スマホ写真を売って月収3万?売れる写真ランキング公開!

どうもちいままです!今回はスマホ1つでできる手軽な副業をご紹介します。それが「スマホで撮った写真を売って稼ぐ」というものです。

皆さんも、普段からスマホで写真を撮る機会は多いと思いますが、その何気なく撮った写真が、お金になる可能性があるということです。

世の中には数多くの副業が存在しますが、その中でも手軽で、しかも楽しみながらできる数少ない副業の1つと言えるでしょう。

少し前まではプロのカメラマンが一眼レフカメラなどで撮った写真しか売ることができませんでしたが、今は素人がスマホで撮った写真でも簡単に売ることができるようになり、むしろ今はスマホで撮影された何気ない写真の方が多く売れる傾向にあります。

スマホさえあれば誰にでも始められる副業。興味のある方は是非挑戦してみてください!

スポンサーリンク

スマホ写真を売るならSnapmartがおすすめ!

では早速スマホで撮った写真を売るための手順を紹介しましょう。写真を販売するには、写真素材を販売するサービスサイトに登録して売るのが基本です。

写真素材を販売するサービスサイトは探せばたくさんありますが、おすすめは「Snapmart」というサービスサイトです。

インスタなどのSNSに投稿するような感覚で簡単に出品できるのが最大のメリット。撮影に関する専門知識や技術は必要なく、本格的カメラもいりません。

パソコンもいらず、必要なのはスマホ1台のみ。スマホで撮影した写真を出品した後は売れるのを待つだけなので、ほぼほったらかしで収入を得ることができます。

ではSnapmartに登録する手順を紹介します。

① Snapmartのアプリをダウンロード

まずはスマホからSnapmartのアプリをダウンロードします。

Snapmartへの登録、写真投稿はiOSデバイス向けApp Storeでのみ利用可能となってるため、Androidやパソコンからは不可となっています。一眼レフなどスマホ以外で撮影した写真などは一度スマホに取り込んでからの投稿になります。

② 登録

Facebookのアカウント、持っていない人はメールアドレスで簡単に登録できます。あとはパスワード、ユーザー名(ニックネームOK)を設定し、プロフィールを入力します。

③ 本人確認書類提出

次に本人確認書類の提出です。本人確認の対象となるものは、運転免許証やパスポート、健康保険証、学生証(顔写真付き・住所記載のもの)などになります。提出の仕方は写真で撮ってアップロードするだけです。

本人確認書類提出は必ず行うことをおすすめします。なぜなら、本人確認書類を提出すると、

信用性が増して企業からの写真購入率が大幅にアップする

メダルが獲得できる  ※後で詳しく説明します

というメリットがあるからです。本人確認書類提出は面倒くさがる人が多く後回しにしてしまいがちですが、承認されるまでには3日前後かかるので、登録後すぐに行うことをおすすめします。

④ 連絡先・振込先口座の設定

最後に名前、住所、連絡先と、出品した写真が売れた時の報酬を振り込んでもらうための口座設定を行います。

⑤ 写真出品

全て必要事項の入力が終わり、本人確認が承認されれば、いよいよ写真出品です。写真出品にはマーケットプレイスでの写真投稿コンテストに応募する2種類の方法があります。それぞれのやり方を解説していきます。

マーケットプレイスでの写真投稿
 

こちらは一般ユーザーや企業から1枚ずつ購入される仕組みです。やり方を解説します。

1. アプリを開いて、タブのカメラマークの「出品」ボタンをクリックします。

出典:https://faq.snapmart.jp/seller/651

すると、スマホ内のアルバム写真の画面に跳ぶので、そこから出品したい写真を選びます。1度に10枚まで選択可能になります。

2.写真選択が終わったら、投稿のルールをしっかり読んで、2箇所にチェックを入れます。

3.最後に出品するボタンを押してアップロード完了です。

4.次に写真管理画面にてアップロードした写真を編集します。

このまま写真をアップロードしただけではあまり売れないので、さらにもう一手間加えて写真を編集します。

投稿した写真の中から編集したい写真を選択します。

次に、検索ワード、写真タイトル、コメント(どこで撮影したかなど)人物確認を記入します。検索ワードとはハッシュタグのようなもので、ここで写真に関連するワードをできるだけたくさん付けると、検索結果に引っかかりやすくなり、ユーザーに自分の写真を見つけてもらいやすくなります。

最後に「保存」を押して完了です。ここは押し忘れてしまう出品者が多いそうで、押さないと編集されたことにならないので、必ず忘れずに押すようにしましょう。

コンテストに応募
 
もう1つの写真投稿方法はコンテストに応募することです。SnapmartではSnapmartも含め、多くの企業が様々なテーマの写真を募集しており、そのコンテストで入賞すると、賞金や商品がもらえるほか、気に入ってもらえれば企業からご指名で撮影依頼がくることもあります。
 
 
また、入賞することで、「お気に入りユーザー」に登録されやすくなり、こちらの方がタグや写真で検索されるよりも、ユーザーの目につく機会が高くなります。
 
 
コンテストのテーマも、「笑顔」「家族」「犬、猫」「家族」「ダイエット」など身近なものが多いので、比較的誰でも挑戦しやすく、賞金額もテーマによって異なり、数千円のものから、大規模なものでは総額50万のものまであり、手数料が取られないため、賞金は全額100%自分の利益になります。
 
 
 
 
 
地道に写真を投稿するより、コンテストの方が一攫千金を狙えるので効率的に大きく稼ぎたい人におすすめです。
 
 
ではコンテストの応募方法を解説します。
 
1.アプリを開き、現在開催中のコンテストから自分が応募したいと思うテーマを選択します(王冠マークをタップするとコンテスト一覧が表示されます)
 
2.募集要項をよく読み、「応募内容に同意してコンテストに応募」をタップします。
 
3.スマホ内のアルバムからコンテストに応募する写真を選択し、投稿します。
 
4.最後にマーケットプレイスの投稿のときと同様、販売価格、人物確認、位置情報、クローズド販売の設定、タグ、コメントを記入して写真編集を行い完了です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Snapmartはユーザーランクによって報酬額が変わる?

 
スマホがあれば誰にでも簡単に写真を売ってお金を稼ぐことができる、素晴らしいサービスであるSnapmart。
 
ただ、Snapmartの場合、報酬のシステムが少し独特で、ユーザーランクによって報酬額が変わる仕組みになっています。
 
 
 
上記の画像を見て分かる通り、Snapmartではユーザーランクといってメダルの獲得数で出品者のレベルがランク付けされるシステムになっており、メダルの獲得数が多ければ多いほどレベルが上がる仕組みになっています。
 
 
そしてもらえる報酬率もそのレベルに比例して上がっていき、メダルを獲得するにはSnapmartで定められている条件をクリアすることが必要になります↓
 
 
・本人確認書類提出
・連絡先の登録
・定額制に参加する
・写真を投稿する
・コンテストに応募する
・写真が売れる
・モデルリリースを取得する
 
などなど、これらの条件をクリアすることでメダルが獲得でき、それに伴って報酬率も上がっていくというわけですね。
 
つまり、とにかく写真を投稿すること積極的にコンテストに参加することなどが、収入を稼ぐ上で重要なポイントになるということです。
 
ちなみに・・・お金を引き出すときは216円(税込み)の手数料がかかるので要注意!
 
 

写真の販売額はいくら?

 
続いては肝心の写真の販売額について解説します。写真を販売するときの価格は、定額制と単品購入、サイズ、人物の有無等で異なり、
 
販売価格×報酬率=自分の売上額になります。
 
 

単品での販売価格

 
まず、写真の価格は自分で自由に設定できるということではなく、サイズによって基本の価格が決められています↓
 
 
サイズが大きければ大きいほど高くなり、ユーザーランクのレベルによっても価格は変動します。
 
例)写真サイズ:原寸大
  ユーザーランク:レベル2(メダル数3)
の場合
 
1296円×0.35%(35%)=454円
 
1枚の写真の報酬は454円
 
 
例)写真サイズ:原寸大
  ユーザーランク:レベル7
の場合
 
1296円×0.6%(60%)=777円
 
1枚の写真の報酬は777円
 
 
 
 

定額制での販売価格

 
固定で86円/枚(税込) × 各自の報酬率
 
Snapmartは2018年3月1日より規約が変わり、出品する全ての写真は定額制の価格での販売になりました。
 
定額制とは購入者がSnapmartで写真を購入する時の制度で、大量購入が見込まれる企業のほとんどが定額制での契約をしているために、このような規約に変わったようです。
 
規約が変わる前は定額制販売の有無は自由だったのですが、これからはそれが全員義務付けらてしまったということですね。
 
定額制価格での販売を希望しない人は、Snapmartでの出品写真を削除しなければいけないらしいので、半ば強制的になっているようです。
 
 
ただし、定額制の価格での販売が義務付けられても、単品での販売も普通にできるので、これまで同様、どんどん出品して稼ぐスタイルは変わっていません。
 
 
また、Snapmartでは大手有名企業からの大量購入も多く、Snapmart内だけの販売だけでなく、他社ストックフォトサイトや提携サイトでの販売も可能なので、写真の購入率はトップクラスを誇っています。
 
 
大きく稼ぐにはユーザーランクを上げたり、コンスタントに写真販売、コンテストに応募するなどの努力は必要ですが、写真販売するならSnapmartが断然おすすめと言えます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

スマホ写真を売って月収3万?売れる写真ランキング公開!

 
 
さて、Snapmartでの販売方法、報酬の仕組みについて理解できたら、いよいよ写真を出品して稼ぐわけですが、やはり売るためのコツや売れ筋の写真というものを把握しておかないと、なかなか収入を上げることは難しくなってきます。
 
ということで最後にSnapmartで写真を売るためのコツ、現在Snapmartで売れている写真をランキング形式で紹介します。
 
これを知っておけば月収3万以上をコンスタントに稼ぐことも夢ではなくなってきます。是非実践してみましょう!
 
 
 
 

売れるコツ① 売れる写真の方向性を掴む

 
ただ自分の好きな写真を出品しても、なかなか売れることはありません。売れるためには「どういった写真がよく売れているのか」売れる写真の方向性を掴むことが重要です。
 
そこでSnapmartでよく売れている写真のジャンルをランキング形式でまとめてみたので、是非参考にしてみてください。
 
★Snapmart写真売れ筋ランキング★
 
1位 自然な女性
 
Snapmartで購入された写真はWEBのバナーなどに使われることもあります。フリー素材だとどうしても他のサイトとかぶったり、わざとらしく見えたりするので、フリー素材にはない自然な女性の写真は大変人気が高くなっています。
 
2位 観光地
 
旅行先などで撮った観光名所はウェブメディアを中心に旅行記事などでイメージ画像として使われることが多く、安定した人気があります。特にピントがしっかり合ったクリアな写真が好まれる傾向にあります。
 
3位 犬  
 
ペット好きは勿論、企業などが微妙なアングルの違う写真を大量購入することもあります。ペットの写真は鉄板人気で特に犬の写真は売れます。写真を撮るときは様々なパターンを撮影しておくと売り上げアップにつながります。
 
 
 
 
 
4位 ダイエット&筋トレ
 
通販ページや健康食品サイト、ダイエットに特化した個人のサイトからも多く需要があります。特に売れるのはダイエットする前と後のビフォー・アフター写真や、お腹周りなどのボディーパーツの写真です。
 
5位 自撮り
 
自撮り棒を使った写真や、自撮りの写真は他の写真サイトにはほぼないため、需要が高いです。
 
6位 猫
 
ペットメディアのほか、一般のブロガーからアイキャッチ用に購入されるケースが多いです。
 
 
7位  インテリア
 
インテリア写真は企業サイトや通販ページからの需要が高いです。ちょっと生活感があるぐらいの部屋の方がリアリティがあって好まれるようです。
 
8位 料理
 
レストランのタグがついた料理写真はそのお店や口コミサイトなどに購入されることがあります。
 
9位 家族
 
家族の写真はウェブサイトのバナーや家族向けの商品のチラシなどに幅広く使われます。
 
10位 ウエディング
 
メディアや結婚式場の他にエステなどの広告にも使われます。
 
 
ランキングを見ると、人物の写真が多く食い込んでいるのが分かります。1番人気は女性の写真ですが、基本的に人物の写真は性別問わずよく売れているようです。
 
特に企業は広告に人物写真を使う場合、モデルリリース(肖像権使用許諾書)がある写真を優先的に購入します。
 
モデルリリースとは簡単に言うと、「この写真を販売してもいいですよ」という意思表示をする書面のことで、このモデルリリースが取得されている写真は通常の販売価格よりも25%アップされます。
 
 
購入回数が多い写真をチェック!
 
どんな写真が売れるかは、各ページにある「購入回数」で確認ができます。購入回数は人気に比例するので、回数の多い写真をチェックすることも重要です。
 
 
色やテーマははっきり!
 
アイキャッチになる写真は、一瞬見ただけでも印象に残るものが好まれる傾向にあります。はっきりした色使いや何を表現したいのかすぐ分かる写真が、記事や広告に使われやすくなります。
 
 

売れるコツ② 季節を先取りする

 
基本的に雑誌などに載る写真は、掲載される2~3ヶ月前から準備するので、載せる写真はその季節の2~3ヶ月前から購入されます。
 
ですから、例えば今の季節が春だったとすれば、購入されるのはその2~3ヶ月後の夏の写真になります。つまり、それを見越して、春の季節のうちに先取りして夏の写真を出品すれば、ライバルも少なく、購入される確率が高まるというわけです。
 
因みに、春はお花見、夏は海水浴、秋は紅葉、冬はスノボなどの写真が鉄板人気です。
 
 
 

売れるコツ③ タグを多用する

 
Snapmartでは写真をアップする際に購入者が検索しやすいように「タグ(検索ワード)」を付けられるようになっています。
 
いくら売れそうな写真を出品しても見つけられなければ意味がないので、しっかりタグを付けることが重要です。
 
タグの数は必ず最低でも10以上は付け、丁寧かつより多く付けるのが鉄則。例えば海外旅行の写真なら「海外」「旅行」と分けたり、「南半球」「星」など連想される言葉を複数タグ付けするのがポイントです。
 
1.子供
2.子ども
3.こども
 
また、上記のように同じ読みでも「漢字」「漢字+ひらがな」「ひらがな」で検索表示がそれぞれ違うので、複数用意するのも重要です。
 
 

売れるコツ④ 常に新しい写真をどんどん投稿し続ける

 
企業側は常に新しい写真を求めており、定額制プランで一度にたくさんの写真が購入されることが多いため、定期的に写真をアップロードし続けているユーザーが売り上げを伸ばしていきます。
 
ただ投稿するだけでなく、季節感や年間行事を意識し、その時期に合った写真をどんどん投稿していくことも重要です。
 
しかし、頻度を決めてしまうと趣味というよりも義務になってしまうので、できるだけ空いた時間を利用して、気づいたときに上げるなどのスタイルを取ると続けやすいでしょう。
 
 
 
以上、4つがSnapmartで写真を売るためのコツになります!
 
 
 
 
 

最後に

 
今でこそSnapmartで稼いでいる人も、最初から思うように売れたわけではなく、ひと月に1枚売れるかどうかだったそうです。
 
そこから、どうしたら売れるのか、自分なりに分析し、売れるための工夫や努力を積み重ね続けた結果、数時間置きに複数枚の写真が購入されるまでになったのです。
 
ですから、出品してもなかなか売れないという人でも、そこで諦めず、今回の記事で紹介したコツを実践して、売れるまで努力し続けることが大切です。
 
売れれば収入になるだけでなく、知名度も上がりますから企業から直接依頼が舞い込む可能性も高くなります。
 
そうなれば、プロのカメラマンとしてデビューするのも夢じゃないかもれません!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする