それに合った仕事を紹介してもらうこともできるので、現在求職中という人にもおすすめです。

試食販売バイトの評判は?きつい?ノルマはあるの?

さて、上記で紹介する限りではいいことづくめの試食販売のお仕事ですが、おそらく「ちょっと話がうますぎやしない?」と、怪しく思った人もいるでしょう。

だって、他の食品販売業務と比べても、明らかにやるとこも少ないですし、肉体労働なわけでもないのに、日給1万で交通費も全額支給とは待遇が良すぎますからね。

これは疑いたくもなります。

実際に「試食販売評判」で検索してみると、「きつい」「嫌」「ノルマ」などのキーワードが出てくるので、

ちょっとホントにこの仕事大丈夫なのかな?と不安に思っている人達もいると思うので、ここで試食販売を実際に体験した人達のリアルな声を集めてみました。

果たして、試食販売の実態とは?

試食販売を体験した人達の声まとめ

■身体障害者の方がいらっしゃって対応に困ってしまいました。障害のせいか手が震えていて「口に持ってきて飲ませてください」と言われました。

嫌だったので「すみません。それは出来ません」と言って、他のお客さんの接客をしていたら「無視するの!?!?ねえ、無視するの!??!!!?」と言われて固まっていたら試食台をドンッと叩かれて怖い思いをしました。

■本日娘が前日登録で試食販売のバイトに行っているのですが、かなりの量のマニュアルと細い禁止行為(万引きを疑われない為)1日5回くらいの電話報告義務があり大変そうです。
内容もお好み焼きを焼いての試食でかなり無茶です。

■ノルマはないので、売れ残っても大丈夫と言われていましたが、やはり限度があるようで、「明日は頑張って。ちょっとこれじゃあねえ」と嫌味っぽく言われて胃が痛いです。

■店によっては規定が細かく、報告書の記入、Fax、備品の定位置への収納、グリル鍋や炊飯器の場合しっかり洗浄後、ペーパーでしっかり水気を拭き取るなども試食販売の仕事のうちに含まれ、そうこうしていると、あっという間に定時すぎに。

片付け途中で帰るわけにもいかないので、無給で作業をしています。こうなると、1日7時間で日給1万円とは言っても、実質1万は稼いでいないと思います。

■接客が好きなので仕事自体は楽しいですが、店舗によっては人間関係が酷いところがあります。試食販売は60代以上のおば様も多く、中に意地悪な人がいて、

挨拶をしても無視、何を聞いても知らん顔…人としてどうなの?という方も…。仕事は好きでも正直人間関係で心折れそうです。

試食販売の実態

いかがでしょうか?試食販売の仕事が高時給な理由がお分かり頂けたでしょうか?そう、高時給なのもうなずける業務内容ですね。

ただお客さんに試食販売してもらうわけではなく、準備や後片付けの手間なども含まれての金額だったわけです。

ノルマはないにしても、細かいマニュアルや禁止事項などが厳しく決められていて、安易な気持ちでできる仕事ではないことが伺えますね。

こんな感じなので、試食販売の仕事は常に人手不足の状態で、選考にはすんなり通りますし、勤務依頼も連日メールでガンガンくるようです。

しかも断っても断っても・・。

ただ、試食販売の仕事全てがこうというわけではなく、中には試食販売の仕事で生き生き楽しく働いている人もたくさんいるので、要は店舗選びさえ間違わなければ、このようなトラブルに巻き込まれることは少ないと言えるでしょう。

ですから、これから試食販売の仕事を始める人は、自分に適した職場であるのかどうかよく見極めて働き場所を選択するようにしましょう。

最後に

いかがでしたでしょうか?やはり高収入なお仕事って何かしら裏があるものなんですね。

特に試食販売の仕事は女性が多く働いているので、人間関係においても女性同士の派閥などが凄そうです。

ですから、この仕事はある程度メンタル面が強い人じゃないと難しいかもしれませんね。

ただ、どんな仕事にも楽というこはないので、時には乗り切る強さも必要です。

なので、少しでも興味があるという人は、まずは紹介所に登録をしてみることから始めてみましょう。

もしかしたら、自分にピッタリの職場が見つかって、本職になることだってあるかもしれません。

何事もまずやってみないと分かりませんからね。

頑張りましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする