電子マネーよりQRコード決済がやたら導入されている理由。

どうもちいままです!10月から開始される増税や、来年の東京五輪に向けて益々強まるキャッシュレス化の動き。

これまでキャッシュレスといえば、クレジットカードやnanacoやSuicaなどの電子マネーが主流でしたが、

ここ最近やたら推奨されているのが「QRコード決済」です。

Pay Pay、LINE Pay、楽天Pay、メルPayなどなど、大手各社が次々と参入しており、使えるお店も徐々に増えてきていますが・・・・

なぜここまでQRコード決済がすすめられているのか疑問に思っている人もいるのではないでしょうか?

スマホ一つで決済できて便利だし、ポイントも付くしで、いいことづくめではあるけど、やたら盛り上がりすぎて正直ウザい・・・。

そして「今どき現金払いは古い」という見下され方もなんだか不快・・・。

そこで、ここまでQRコード決済が推進されている理由について解説していきます。

キャッシュレス化の浸透に疑問・抵抗を持っているという人は是非読んでみて下さい!

スポンサーリンク

そもそもQRコード決済ってナニ?

まず、QRコード決済が推進されている理由について解説する前に、QRコード決済そのものがよく分かっていない人に向けてざっくりご説明します。

以前の記事でもご紹介していますが↓

キャッシュレスってなに?現金払いよりも断然お得な理由とは?

QRコード決済とは、超簡単に言うと、スマホ画面に表示されたQRコードやバーコードを読み取って支払うことです。いわゆる「スマホ決済」ですね。

QRコード決済で支払うには、Pay Pay、LINE Pay、楽天Payなど、自分が使いたいと思うサービスのアプリをスマホにダウンロードし、あとはクレカや現行口座と紐づけすればOK。

QRコード決済に対応しているお店のレジで、スマホの画面に表示されているアプリのQRコード、またはバーコードを提示して、読み取ってもらえば支払いできます。

現金払いのときのように、お札や小銭をジャラジャラ出す手間がないうえ、支払う度にポイントが加算されるのが最大のメリットです。

しかもQRコード決済の場合、ポイント還元率が20%以上と、今はかなり高くなっているので、現金払いよりも断然お得と言われているのです。

電子マネーよりQRコード決済がやたら導入されている理由

さて、QRコード決済がどういうものかは、なんとなく分かったと思いますが、そもそもキャッシュレス決済とは、QRコード決済だけではなく、クレジットカードや電子マネーもあるわけです。

しかし、やたら推進されているのはQRコード決済。

大手各社も次々に参入して、今やユーザー獲得のために、どこでも異常なまでに高いポイント還元率を掲げています。

ここまでして推進されているQRコード決済。果たしてこれはなぜなのでしょう?

実はその理由は簡単です。

それは単純に設置コストが安いからです。

電子マネーだと読み取り機を設置したり手間がかかるうえ、導入するのに何万円ものコストがかかります。

その点QRコードを読み取る形式だと、導入のための初期費用がごく僅かで済みますし(今はシェア実質無料にしている資金移動業者も)、

バーコード方式だと多少費用は掛かるものの、既存のPOSシステムを活用できるので、追加で機器の購入などをする必要まではありません。

また、キャッシュレス決済した場合、決済手数料はお店側が負担するのが普通です。

しかし、QRコード決済においては、LINE Payがアプリ上でコード決済を利用した場合に限り3年間無料としており、PayPayも条件付きで決済手数料無料にしています。

QRコード決済の中でLINE PayやPayPayが特に推されているのはこれが大きな理由です。

導入費用が安く済み、さらには決済手数料も無料となれば、小規模事業者でも、参入することができ、導入する店舗はこぞって増えることが予測されます。

つまり、QRコード決済がここまで推進されているのは、サービスを提供する側に大きなメリットがあるからなのです。

ですから、大手各社はこぞってポイント還元率を上げて、顧客を獲得しているのです。

そうすれば大きな経済回復が見込めますからね。

QRコード決済は今後浸透するのか?

QRコード決済が推されているおかげで下火になりつつあるクレカや電子マネー。

今後も益々QRコード決済を導入するお店は増えていくでしょうから、このままQRコード決済が当たり前になっていくことが予測されます。

しかし。

実際はQRコード決済を取り入れているユーザーはまだまだ少ないのが現状のようです。

特に私のように地方に住んでいる人ならなおさらです。

テレビや雑誌、ネットなどで「今どき現金払いは遅れている」的なことをあちこちで耳にしますが、こちらでは、実際スマホ決済している人を見ることってあまりない気がします。

田舎は高齢者の割合が多いですし、クレカや電子マネーを使う人は多いですが、QRコード決済を使っている人は少ないです。

それどころか、まだまだ現金払いが主流。「時代遅れ」「損している」といくら言われても、スマホを使いこなせない高齢者の人達にとってはハードルが高いのでしょう。

まあ、全て現金払いしている人はさすがに勿体ないですが、QRコード決済を導入する店舗が今後どんどん増えたとしても、実際に使う人が比例して増えるかはまた別問題だと言えるでしょう。

最後に

前回の記事でも紹介しましたが↓

キャッシュレスってなに?現金払いよりも断然お得な理由とは?

QRコード決済を含め、キャッシュレス決済が現金払いよりもお得なのは確かです。

特に今は各社がこぞって高いポイント還元率になっているので、やらないと損することは間違いありません。

ただし、QRコード決済のポイント還元率が高いのも期間限定であり、期間が過ぎれば、そこまで導入するメリットがあるかといえば疑問。

これまで通りクレカや電子マネーでも特に不自由していない人も多いと思いますし、果たして今後キャッシュレス化がどう動いていくかまだまだ分からない状況ですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする