知らない間に月数千円・年間で3万が貯金できた体験談!その方法は?

どうもちいままです!今回は私が実際に実践している、知らない間に月数千円、年間にしたら3万円以上の貯金ができちゃう裏ワザテクをご紹介します。

当初これはやろうと思ってやったわけではなく、ホントに知らぬまに通帳に貯金が貯まっていたので、「これいいかも!」と思いつき、それからは継続して続けている貯金方法です。

とても簡単で誰にでも出来る方法なので、是非実践してみてください!

スポンサーリンク

知らない間に月数千円・年間で3万が貯金できた体験談!その方法は?

では早速その方法をご紹介します。

それは・・・

毎月の支出を少しずつ上乗せして通帳に入れておく

ということです。

どういうことかというと、電気・ガス・水道などの光熱費や、スマホ代など、毎月口座引き落としで引かれるお金っていろいろあると思うんですが、

それぞれ請求される金額よりも少し多めに設定して通帳に入れておくということなんです。

例えばスマホ代。今月分の支払いが8000円くらいだったとしましょう。

そしたらそのまま8000円を口座に残すのではなく、9000円を入れます。

1000円でも2000円でも、実際の請求額よりもプラスで入れておくことで、これが貯金としてどんどん貯まっていくんです。

スマホ代だけでなく、他の支払い分もそれぞれ多めに入れておけば、それだけで毎月数千円がどんどん貯まっていきます。

私は実際にこの方法で年間で3万程は貯まりました。私の場合、貯めようと思っていたわけではなく、ホントに知らない間に貯まっていたので、臨時収入のような感覚でした。

スマホ代や光熱費の請求って、その月によって微妙に請求額が変わりますよね。

だから、例えばこれくらい入れておけば絶対足りるという金額をあらかじめ設定して、口座に入れておけば、

その月の光熱費が設定した金額より安かったら、その差額が貯金として貯まっていくわけです。

うちの場合、それぞれの支出はどれも上乗せして設定しているので、毎月2000~3000円前後は貯まっていきました。

具体的に表してみると・・・

スマホ代 8200円 ⇒9000円 +800円貯金

電気代  3800円 ⇒5000円 +1200円貯金

習い事代 7400円 ⇒8000円 +600円貯金

こんな感じで1ヵ月で2600円の貯金が自動的に貯まっていく感覚です。

微々たるものかもしれませんが、この金額は意外に大きいです。

何より、「無理がない」というのが最大のポイントです。

口座に入れてしまえば、あとは自分の目に触れることはないので、大抵の場合忘れています(笑)。

また、実際の請求額よりも上乗せすることについても、一見大変そうに見えて、最初からその金額だと思い込んでしまえば、そんなに苦にはならないものです。

人間、どうしても手元にお金があると使ってしまいたくなるので、毎月の支払に上乗せするという形で、無駄にお金を残さなければ、案外、その範囲でやっていけてしまうものです。

お金は複数に分けて入れておくと無駄遣いが減る!

もう一つおすすめしたいのが、お金は複数に分けて入れておくという方法です。

これも私が実際にやって効果的だと感じたので、ついでにご紹介します。

まず、皆さん普通お金って1つのお財布で管理していると思うんですが、これだとどうしてもお札がいっぱい入っていて浪費しやすいので(特にお給料日の後)

他にも財布や封筒などを用意して、お金を複数に分けて管理することをおすすめします。

少しずつ分けて入れておくと、一度に使える額が減るので、自然と無駄遣いが減ります。

特にうちの場合、スーパーや100円ショップ、西松屋、しまむらなどに行くと、「安いから」という理由で、ポンポン買ってしまう癖があるので、

買い物に行くときは使う分だけ財布に入れて、あとは封筒などに分けて入れておきます。こうすると、ちょっと欲しいモノに出会っても、

財布にあまりお金が入っていないと「必要な物が買えなくなるからやめよう」と、衝動買いがだいぶ減りました。

また、この前実際あったのですが、あるとき母子手帳の間から5000円が出てきたときがあって、かなりびっくりしたことがありました。

よくよく思い出してみたら、支払いに使うつもりでとっておいたお金だったみたいですが、そのことをすっかり忘れて、生活費の方から支払ったので、取っておいた方のお金が余ったというわけです。

完璧に忘れていただけでに、発見したときはかなり得した気分でした(笑)

1つのお財布にまとめてしまうと、視覚的に「お金がいっぱいある!」と気持ちが大きくなってしまいます。

分かっていても、持っているとどうしても使いたくなってしまうのがお金なので、お金は分散するのがおすすめです。

ちょこちょこ分けて、あちこちに保管しておくと、「そっか!ここにも取っておいたお金があったんだ!」と発見したときの喜びは倍増です。

ただし、保管するときは家族に見つからないように注意してくださいね。

最後に

いかがでしたか?無理して節約しなくても、ちょっとした工夫で貯金はできてしまうものです。

普段から、衝動買いが多いという人は、これらの方法で貯金してみてください!

意外なほどに効果がありますよ^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする