賃貸のプロパンガス料金を大幅に下げた体験談!月9千も安くなった!

どうもちいままです!今回は我が家の体験談記事です。

今現在、プロパンガスをお使いというご家庭はおそらく「ガス料金が高すぎる」ことで悩んでいるのではないでしょうか?

プロパンガスは都市ガスに比べて、ガス会社が自由に料金を設定できるため、時にとんでもない料金を徴収されていることがあります。

ガス料金を安くするには、ガス屋に直接値下げ交渉するか、ガス会社自体を変更するかのどちらかになりますが、

値下げ交渉にすんなり応じるガス会社はまずいないでしょうし、万が一応じても、最初だけで、いつの間にか値上げしているケースがほとんどです。

そしてガス会社自体を変更に関しても、「違約金が発生する」などの問題があるため、早々簡単に変更はできないのが現状です。

特に賃貸の場合は、ガス会社の変更権限は全て持ち主である大家さんにあるので、大家さんが許可しない限り変更することは、ほぼほぼ不可能とされています。

なので、私達消費者は、ガス料金値下げは勿論、勝手にガス会社を変更することもできない状況下に置かれているわけです。

しかし、我が家は賃貸であるにも関わらず、ここ最近ガス料金を大幅に値下げしまして、なんと月9000円も安くなりました。

果たしてそれはなぜなのか?

今回はその値下げに至るまでの経緯について、詳しく書いていきたいと思います。

もし、賃貸住まいでガス料金の高さに悩まされている人は是非参考にしてみてください!

スポンサーリンク

プロパンガス料金はぼったくられていることがほとんど?

冒頭でも述べましたが、プロパンガスは公共料金である都市ガスとは違い、自由に料金設定できるため、割高になっていることがほとんどです。

しかも賃貸に至っては、大家さんがプロパンガス会社から給湯器、エアコン取り付けなどの設備をサービスしてもらっていることが多く、その分入居者のガス料金を値上げして元を取っていたりします。

つまり、ガス会社は儲けるために利用者からガス料金をぼったくりまくっているということです。

ただ、私達素人からすれば、ガス料金がぼったくられているかどうかなどの判断ができないため、ガス料金が高いと思っても、「こんなものか」と、言われるがままに支払っているケースがほとんどです。

しかし、ガス料金には「適正価格」というものがあり、今はスマホやパソコンから簡単に自分の家庭のガス料金の適正価格を割り出すことができます。

実際に我が家も「プロパンガス消費者協会」のサイトにて、自分らのガス料金は適正価格かどうかを調べてみました↓

「ガス料金自動診断」⇒「自分の住んでいる県名」を入力すると上記の診断画面になるので、

自分の家に毎月届くガス料金の検針票を見て、使用量と合計請求金額を入力してみました。

すると、使用量に対する適正価格が表記されると共に、どれくらい高く上乗せされているかが分かるようになります↑

結果は「かなり高い!」の診断が出ました。

本来この使用量なら16900円程が妥当なのですが、実際は月6000円近くも上乗せされていることが分かりました。

年間にしたら7万にも上り、これを見た瞬間怒りがこみ上げずにはいられませんでした。

知らないことをいいことに、こんなにぼったくっていたなんて信じられません。

早速ガス会社変更手続きを開始!

この事実を知って、早速、知り合いの伝手で、別のガス会社に連絡。

そこでは同じ使用量で適正価格の16000円代にするということだったので、迷わずガス会社変更を決断しました。

しかし・・・

冒頭でも述べましたが、賃貸でのガス会社変更は大家さん許可なしにはできません。

なので、大家さんにまず交渉する必要があるのですが、これは現実的な話ではありません。

なぜなら、万が一ガス会社を変更するとなると、私達の一室だけでなく、全室のガス会社を変更することになってしまい、相当な手間となってしまいます。

それに、大家さんとガス会社での長年の付き合いというものや、いろいろお得にサービスしてもらっている部分もあるでしょうから、1室の入居者が騒いだところで、大家さんは首を縦に振る可能性は低いでしょう。

「じゃあ、変更なんて無理じゃん!」

そう、実質、変更は不可能です。

しかし、変更はできなくても「入居者がガス料金が高いことに気づいて、他のガス会社に乗り換えようとしている」というのは、ガス会社にとっては非常にまずい展開なんですね。

なぜなら、誰かが料金について指摘し始めると、周りもガス会社変更に賛同してくる恐れがあるからです。

おそらく、ガス料金を高いと感じているのは私達だけじゃないでしょう。

しかし、実際それが適正価格だと思ってみんな支払っています。

ですが、今回のように、実際私が他のガス会社に変更手続きを取るなどの行動を起こしたがために、本来の適正価格がバレてしまったので、他の入居者の耳に入る可能性が出てきてしまったわけです。

我が家だけがギャンギャン言っても、痛くもかゆくもないですが、賃貸の入居者が全員騒ぎ始めたら、大家さんだって無視できなくなります。

結果、ガス会社変更となったら、ガス会社は大きな被害を被ることになります。うちの賃貸は、一戸建てで、全部で5世帯あります。

もしガス会社変更となれば、この5世帯分の売上が一気になくなるということになるわけです。

さて、これを受けてガス会社が取った行動とは?

賃貸のプロパンガス料金を大幅に下げた体験談!月9千も安くなった!

まず、事の発端は、変更する予定であるガス会社の方から、今のガス会社にFAXにて、変更手続きの紙が届いたことから始まりました。

今回のガス会社変更の件は、大家さんやガス会社に事前相談なしにやったことなので、突然変更手続きの用紙が送られてきて、かなり驚いたようです。

そしてFAXを受け取ってすぐにガス会社が我が家に訪ねてきたのです(町内なのですぐ来れる距離)。

私が対応したのですが、ガス屋さんは、来るや否や「今日、うちに○○ガス屋さんからFAX届いたんですがこれはどういうことでしょうか?」みたいなことを言われたので、

「知り合いに頼まれて、こちらのガス屋さんに変更することにしたんですよ」と冷静に対応。

すると、かなりしどろもどろした様子で、大家さんの許可なしにはできないとか、撤去費用がかかるなど、いろいろ言ってきたんですが、

しつこく聞かれたのが「○○ガス屋さんはいくの料金設定と言っているのでしょうか?」ということ。

おそらく、相手のガス屋の料金よりも安くするつもりで、聞いてきたんだと思いますが、とりあえず、「まだはっきりとは分かりません」と言葉を濁しました。

その後は旦那様に代わってもらって「ガス会社変更に関しては料金次第」ということでその場は一端終了。

また明日伺いますとのことだったのですが、なんとその後30分くらいして、今度はガス屋の社長までもが登場・・。

「どれだけ、必死なのか・・」

正直ドン引きしました。

まあ、結局、夜7時過ぎで遅かったので、また明日来てくださいと帰ってもらい、後日私の方から電話をかけたのですが、電話越しでしきりに以下のことを強調してきました。

うちは他よりもかなり安くやっている

ネット載っている適正価格は客を釣る為のもので正確な料金でない

○○ガス屋はいくらでやってくれるのか

なんだか言っていることが矛盾していますよね。焦っているのがバレバレでした。

そもそも、他よりかなり安いといいながら、相手のガス屋の料金を聞き出そうとするのはおかしいというもの。

ただ、こちらも賃貸に住んでる以上はガス会社の変更は無理なので、相手のガス会社の料金を告げ、値下げ交渉に踏み切りました。

するとあっさり「分かりました。ではうちも○○ガス屋さんと同じだけの料金に値下げしましょう。」と言ってきたのです。

今までは1m3=482円だったのが、なんと300円に値下げすると言われたのです。

つまり、これまでよりも約9000円も安くなる計算です。

正直ここまで安くなるとは思っていなかったので、かなりびっくりしています。

そして最後にガス屋は念押しで言われたのは「ここだけ特別値下げするので、他の入居者の方には絶対に言わないでくださいね」ということでした。

しかしこの言葉に正直モヤっとします。

結果的に安くなって、良かったわけですが、もし言わなかったらあのままぼったくられていたわけですからね。

しかも、9000円ですよ。年間にしたら約10万。それがガス会社の儲けになっていたわけです。

いかにガス屋が、ぼったくっていたかが改めて分かりました。

ガス料金が高いと思ったら値下げ交渉かガス会社変更を検討しよう!

まず、始めに言いたいのは情報弱者は間違いなく損をするということです。

自由価格なだけに、野放しにするとガス会社の思うツボです。

今回この記事を読んで、ガス料金には適正価格というものがあることが分かったと思います。

今はスマホ一つで簡単に調べられるので、まずは自分の家のガス料金の適正価格を把握してください。

もし、かなり高く上乗せされているようなら、値下げ交渉かガス会社変更を検討しましょう。

ただ、我が家のように賃貸という場合は、大家さんの許可が必要なので少々困難です。

今回の場合、比較的、ガス会社が良心的に対応してくれたので、トラブルなく値下げ出来ましたが、ガス会社によっては、一切応じないところもあります。

そのような場合は、できることなら、他の入居者の同意も得て、ガス会社変更を要求した方がよいでしょう。

ただし、一度値下げに応じても安心はできません。

それは、原油価格高騰を理由にどんどん値上げされる可能性があるからです。

原油価格高騰によってガス料金が値上げするのは仕方のないことですが、問題は原油価格が下がってもそのまま値下げされないケースが多いということです。

そのまま原油価格高騰に伴ってどんどん値上げが繰り返されれば、いつの間にかガス料金は元通りになっているということになりかねません。

これらを防ぐためには、値下げ交渉成立した際に、誓約書を書いてもらったり、音声を録音しておくなどの証拠を残すことです。

口頭では証拠が残らないので、ガス会社にしらを切られたらお終いです。値上げされても文句言えない状況になってしまいます。

また、いつ値上げされたかを把握するために、毎月の検針票は必ずチェックすることです。

つい怠ってしまって多く徴収されていたとしても、支払った分は戻ってきません。

今回我が家でも、ガス屋がきちんと約束を守ってくれるように、念のため会話のやり取りをスマホのボイスレコーダーで録音しておきました。

まあ、おそらく、そこまで悪質な会社ではないと思うので、約束を破るということはないと思いますが、念のために。

最後に

今回は我が家の体験談を書かせて頂きましたが、ガス料金が高いと感じている人はダメ元で交渉してみてることをおすすめします。

どうせ無理だろうと最初から諦めないこと。

私も正直、賃貸住まいでガス料金の値下げができるとは思っていませんでしたが、実際はかなりの大幅な値下げに成功することができました。

ホント、やってみるものです。

ただ、一つ注意したいのは、感情的になって下手にいろいろ喋らないことですね。

あくまで冷静が第一。私もかなり内心「こんなにぼったくりやがって」とムカムカしていて、思わず、「相当ぼったくってますよね」とか嫌味を言いそうになりましたがグッと我慢しました。

目的はガス料金を安くすることなので、余計なことは一切言わずに、坦々と対応しました。

口は災いの元で、自分の放った一言がどんなトラブルに発展するか分からないので、皆さんも感情的になって、ガス屋を責めるようなことを言わないように十分注意してくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする