主婦におすすめ!子育て経験を活かした副業8選!

どうもちいままです!今回ご紹介する副業は子育て経験のあるママさんにおすすめです。

「子供がいて外に働きに出られない!」と頭を抱えているママさん達は多いと思いますが、実はその子育て経験を活かしてできる仕事はたくさんあります。

自分の子育て経験が仕事になるなんて主婦にとっては最高ですよね。

では実際に、子育て経験を活かした仕事ってどんなものがあるのか?今回の記事で詳しく紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

子育て経験を活かした副業①育児漫画ブログ

まず始めにご紹介するのが「育児漫画ブログ」。育児漫画ブログとは、自分の子育て経験を漫画にしたブログのことです。

フィクションもありですが、大抵はみんなノンフィクションで、実話を元に書いている場合がほとんどです。

育児漫画ブログでどうやって稼ぐのかということなんですが、漫画を投稿しつつ、記事内で子育て関連グッズを紹介したり、アドセンスなどの広告を張ったりして収入を得ます。

つまりアフィリエイトですね。

ブログはアメブロやはてなブログなどの無料ブログでもいいですし、当ブログのようにWordPressで1から開設するのも良いでしょう。

ただ、WordPressは立ち上げるまでの設定が少々複雑で大変なので、設定が簡単にできる無料ブログの方が敷居が低いと言えます。

アクセスも比較的すぐにくるので、忙しい主婦にとっては無料ブログの方がおすすめかもしれません。

ただ、無料ブログにはいろいろ欠点があり、最もこわいのがブログ削除のリスクです。

今の無料ブログは大抵どこでもアフィリエイトはOKになってきていますが、それぞれ独自の規約が設けられており、万が一違反すると、ブログを削除されてしまうことがあります↓

はてなブログでアフィリエイトは危険。いつ削除されるか分からない。

しかし、ある程度ブログに人気が出ると、公式ブロガーとして運営側からスカウトされるようになり、アクセスに応じての報酬が貰えるようになります。

あの有名なまめきちまめこ先生も、ライブドアブログにスカウトされて公式ブロガーとして活躍しています↓

まめきちまめこが素顔初公開!ニートから3000万PVブロガーに!

報酬のうちの何割かは運営側にもっていかれてしまうので、WordPressで運営した方が得ではあるものの、

公式ブロガーになれば、ブログをトップページに載せてくれるなどアクセスアップのサポートや、単行本の出版、グッズ販売、イベント企画など、様々な待遇が受けられます。

稼ぐことだけを目的とせず、やりがいや楽しさも見いだしたいという人は無料ブログで公式ブロガーを狙うのもいいですね。

因みに、漫画で描くイラストは素晴らしく上手である必要はないので、画力がない人でも始めることは十分可能です。

子育て経験を活かした副業②育児記事執筆

2つ目は「育児記事執筆」です。

Webライターとして育児に関する記事を執筆して報酬を貰います。

初心者Webライターの1文字の単価相場は大体0.1~0.5円前後であることが多いです。

特に専門知識を必要としない育児関連の記事は単価が低く、0.1~0.3円くらいがほとんどですが、クラウドワークスなどの案件募集を見てみると、たまに高額単価の案件が載っていることもあります↓

私自身もWebライターとして活動していた経験がありますが、育児関連記事は非常に書きやすかったです。

ほとんど自分自身の子育て経験を元に記事がかけるので、文章もスラスラ進みます。

また、Webライターは納期期限さえ守れば自分の好きな時間に執筆作業ができるので、育児や家事などの隙間時間などを利用するなど、時間を有効活用できるのも主婦にとっては最大のメリットと言えるでしょう。

子育て経験を活かした副業③育児グッズ転売

3つ目は「育児グッズの転売」です。

子供が成長するにつれて、使わなくなったおもちゃや絵本、知育教材、洋服、または貰い物でも使わずに取っておいてある品物などを、メルカリといったフリマアプリで売って稼ぎます。

私自身も娘の使わなくなったおもちゃや絵本をメルカリで売って数万円の報酬になりました。

育児グッズは子供が成長すれば不要になることがほとんどなので、いずれ転売するつもりで大事に扱うようにすれば、売るとき高く売れます。

子供用品って意外に売れるので、いいお小遣い稼ぎになるでしょう。

また、韓国や中国などから子供服などを安く仕入れて売っている人もいます。売る物があまりないという人は、海外からの仕入れを視野に入れてみてはいかがでしょうか。

子育て経験を活かした副業④育児グッズハンドメイド

4つ目は「育児グッズハンドメイド」です。

幼稚園や保育園、小学校で使う運動着袋、手提げバッグ、上履き入れ、エプロン、洋服、おもちゃなどを手作りして、minneなどのハンドメイドサイトに出品して売ります。

入園式や入学式前時期になると需要が高まるので、そのタイミングを狙って出品すれば結構売れます。

中には自ら子供洋服のブランドを立ち上げて、オーダーメイドで注文を取っているという起業ママもいます。

また、子供が使うものだけでなく、ママが使うものに焦点を当てて作るのも◎。

子育てで大いに活躍しそうな収納力抜群のマザーバッグや、母子手帳、シンプルなアクセサリーなども人気が高いです。

元々手先が器用という人なら持ってこいの副業ですね。

子育て経験を活かした副業⑤ベビーシッター

5つ目は「ベビーシッター」です。

依頼されたお客様の自宅に出向いて、子供のお世話をするのが主な仕事になります。

ベビーシッターの仕事を始めるには派遣会社やマッチングサービスなどに登録をして仕事を紹介してもらうのが一般的で、その場合は時給1000~1500円程が相場になります(会社によって異なります)。

ベビーシッターになるのに特に資格などは必要ありませんが、保育士資格や幼稚園教諭免許などの国家資格があると大幅に働き口が広がります。

また、保育士資格や幼稚園教諭免許などの国家資格以外にも「認定ベビーシッター」という民間資格もありますので、時間のない人でも働きながら取得することが可能です。

資格を必要としないとは言っても、やはり持っていないより持っていた方が断然役に立つので、本気で始めたい人は育児関連資格は何かしら取得しておいた方がいいでしょう。

因みに、個人業主として自らベビーシッター業を開業することも可能です。

託児所とは違って場所を確保する必要はないので、初期投資は安く済みます。

ただし、利用者がいなければ経営は成り立たないので、集客・宣伝活動など一から始めなければなりませんし、子供を預かるのは責任重大。

万が一の事故や怪我などに備えて損害賠償保険に加入しておくなどの手続きも必要です。

この仕事はどちらかというと、子供が小学生、中学生くらい、あるいはもう成人してしまっているなど、子育てが一段落した人向きの仕事ですね。

子育て経験を活かした副業⑥子育て支援員

6つ目は「子育て支援員」です。

子育て支援員とは、放課後児童クラブや学童保育、児童養護施設、子供家庭支援センターや子育て広場などにおいて、子供のお世話やサポートをする人のことです。

子育て支援員になるには国が定めた研修を受け、「子育て支援員研修修了証明書」の交付を受ける必要があります。

保育士の場合は指定の学校を卒業するか、保育士試験に合格しなければなりませんが、子育て支援員の場合は民間資格なので、自治体が実施する全国共通の研修を修了すれば誰にでもなることができます。

仕事内容は主に子供達の遊び相手や食事・排泄の介助など、業務内容はほぼ保育士と変わりませんが、担任を受け持つということはないので、あくまで保育士の補助・サポートという立ち位置になります。

肝心の収入ですが、雇用形態はパート・アルバイトとしてが多く、時給1000~1200円程が相場になっています。

勤務時間は週3~4、1日3~4時間という短時間での業務が基本ですが、今はどこの園でも保育士が不足している状態なので、フルタイムで募集しているところも少なくありません。

子育て経験を活かした副業⑦育児カウンセラー・アドバイザー

7つ目は「育児カウンセラー・アドバイザー」です。

子供を持つ親、あるいは悩みを抱えている子供に対してカウンセリングを行い、相談・アドバイスを行うのが主な仕事です。

基本的にカウンセラーやアドバイザーの仕事は民間資格にあたるため、通信講座やセミナーなどを受講すれば誰でも取得できます。

育児に関する資格は「子育てアドバイザー」「子育て心理カウンセラー」「チャイルドマインダー」など様々あります。

これらの資格を取得するには数万から数十万円の受講費や検定料がかかりますが、資格を持っていればそれだけ信頼度は高まりますし、専門的な知識も増えるので、できるだけ取得しておいた方がいいでしょう。

働ける場所は、保育士や子育て支援員と同じで、保育園、幼稚園、学校、児童養護施設などになります。

ただし、資格を持ってるからといって優遇されたり、給与がアップするといったことはありません(会社にもよりますが)。

あくまで民間資格なので、国家資格を必要とする保育士のような業務ではなく、「保育士補助」という扱いになります。

しかし、資格取得をすることでできることも増えます。

例えば、ベビーシッターの場合一人で保育できる人数は2人までと決められているのに対して、チャイルドマインダーの資格を所有している人は、4人までの子供の保育が可能になります。

預かれる人数が増えると収入も上がるので、やはり資格は取っておいた方が有利と言えるでしょう。

また、自宅で開業することも可能なので、自分の子供と一緒に預かるという自由なスタイルで働くことができるのも魅力の一つです。

子育て経験を活かした副業⑧幼児教室講師

最後は「幼児教室講師」です。

幼児教室とは、0~6歳までの子供を対象に、文字の読み書きや計算、リトミックやピアノ、スイミング、英語など、子供の知能開発や情操教育を目的としたスクールのことで、幼児教室講師は、幼児教室に通う子供達を指導、サポートするのが仕事です。

幼児教室の講師になりたい場合、基本的に資格が必要なわけではありませんが、幼児教室講師の多くは、幼稚園教諭免許や保育士資格を持っていることがほとんどです。

特に大手のの幼児教室ではこれらの資格を求められることが多いようです。

これらの資格は大学および短期大学などで所定のカリキュラムを修了・卒業しなければ取得できないので、ママになってからの取得はかなり大変ですが、資格取得することで働ける場所は大幅に広がります。

また、幼児教室では英語や音楽、運動など、様々なカリキュラムが用意されているので、幼稚園教諭免許や保育士資格を持っていなくても、TOEICを取得していれば英語の講師として、ピアノなどを習っていた経験があれば音楽講師として活躍することが可能です。

その他にも「知育インストラクター」「ベビーマッサージインストラクター」「幼児教育トレーナー」など、幼児教室講師になるために役立つ資格はたくさんあるので、

まずは自分がどの分野を教えたいかを明確にし、それに合わせてどの資格を取得するのか決めていきましょう。

幼児教室は自宅で開業することも可能なので、将来性のある仕事ですし、まだ子供が小さく、働くのが難しいという場合でも、とりあえず資格取得の勉強をしておけば、いざなりたいと思ったときに大いに役立ちます。

最後に

いかがでしたか?こうして紹介してみるだけでも、自分の子育て経験を活かした仕事ってたくさんありますよね。

因みに、今回は紹介しませんでしたが、「絵本作家」も子育て経験を活かしてできる仕事の1つだなと思います。

子供ができると、それまで読まなかった絵本を読み聞かせる場面が増えてくるので、自然と絵本に興味が出てくるという人も多いでしょう。

こういった職業に年齢制限はないので、イラストを描くのが好きとか、お話を考えるのが得意なんていう人には最適なんじゃないでしょうかね。

最近の絵本業界では、のぶみさんやヨシタケシンスケさんなど、何十万部とヒットを出す絵本作家も出現し始めているので、絵本作家で生計を立てるということもまんざら夢物語ではなくなってきています。

興味がある人は是非挑戦してみてください!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする