メルカリで古本が5冊セット4000円で売れた!高く売るコツとは?

どうもちいままです!今回もまたまたメルカリについての記事です。今、部屋の断捨離中で、ここ最近、要らないものをどんどんメルカリで出品している私。

最近は、押し入れや本棚に大量にある、漫画本やイラストエッセイ本などを出品し始めているのですが、最近、古本5冊セットが4000円と、結構な高額で売れました。

正直、出品したときはこの価格で売れるのか不安だったのですが、出品して数時間で売れてしまいました。

まあ、タイミングが良かったというのもありますが、いろいろ調べてみると、やはり本が高くても売れるのにはそれなりの理由がありました。

ではその理由とは一体なんなのか?今回の記事で詳しく紹介していきたいと思います。メルカリで本を出品してもなかなか売れないという人は是非参考にしてみてください!

スポンサーリンク

メルカリで古本が5冊セット4000円で売れた!

では、早速その高額で売れた本を紹介します。

それはこちら↓

野原広子さんのコミックエッセイ本

離婚してもいいですか?(翔子の場合)

離婚してもいいですか?

ママ友がこわい

娘が学校に行きません

ママ、今日からパートに出ます

の5冊です。

最新刊となる「離婚してもいいですか?(翔子の場合)」は、雑誌レタスクラブで連載されたことで、主婦層からの注目度が高まり、

今現在も「コミックエッセイ劇場」の公式サイトにて、連載されているコミックエッセイ本です。

これまでに全5冊を出版してきた野原広子さんが、一気に知名度を上げるきっかけとなったのがこの本ですね。

私は数年前に出版された「ママ友がこわい」を読んで、面白いと思って、それから野原広子さんの本は全て購入していました。

ただ、どれも何度も読み返したものなので、そろそろいいかなと思い、今回出品することにしました。

すると、出品して1~2時間くらいで購入したいという人が現れ、あっという間にお買い上げ頂きました。

古本が5冊で4000円って、結構高いですよね。1冊およそ800円です。

おそらくこれをBOOKOFFで売ったら、全部で1000円するかどうかだったと思います(どんだけ儲けているのかBOOKOFF!)。

因みに、他に売れた本が

10000人の夢をプロデュースした起業のプロ、新井一著者の「朝晩30分 好きなことで起業する

こちらも400円で販売して翌日に購入されました。

もう一つはこちら↓

こちらも5冊セットですが、売れたのは「金持ち父さん貧乏父さん」のみです。

この本は有名ですから皆さんご存知かと思います。セット売りにしていたのですが、こちらの本のみを購入したいという人がおり、1100円で購入して頂きました。

しかし、計7冊は順調に売れ、売り上げ金にすると・・・

購入金額-手数料10%なので、

5500円(4000円+400円+1100円)-550=4950円

ということで7冊で約5000円近くになりました。

この結果に、メルカリって本も結構高額で売れるなあと思っていたのですが、他の4冊は未だにまだ買い手がつかず、その他にも漫画全巻セットなどを複数出品していますが、こちらもまだ売れ残っている状態です。

当然ですが、やっぱり、何でもかんでも売れるわけではないですね(^_^;)

しかし、今回即売れした本と、なかなか売れない本の結果に、高く売れる本は一体どのようものかが大体つかめてきました。

果たして、メルカリで古本を高く売るコツとは?

次で詳しく解説していきます。

メルカリで古本を高く売る3つのコツとは?

あくまで私個人の観点から分析したものなので、このコツを守れば必ず売れるという保障はありませんが、ただ考えなしに出品するよかは売れる確率は高くなると思いますので、

本をこれから出品しようと思っている人は是非参考にしてみてください。

高く売れるコツ①発売されて間もないもの

最も高く売れる条件の一つとして挙げられるのは、やはり発売されてから、まだ期間があまり経っていないものです。

発売されて間もないものなら単純に、出品している人も少ないので、必然と売れやすくなります。

新品で購入して読んですぐ売れば、定価より100~200円程度値下げした価格でも売れたりします。

今や出品数は11億超えとも言われているメルカリでは、欲しい物は大抵買えますし、何といっても新品と差ほど変わらないものが、通常より安く手に入るので、

みんな何を買うにも、「まずはメルカリで探してから」というのが習慣になりつつあります。

なので、新刊が出ても書店に行かずに、メルカリから買うという人の方が今は多いくらいなんです。

ですから、発売してからなるべく早いタイミングで出品すれば、高い価格でも売れやすいでしょう。

売れれば、手数料や送料を差し引いても、購入代金の半分くらいは戻ってくる計算です。

また、今回私が出品した「離婚してもいいですか?」の本は、現在も漫画が「コミックエッセイ劇場」の公式サイトにて、連載されており、なおかつ人気ランキング5位にも入っています。

「現在も連載中」&「ランキング入りしている」。売るならまさにこのタイミングなわけです。

日本人って特にミーハーな人が多いんで、テレビや雑誌などで宣伝されたものとか、芸能人が愛用しているなどの理由で買う人って多いんですよね。

そこを利用すれば、案外高額でもすんなり売れていくものです。

高く売れるコツ②高くなりすぎないこと

いくら人気度が高く売れやすいといっても、やはり価格が高すぎると売れにくくなるので、あまり欲張りすぎないことが重要です。

しかし、あまり安すぎても、手数料や送料のことを考えると、利益にならないので、「安すぎず高すぎない価格」を設定するようにします。

では、「安すぎず高すぎない価格」とは、実際どのくらいの価格なのか?調べる方法は簡単です。

まずは自分が出品していようとしている本を検索して、左のサイドバーの一番下にある、販売状況の「売り切れ」にチェックを入れます。

すると、自分が出品しようとしている本がどのくらいの金額で落札されているかが把握できます。

そしてここでさらに高い価格順に順番を並べ替えます。

上記の結果を見る限り、一番高い価格で売れているのは、左上の3冊セット4100円のものになりますね。

つまり、この価格でもこの本は売れる可能性が高いということです。

私の場合は、丁度同じ著者の本を他にも持っていたので、5冊セット4000円で出品しました。

3冊4100円でも売れているので、もう少し高く売っても売れるかもしれませんが、先程も述べたように欲張りすぎるといい結果になりません。

メルカリでは毎日新着で商品が出品されているので、なるべく早い段階で売らないと、すぐに自分の出品したページが埋もれてしまい、購入者の目に触れにくくなってしまうので、

高すぎて買い手がなかなか現れなかったりすると、どんどん売れるタイミングを逃してしまいます。

ですから「安すぎず高すぎない価格」を設定すること。これがコツです。

高く売れるコツ③関連本とセット売りする

1冊単品でも売れますが、送料を考えるとセット売りにした方が儲かります。また、セット売りする本も、なるべくならその本の内容と関連する内容のものが良いです。

例えばこちら↓

左の「夫の扶養からぬけだしたい」の本は著者が違いますが、「離婚してもいいですか?」と、夫婦問題の部分において、内容的に似ていることと、

こちらの本も主婦層から注目を浴びていることから、セットにして出品している人が多くいました。

そして、どれもほとんど売り切れています。

私のように同じ著者の本を他にも持っていれば、それを一緒に出品すればいいですが、ない場合は、「この本を読む人はこれも興味ありそう」という本をセットで出品することがおすすめです。

ただ、マッチする本が他にない場合は、単品で出品した方が◎。無理矢理セット売りにしても逆に売れなくなってしまいますからね。

最後に

これまで、古本を売るといえばBOOKOFFが主流でしたが、今はもうフリマアプリで売るのが当たり前のようになってきていますね。

しかも、平均的に、BOOKOFFで買い取ってもらうより、メルカリで出品した方が倍近くの値段で売れるので、BOOKOFFは今打撃を受けているようです。

6年前(2013年)には1000店以上あった店舗も今では815店舗に減少しているそうなので、このままでいくと、存続の危機に追いやられる可能性も否めませんね。

確かに、BOOKOFFの買取価格は安すぎるなと以前から感じていました。

利益を出すためには仕方ないんでしょうが、わざわざ査定しに足を運んで二束三文にしかならないのでは、リピートしたいなと思いませんよね。

今後市場はどのように変わっていくのか注目です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする