minneでイラストが売れない人の原因。売れるためのコツとは?

どうもちいままです!今回はミンネのイラスト販売について書いていきたいと思います。これまでもミンネについての記事は書いてきましたが↓

minneで手作りマスキングテープを売って稼ごう!作り方を紹介!

minneで売れる人と売れない人の3つの違い。

minneで売れない人の6つの共通点。

minneって、基本的に出品しても「売れない」という人の方が大半ですよね。

特にイラスト販売はminneの中では売れにくいジャンルと言われており、最近ではminneで新規でイラスト販売する人をあまり見なくなりました(販売しているのは常連の人ばかり)。

しかし、そもそもの話minneでイラストのジャンルに需要がないのはなぜでしょうか?

minneといえば、作家数50万人、出品作品数940万点以上と、日本最大級を誇るハンドメイドサイトであり、ハンドメイドサイトの中で最も売れ行きがいいと言われています。

にも関わらず、すこぶるイラストジャンルは売れ行きが良くありません。

売れないならやはりminneでのイラスト販売はやめておいた方がいいのでしょうか?

いえ、実はそんなことはありません。

イラストは売れないジャンルといっても、売り方や描き方を工夫すれば、売れないイラストから売れるイラストに変えることは十分可能です。

現に、minneでイラストがコンスタントに売れている人もたくさんいます。

では、どのような売り方や描き方をすればイラストが売れるようになるのか?今回の記事で、そのコツについて詳しく紹介していきます。

今minneでイラストを売っても売れない人や、これからイラスト販売をお考えの方などは、是非参考にしてみてください!

スポンサーリンク

minneでイラストが売れない人の原因。

まず、売れるコツを紹介する前に、minneでなぜイラストが売れないのか、その理由についてお伝えしていきたいと思います。

最初によく考えてほしいのですが、物を売る場合、一番大切なのは「どこで売るか」ということです。これをリアルに考えてみてください。

例えば、お年寄りしかいない田舎町で、オシャレなアクセサリーやスマホケースを販売したらどうでしょうか?売れると思いますか?

おそらく全くといっていいほど売れないでしょう。

しかし逆に、若者が集まる東京ではどうでしょうか?多分跳ぶように売れると思います。

つまり、どんなにクオリティの高い商品でも欲しがる人がいなければ、全然売れないということです。

minneもこれは同じ。minneの利用者層は90%以上は女性で、年齢層は20~40代とされています。

この年代の女性が興味を示すものといえば、アクセサリーやバッグ、洋服など、主にファッションアイテムです。

特にminneの商品は、他にはない個性的でかわいいものが多いので大変人気があります。

また、家具類や雑貨類、ステショナリーグッズなど、利便性が高い商品も人気があります。

しかし、イラストに関しては、飾ったり、プレゼントとして贈る以外にあまり活用法がありません(そもそもプレゼントでイラストを贈る人も少ないですよね)。

単純に考えて、実用性のないものって、やはり売れにくいんです。

また、もう一つ売れない理由としてあげられるのが、「イラストのセンスが低い」、つまり、率直に言えば「下手」なイラストを販売していることです。

当然ですが、イラストは見た目が全てです。イラストを欲しいと思うか思わないかは、イラストを最初に目にして数秒で判断されてしまいます。

自分では最高傑作だと思い込んでいても、他から見ると、魅力的に見えない、欲しいと思わない。

現に全く購入されていないイラストの傾向を調べてみると、

・今どきでない一昔前の古臭い感じ

・色使いが雑

・デッサンが狂っている

などが共通しています。

イラストって絵を描くのが好きで描いているという人がほとんどだと思いますが、売ることを考えたら、ただ好きなイラストを描いているだけでは売れません。

やはり、他の人が見て欲しくなるような魅力的な要素を含めたイラストでないと買ってはくれないのです。

では魅力的な要素を含めたイラストとは、一体どのようなものでしょうか?実際にminneで売れているイラストの特徴を見てみましょう。

minneで売れているイラストの特徴とは?

イラストが売れるようになるためには、「どんなイラストが売れているのか」を知ることがとても重要です。

そのためには、minneで売れているイラストをよく分析することです。minneでは何人購入したかが分かる機能が付いているので↓

「10人以上が購入」となっているイラストに絞って売れ筋のイラストを調べてみましょう。

その結果、売れているイラストは、主に次の5つの特徴があることが分かりました。一つずつ紹介してきます。

売れているイラストの特徴①利便性がある

先程、イラストは飾るか、プレゼントするかくらいしか、活用法がないと述べましたが、実はイラストは、いろいろなものとの組み合わせれば、とても利便性の高いジャンルなんです。

例えばこちら↓

これは果物や野菜のイラストを使った「食べ物あいうえ表」。

未就学児のお子さんがいるご家庭で、ひらがなのお勉強用として活用できますし、果物や野菜のなまえを覚えることもできますね。

ただ紙にイラストを描いて売るよりも、このように「実用性」を加えると利便性が高まり、売れ行きがまるで変わります。

その他にも

ウエルカムボード

家族やペットの似顔絵オーダー

レターセットなどのステショナリーグッズ

シール

カレンダー

・・・などなど、イラストはいろいろなものと組み合わせて商品化できます。

ただ壁に飾るだけでなく、普段の生活の中で活用できるものとして売った方が、何倍も売り上げが違ってきます。

ですから、今、イラストが売れなくて悩んでいる人は、このようなものと組み合わせて出品してみてください。

意外なほどに売り上げが伸びるかもしれません。

売れているイラストの特徴②シンプル・モダン系

イラストといえば、キャラクターもののかわいいイラストのイメージが強いですが、こういったモノトーンでシンプルなイラストが意外に人気があります。

モダンで北欧調の大人向けのイラストですね。こういったイラストはお部屋のインテリアとして需要があります。

 

売れているイラストの特徴③花や草木、動物などの自然がモチーフとなったゆるかわ系イラスト

やはり、minneの利用者層が女性ということで、こういったゆるかわ系のイラストは人気が高いです。

お花や草木、動物などの自然がモチーフとなったものが人気で、特にお花系は人気が高いです。

イラストに限らず、お花をモチーフにしたマスキングテープやレターセットなどのステショナリーグッズや、アクセサリー、リース、スマホケースもとても人気が高いです。

イラストとして描くなら「透明水彩絵の具」を使うのがおすすめです。上記のイラストのように、柔らかく優しいタッチのイラストに仕上がります。

売れているイラストの特徴④女の子ウケするかわいくガーリーテイスト系

女の子をモチーフにしたガーリー系イラスト。

こういったイラストは10~20代前半くらいの女性に人気があり、年齢層が限られますが、幅広く年齢層を狙うよりもターゲットを絞って売った方がコアなファンを作りやすいので、挑戦してみるのもありです。

売れているイラストの特徴⑤幻想的で美しい、スピリチュアルテイスト系

こちらは意外ですが、こういった幻想的で美しい、スピリチュアルテイスト系のイラストも、一部の層から人気があるようです。

占いや星や月など、ロマンチックでスピリチュアル系なものを好きという女性は多いので、芸術的で本格的な絵を売りたい人は、これらをテーマに描いてみるのもいいと思います。

いかがでしたか?以上5つがminneで売れているイラストの特徴です。どんなイラストを描けばいいか分からないという人は、これらの特徴をよく把握してイラストを制作してみるといいでしょう。

minneでイラストが売れるためのコツとは?

さて、売れているイラストの特徴が理解できたら、続いては「売れるためのコツ」についてもお伝えしていきます。

意外に気づいていない人は多いですが、「イラストさえ良ければ売れるはず」は考えが甘いです。

なぜなら、冒頭でも述べたようにminneは国内最大級のハンドメイドサイトで、今や940万点以上もの作品が出品されています。

日々新作が出品されていくので、気を抜くとあっという間に自分の作品は他の作品と埋もれてしまい、人の目に触れられなくなってしまいます。

ですから作品を数枚出品してお客さんが来るのを待っているようでは、なかなか売れるようにはなりません。

売れるためには、売れるためのコツがいろいろとあるのです。では、そのコツとは一体どういったものか紹介していきます。

価格がリーズナブル

まずは当然といえば当然ですね。イラストが良ければ高くても買うと思ったら大間違い。現実は意外にみんな価格基準で買っている人が多いです。

まずは買ってもらわないことには作品の良さを分かってもらえないわけですから、やはり不本意でも価格は安く、リーズナブルな値段にしましょう。

SNS、ブログなどでも宣伝する

minneでイラストを出品しても売れないのは、単純に「誰も見ていないから」ということも意外に多いです。

それはminneのサイトでは売れている作品やminne独自の分析で選ばれた作家さん達の作品が上位表示されるようになっているからです。

つまり、毎回決まった人しか上位表示されないということです。こうなってしまうと、せっかく作品を出品しても誰にも見られないため、なかなか売れないという結果になってしまうのです。

これらを改善するためには、twitterやInstagramなどのSNSやブログやホームページを立ち上げて、そこでも自分の作品を宣伝することです。

そうすれば、販売ルートの入り口が広がるので、minneだけでなく、SNSやブログから依頼が入る可能性が高まります。

たくさん出品する・コツコツ続ける

今でこそ人気の作家さんでも、当然最初は無名で、全く作品は売れなかったわけです。

しかし諦めずにコツコツ作品を出品し続けていったことで、徐々に売れるようになっていったのです。

現に売れている人のプロフィールページを見ると、たくさんの作品を出品していて、何年も前から活動している場合が多いです。

ですから、少し出品して売れないからといって、すぐに諦めないようにしましょう。

売れるイラストを意識して描く

イラストは自分の好きに自由に描きたいという人はとても多いでしょう。

しかし、売ることを考えるなら、「売れるイラスト」を意識して描くことが重要です。

SNSやブログで宣伝活動もしっかりやって、作品もたくさん出品して、価格も安め。なのに売れない場合は、当然作品自体に原因があります。

それは単純に他人から見て欲しいような魅力的なイラストではないということです。

ここの部分をなかなか気づけないというか、認められない人って意外に多いと思います。

しかし、ここを認められないと、ただの自己満足のイラストになってしまいます。

ですから、売れたいなら、他の売れている人の作品を片っ端から見て、どのようなイラストが売れているのか常にリサーチを怠らないようにしてください。

ある程度リサーチしたら、イラストの描き方や方向性を見直して再度出品します。

それでも売れないようならまた見直して再度出品と、この繰り返しです。

結局、イラストを描くということをビジネスで考えると、こういった作業は必ず必要になってきます。

自分の描きたいように描いた自己満足のイラストがバンバン売れる程甘い世界ではないことを肝に銘じておきましょう。

まとめ

■minneでイラストが売れるようになるためには売り方や描きかを工夫する必要がある

・売れているイラストの特徴をよく把握する

・価格は安めで出品することが基本

・SNSやブログでの宣伝活動も積極的に行う

・少し出品して売れないからといって諦めない

・より多くの作品を出品し、長く続けることが重要

以前、ヤフオクでの手描きイラスト出品についての記事を書きましたが↓

ヤフオクで売れている手描きイラストはコレ!下手でも売れる?

ヤフオクで手描きイラストが1枚10万以上?素人でも売れる理由とは?

ヤフオクではアニメやゲームの美少女キャラの手描きイラストがとても人気が高く、高額で取引されています。

が、当然これをminneで売っても売れません。それはminneでオタク系の人がほとんどいないからです。

このように同じイラストでも売る場所によって全然価値が変わってくるわけですね。

ですから、イラストを売るには、売るための戦略を常に考える必要があるわけです。そう考えると、結構シビアな仕事ですよね。

しかし、ここを乗り越えられないとイラストでお金を稼ぐことが難しいので、イラストで成功したい人はめげずに頑張っていきましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする