実際にあった副業詐欺の手口一覧!TwitterやLINEが危険?

どうもちいままです!今回は副業する上で、皆さんが引っかかりやすい「副業詐欺」について書いていきたいと思います。

実は私も数年前にアフィリエイトで稼げるようになる前に、副業詐欺に遭ってしまい、総額70万も騙し取られたことがあります。

詐欺の手口ってホントいろいろで、「これ、もしかしてホントに稼げるんじゃね?」って思わせるようなものばかりなんですよね。

私のように70万ものお金を請求されたら、詐欺だと気づく人は多いと思いますが、3000円、5000円と、このくらいの金額だと、

おそらく「これくらいなら、出せるかな」と、ついついお金を支払ってしまう人は多いでしょう。

しかし、基本的に、副業を始めるのにお金を支払うものは全て詐欺です。

世の中そんなにうまい話があるわけがありません。

ということで、今回の記事では実際にあった副業詐欺の手口を一覧でまとめてみました。

詐欺被害に遭う前に是非とも読んで頂きたいと思います。

スポンサーリンク

実際にあった副業詐欺の手口一覧!

動画作成・ゲームの感想書くだけで稼げると言われ・・・

具体的な手口

「簡単な動画を作るだけ」「ゲーム(モンスト等)の攻略や感想を載せるだけ」で報酬が貰えますと言われ、そのマニュアル代4~5000円を支払う。

購入すると、オペレーターから、さらにサポート代などで30万以上かかると言われ、言われるがままクレジットカードで支払う。

「最低1ヶ月はして下さい」と言われたので、その通り続けたものの、報酬は支払われることはなく、30万円のクレジット代金が残っただけだった。

批評

マニュアル代4~5000円の時点では、ぶっちゃけ正規の副業でもよくあることです。

ですからこの段階で詐欺かどうかはまだ微妙ですが、その後の30万以上は完全にアウトですね。

ここで踏みとどまれば良かったのですが、まんまと騙されてしまった模様(私と同じで)。

念のために言っておきますが、例え詐欺に遭ってもクレジットカードの代金はチャラにはなりません。

決済してしまった時点で、決済した本人が支払う義務が発生するので、クレジット会社に事情を話たところで「そんなの知ったこっちゃない」です。

twitter詐欺。始めたその日にスマホのみで1万円稼げると言われ・・・

具体的な手口

動画収入、アフィリエイト、美容系無料、放置系、お洋服無料、仕入れフリー転売系…etcなど、たくさんある副業の中から自由に選んで副業ができるという「複合型副業」と称し、勧誘される。

・紹介なしでも稼ぐことができる

・中には放置だけで稼げるものもあります 

・即日即金。急な現場でも大丈夫 

・ノンアダルト・出会い系ではありません 

・親バレ身バレなし。ずっと副業をしていますがバレたことはありません

・サイトへの登録なし。他のサイトに登録して稼ぐものではありません 

・口座のない方でも大丈夫

・後払いも可能。稼ぎが安定してから払うこともできます

・早くてその日に遅くても3日以内には元を取れます 

・1人1人に合わせた1からの徹底サポートを精一杯致します 

私は始めたその日1時間スマホを触っただけで1万円稼げています 

学生で初心者の私でもガッツリ稼ぐことができ、月20万以上は余裕で稼げました

通常20000円以上の費用⇒私の紹介により6000円⇒期間限定5000円

このようなうたい文句に誘われ、いざ実践してみたものの、全く稼ぐことはできず、結局5000円を支払って終わり。

文句を言うとブロックされてしまった。

批評

こちらがそそられるような上等文句の数々で、うまく誘導していますね。特に騙されやすいフレーズが

・即日即金。急な現場でも大丈夫 

・後払いも可能。稼ぎが安定してから払うこともできます

・早くてその日に遅くても3日以内には元を取られています 

・私は始めたその日1時間スマホを触っただけで1万円稼げています

・サイトへの登録なし

・期間限定5000円

ですかね。

ポイントは面倒なことなしにすぐに簡単にお金が入るということです。

副業でお金を稼ぎたいと思ってる人は「手っ取り早くお金を手に入れたい」と考えているので、こういった即効でお金が手に入るという、うたい文句に騙されやすいんですね。

しかも費用も5000円と非常にリーズナブル。後払いも安心させる手口です。働いている社会人なら、このくらいの金額余裕ですし、学生であっても何とかバイト代やお小遣いで出せる範囲ですね。

学生の場合、「親にバレない」というのもポイントが高いと思います。こっそりお小遣い稼ぎができるならと、ついつい引っかかってしまいます。

因みに、「後払いなんだから、稼げなかった時点で払わなくてもいいのでは?」と思われ人もいるでしょうが、今の詐欺集団もどんな手を使ってくるか分かりません。

うっかり個人情報などを渡してしまっていたら、何をされるか分からないので無視するのも危険です。

まあその前に、お金を支払わないと「法的処置と取る」などと脅してきますから、大抵の人は怖くなってお金を払ってしまいますがね。

twitter詐欺。2万が7年後には2000万円になると言われて・・・

具体的な手口

twitteで見つけた副業で、LINEの連絡先が載っていたので連絡。電話で直接仕事内容を聞くと、あるグループがあり、そのグループでは会長と呼ばれる人物が投資を行っており、グループに加入したメンバーの代わりに投資してくれるというもの。

そこの会長がバリ島と関わりを持っていて木の苗を買っている。グループの人間はそれを2万で買って7年後にその苗が成長して売ると2000万円になる。

1人参入すると紹介者に8万円。参入費(初期費用)60万円かかると言われ、クレジットカードでキャッシング方法を勧められる。

60万の入金確認が取れたら、グループに招待されると言われ、まずは頭金として20万を支払ってしまった。

批評

誰がどう見ても詐欺の典型ですね。この詐欺被害者は女性の方ですが、紹介してくれた人も自分と同じ主婦ということで、その安心感から信じてしまったようです。

タイムラインには子供の写真も載せており、一般人を装っていますが、おそらくねずみ講の一種ですね。

この主婦の方に紹介料が入るシステムなのでしょう。それにタイムラインの子供の写真も、その人の子供である証拠はないので、多分安心させるための釣りだと思われます。

この被害者の女性はお金に困っていたようで、普通なら詐欺だと気づくだろう手口も冷静な判断ができずに、このような結果になってしまったのでしょう。

LINE詐欺。1日10分のコピペ作業だけで毎日報酬が入ると言われ・・・

具体的な手口

コピペするだけで稼げる副業と称する公式ラインに登録。詳しく内容を見ると、

・指定されたURLをコピペして送信するだけ!

・毎日作業する必要ナシ!

・1日に10分程度のコピペ⇒送信。これだけで1日20万円

・1ヵ月平均だと250万円

・1年間で3000万円が可能

などが書かれてあった。

しかし、いざフタを開けてみると、初期費用に30万かかると言われる。他の人は1週間で初期費用の元を取っているなどとあおられる。

無期限サポート付きで稼げるまで指導すると言っておきながら、お金を支払った途端、冷たい態度を取られる。

連絡がつかないこともしばしば。こちらが文句を言うと、こちらのやり方が悪いなどど難癖をいろいろ付けられ、まともにサポートしてもらえない。

音信不通になることはないが、まるで稼げるようになることはなく、最終的には嫌気がさし、こちらからフェードアウト。

批評

コピペで簡単」というフレーズはネットビジネス界では昔からあるもので、実際この方法で稼げていた時代がありました。

しかも今でもこのフレーズを使って案件募集があったりします↓

・・・ので、非常に騙される人が多いです。実際稼げていた手法ですからね。

しかし、今は全く通用しない手法で、このような手法で稼いでいたサイトやブログはGoogleに一斉排除されました。

因みに、上記の案件の場合は、詐欺ではなく、正規の案件です。報酬はコピペ500件で500円の報酬ですから。

そう、1件で1円です。極端に言えば、コピペなんて小学生でもできる作業なので、1件1円が妥当なんです。高くでも10円とかね。

それが、1日20万なんて稼げるわけありませんよね。でも、やはり情報弱者は騙されやすいのが現状ですね。

メールレディ詐欺。130万振り込むと言われて・・・

具体的な手口

メールレディのサイトに登録し、ある一人の男性とメールのやり取りをするようになる。仲良くなった頃、報酬として130万振り込むと言われ、怪しいと思いながらも話を進める。

その後、振込日が記載してある、振り込用紙の写真が送られてきたので、信用してしまう。

しかし、受給申告のために5000円の支払いが必要と言われ詐欺だと気づく。

批評

今回の場合は被害者の女性が詐欺だと気づいたから良かったですが、実際は130万という金額に目移りしてしまい、ついお金を支払ってしまう人の方が多いです。

5000円と金額が少額なことから「もしかしたらホントに振り込まれるのでは?」と思い込んでしまうわけですね。

しかし、そもそもの話、メールレディやチャットレディで、個人的に相手の男性からお金を振り込むということ自体まずありえません。

メールレディやチャットレディと聞くと、男性を相手にする仕事なので、怪しいというイメージがありますが、実際はきちんとしたお仕事です。

有名どころでいえば「モコム」「ガールズチャット」「クレア」ですが、詐欺でも何でもなく、報酬もきちんと支払われますし、受給申告料などといってお金を請求されることもありません。

しかし、中には今回のように、詐欺サイトも存在しており、大抵手口は一緒で、「相手の男性から高額の報酬を振り込む」というパターン。

応じるとサイトの本登録に1万、振込口座登録をするのに2万など、費用を請求されます。支払っても、今度は何かにつけてチビチビとお金を要求され、結局振り込まれることなんて一切ありません。

支払ったお金は100%戻ってはこない!警察も動いてくれない!

さて、上記では、詐欺被害に遭った人達の事例を紹介しましたが、このような詐欺被害に遭わないためには、何が何でもお金を支払わないことです。

私も数年前に詐欺被害に遭ったとき、即効で警察や弁護士にも相談しにいきましたが、そもそもの話、相手の所在が何一つ分からないのでは、訴えることも逮捕することも不可能だと言われました。

詐欺被害は認知されているだけでも毎月1000件以上は起きているそうで、警察の方でもいちいち取り合ってくれることはありません。

詐欺から殺人など、事件にでも発展しない起きない限りは動いてくれないわけです(それじゃあ遅いんだけどね・・)

つまり、支払ったお金はほぼ100%戻ってはこないということです。

ですから、どんなに少額であってもお金を振り込まないことです。

もし振り込んでしまった場合は、残念ですが諦めるしかありません。

IPアドレスで詐欺師の住所は特定できないの?

パソコンから発信元の住所を特定できる」ということは皆さんご存知でしょうか?

メールアドレスと同じで、パソコンにもそれぞれ、IPアドレスというものがあります。いわば、ネット上の住所のようなものです。

そしてこのパソコンのIPアドレスからそのパソコンを所有している人の個人情報や住所を特定することができます。

ではなぜ、このIPアドレスから、住所が特定できてしまうかという話なんですが、からくりは、インターネットサービスプロバイダにあります。

パソコンをネットに繋ぐには、プロバイダ(ネット回線の提供会社)と契約する必要があるので、要はそのプロバイダから、契約者の情報を開示してもらうということです。

契約時には、名前、住所、電話番号など、個人情報を必ず登録していますので、詐欺師の身元を特定することが可能です。

ただし。可能であっても、簡単に開示してもらうことはできません。なぜなら、開示請求権があるのは、警察などの特定機関のみだからです。

そして、命の危険があるなど、事件性に値するレベルのものでなければ、警察は動いてはくれません。

ですから、副業詐欺で、数万、数十万騙し取られたなんてレベルでは、まるで相手にされないということです。

万が一住所や電話番号を教えてしまったら?

詐欺に遭わないためには、基本は、お金を支払わず、無視すればいいだけの話ですが、どうにもこうにも詐欺被害は後を絶ちません。

その1番の理由は「詐欺相手の脅し文句につい怖くなってしまう」ことにあります。

脅し文句でよく使われるのが

法的処置を取る

IPアドレスから住所を特定した

会社に連絡する

などです。

特に、うっかり自分の家の住所や電話番号、名前などを教えてしまった場合は怖いですよね。

もし、裁判沙汰にでもなったら、家や会社まで来られて、家族や同僚にバレたら・・・

そう思うと、つい焦ってしまってお金を払ってしまう。

しかし、これは全く心配する必要はありません。

先程も述べましたが、個人がパソコンのIPアドレスから住所を特定するなんてまず不可能。

個人情報を開示請求できるのは警察だけですからね。

法的処置も、そう簡単にできるものではなく、ほとんどの場合脅しです。応じる必要はないでしょう。

そして、一番気になる、自分の個人情報を相手にうっかり教えてしまった場合についてですが、結論から言うと、これもほとんど心配ありません。

なぜなら、詐欺師達にとって、わざわざ家にまで来てお金を要求するのは、自分らの身元をバラしてしまう危険があるので、そんなリスクを負ってまで家まで来ることはまずありません。

オンライン上だからこそ、身元をバラさずに詐欺を働けるわけなので、家まで来るのは「捕まえてください」と言ってるようなものであり、ほぼ可能性として低いと言っていいでしょう。

ただし、住所や電話番号がバレることによって、請求のハガキや電話がしつこくかかってくる可能性はあります。

勿論、無視していれば被害に遭うことはありませんが、こうなると家族にバレてしまうことになりますので、やはり、易々と自分の個人情報を教えないようにするのが一番です。

最後に

今はSNSを使った副業詐欺が多発していますね。楽に、簡単に、即効でと、美味しい言葉を並べて誘ってきます。

かつての私もそうですが、ネット情報に疎い、情報弱者は被害に遭いやすいです。

情報や知識が浅いと「ホントに稼げるのでは?」と信じてしまうからです。

こうならないためには、まず、支払う前に、相手の会社について、ネットで調べる癖を付けるようにしましょう。

他に詐欺に遭ったという報告はないかどうか、入念に調べましょう。

また、1人で解決しようとすると、冷静な判断ができなくなり、どんどん被害が拡大する恐れがあります。

ですから、家族や友人、恋人などに相談することをおすすめします。もし誰にも相談できないときは、知恵袋などで質問してみたり、「消費者ホットライン」などを頼りましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする