メルカリでいいねがたくさんついても売れない原因と5つの対処法!

どうもちいままです!今回もまたメルカリについての記事を書いていきたいと思います。

メルカリで現在出品中の皆さん。こんな悩みを抱えている人はいませんか?

それは「メルカリで商品を出品して、たくさん”いいね”がついているにも関わらず、なかなか売れない」ということ。

「いいね」をつけている人達は、少なからず商品に興味がある、買う気があるはずなのに、なぜか実際はなかなか買ってくれないことが多いんですよね。

これでは、いいねがいくらついたって喜べるものではないですよね。では、こういった場合、どうすれば売れるようになるのか?

今回はメルカリで商品がよく売れている出品者らのテクをもとに、売れるための対処法についてまとめてみましたので、是非参考にしてみてください!

スポンサーリンク

メルカリでいいねがたくさんついても売れない原因とは?

自分の出品した商品に「いいね」がつくってやっぱり嬉しいですよね。「もしかして買ってもらえるかも?」という期待が高まりますから。

しかし、いいねはどんどん増えるものの、購入どころか、コメントすら入らないまま、どんどん日にちが経過していく・・・。

こうなると、出品者側は不安になりますね。「何で、いいねはつくのに誰も買ってくれないの?」と焦り出します。

では、いいねがついても買ってくれない原因って一体なんなんでしょうか?

購入者側のその意図について調べてみたところ、いいねを付ける意味は、あくまで「品定め」の意味が強いようです。

メルカリでは毎日新着で商品が出品されており、同じ商品でも、値段が違うもの、商品状態が違うものがたくさん出品されています。

そうなると、購入者にとっては「どれを買うのが一番お得か?」ということが最も重要ですから、例え、お目当ての商品が見つかっても、

「待っていればもしかしたら、後からもっと安く出品する人がいるかもしれない」とか「この出品者は待っていれば値下げするかもしれない」などの理由から、

いいねをつけても、なかなか買わない人が多いようです。

特に、競合の高い商品ならなおさらですね。

同じ商品での出品がたくさんある場合、購入者は「最も安いもの」や「まとめ売りされているもの」など、条件がいいものを選ぶのが普通ですから、

いいねをつけてもらえても、他に自分よりも安く出品している人や即日発送などの条件でやっている人がいれば、あっさりそちらから購入されてしまいます。

ですから、いいねがついても、買ってもらえる可能性はそんなに期待できないと思っていいでしょう。

あと、単純に「お給料が入ってから」買おうと思っている人も多いでしょうから、そういうときは25日以降や月末のタイミングを狙って出品するのも一つの手だと思います。

また、売れないもう一つの原因として挙げられるのが「メルカリチャンネル」の存在です。

メルカリチャンネルとはメルカリの商品をライブ配信を通して、ユーザー同士が商品を売ったり買ったりすることができるメルカリのライブフリマ機能のことですが、

選ばれた人しか配信できないシステムとなっており(評価や売り上げ金が高い人など)、一度配信権限を貰うと、何度も配信できるようになっているようです。

メルカリチャンネルの方が動画で商品の良さを分かりやすく配信できるので、個人で写真を載せて売るよりも、はるかに売れ行きが良いとされています。

おかげで、メルカリで普通に出品している人は売れにくくなってしまったようです。

選ばれた人しかライブ配信できなことも、同じ人ばかりからしか商品が売れないということでもあり、ある一定層が、メルカリの購入者を独り占めしている状態になってしまったわけです。

しかし、このメルカリチャンネルは今年2019年7月8日を持って終了することになりました。

なぜ終了することになったのか明確には分かりませんが、単純に考えてメルカリ側にとって赤字だったということでしょうね。

でも、これはメルカリ出品者にとっては朗報ですね。メルカリチャンネルが廃止されたことにより、確実に売れやすくなることは間違いないでしょう。

利用者数もどんどん増えていますし、これから回復してくれることを祈るばかりです。

因みにですが・・・

いいねすらつかない商品は、単純に需要がない、あるいは高すぎるということなので、価格を下げたり、セット売りにしたりなど、商品出品条件自体を改善する必要があります。

見ていると、新品との差額があまりない価格で売っている商品は、どんなにキレイな状態であっても売れ残っていることが多いです。

数百円安くなったくらいじゃ見向きもされないということですね。

人気商品じゃない限り、例え新品・未使用であっても、半額くらいは安くする覚悟でないと売れないと思っていいでしょう。

このように、いいねがつくことは、少なからず「買ってくれる可能性」はあるものの、購入者は「とりあえずキープ」くらいにしか思っておらず、何の気なしにつけている人も多いです。

では、どうやったら、「いいねがつくだけ」の状態から「買ってもらえる」状態になるのでしょうか?

次でその方法について紹介していきたいと思います。

いいねがついても売れないときの対処法①再出品してみる

メルカリでは商品が毎日四六時中出品されているわけですから、せっかく新着で出品しても、日が経つにつれて自分の出品した商品はどんどん埋もれてしまい、ユーザーの目に触れられなくなってしまいます。

そうなれば、なかなか売れなくなるのは当然ですね。

そこでおすすめなのは「商品を改めて再出品する」ということです。再出品とは、今出品している商品を一端削除して、新たに商品ページを作り直すということです(新しいページを作ってから削除してもOK)。

既にある商品ページを編集するだけでは、新たに上位表示されませんが、同じ商品でも、新たに出品することで、上位に表示されるようになります。

前回は売れなかったとしても、再出品することですんなり売れたりすることは多いようですので、待っても待っても売れない人は是非実践してみてください。

いいねがついても売れないときの対処法②少しずつ値下げしてみる

いいねがついてもなかなか売れない原因は、単純に「価格が高い」ことが理由である場合が多いです。

ならば対処法は1つ。値下げをすることです。

基本的にメルカリで買う人は、とにかく安く手に入れたい人たちですから、値下げするこで、すぐに売れるパターンは非常に多いです。

特にいいねをつけてくれた人達には値下げ通知が届くようになっているので、値下げされた途端「よっしゃ!待ってました!」と言わんばかりに即落札してくれる可能性は高いでしょう。

ただ、ここで問題なのは「値下げしすぎるとこちらが損してしまう」ということです。

いくら不用品とはいえ、中には新品・未使用に近いものを売る際は、やはりそれなりの価格をつけて売りたいもの。

しかし、高いと売れないので、出品者側も考えて低価格で出品するわけです。

ところが、だいぶ安くしているにも関わらず、さらに値下げを要求するユーザーが多くいます。

「いやいや、既に破格で売っているのに、これ以上値下げできんわ!!」とこっちもイラっとしますよね。

でも、メルカリの現状はこうなんです。以前もメルカリのトラブルについての記事を書きましたが↓

メルカリトラブルみんなの体験談!驚くほど呆れた嫌がらせの数々。

メルカリユーザーはマナーのなっていない人も多いですから、新品商品であっても3分の1まで値切ろうとするユーザーもいたりします。

とにかく安く手に入れたい人が多いわけですね。

ですから、売れない時は商品を安くするしかないわけですが、安くしすぎてもこちらが損してしまうので、

そんなときは値下げは少しずつするようにしてみましょう。

最初から安しすぎず、かといって高すぎても売れないので、他の出品価格も見て、中間くらいの値段設定をしておきます。

それでいいねがつけば、購入者の反応はまずまずなので、そこからある程度時間をおいて様子をみます。

もし誰もこないようなら、少し値下げをします。値下げをするタイミングは1~2週間置きくらいがいいでしょう。

あまり、値下げばかりしていても、逆に「もっと安くなるまで待った方がいい」と思われ、購入されづらくなってしまうので、ある程度の時間を置いてからが◎。

いいねがついても売れないときの対処法③商品ページやプロフィール欄を工夫する

商品自体は悪くないのに、売れないのは、出品ページが埋もれている、値段が高い以外にもまだ理由があります。

それは、商品ページやプロフィール欄がしっかり作られていないことです。

「どの人から買うのが一番良いか」ということをユーザーは常に考えていて、それを判断するために見られるのが商品ページやプロフィール欄です。

では、購入者は具体的にどういったところを重点的に見ているのか、そのポイントを紹介します。

商品写真

お店なら実物を見て判断できますが、オンラインでは写真でしか、商品状態を確認することができません。

従って、商品写真は買う決め手となる重要な判断材料になるわけです。購入されやすくするためには

画質が鮮明でキレイであること

サイズは大きめ

枚数はなるべくたくさん(最大で10枚まで)

が重要です。

ですから、暗かったり小さすぎて見づらいものや、枚数が少ないものは購入されづらいので、そうなってしまっている人は、改めて写真をキレイに撮り直して出品することをおすすめします。

評価・評価数

評価・評価数も重要なポイントですね。メルカリではマナーのなっていない出品者もたくさんいますから、購入する際に安全に取引するためにも、どのような評価が付いているかを購入者は重点的に見ています。

例え商品がきちんとしたものであっても、いい加減に対応していたり、連絡のやり取りが遅かったりすると、時として購入者から低評価を受けてしまうことがあります。

1つでも「普通」や「悪い」が付いていると、印象はかなり悪くなってしまうので、日頃からユーザーとのやり取りには十分気を付けて、低評価を受けないようにすることも重要です。

また、まだ評価数の少ない人も、購入されにくい傾向にあるので、その場合は、まずは安く商品を売るところから始めて、評価数を溜めるということも大切です。

発送にかかる日数・配送方法

意外に重要なのが、発送にかかる日数や配送方法です。購入者はお金を出して商品を買っているわけですから、「どのくらいで商品が届くのか」「どの方法で配送するのか」ということを重視して購入している人は多いです。

なかなか商品が届かないと、やはり不安になりますし、すぐに欲しいと思っているのに、発送に1週間もかかってしまうのでは、購入する気も失せてしまうというもの。

ですから、発送目安は1~2日と最短を設定しておくことがポイントです。また、配送方法も明確にしておきましょう。

それだけでも購入者の購買意欲はまるで変わります。

返品・返金の有無

メルカリでは、購入した商品が説明されていたのと違うという理由から、購入者から返品・返金を要求されるケースも少なくありません。

このトラブルを避けるために「返品・返金不可」「ノンクレーム・ノンリターン」と記載している出品者がいますが、

これは言うなれば、「商品を買った後の責任は取りません」と公言しているようなもので、購入者にとって一番不安を煽るフレーズです。

そもそもメルカリでは、このフレーズは規約違反にあたるので、記載はNGです。

特に高価なものの場合、このようなフレーズを記載しいていると、購入を避けられてしまう可能性が高いので、記載しないように十分注意しましょう。

出品商品のジャンル

よく、洋服でも家電でも、本でもおもちゃでも家にある不用品をオールジャンル出品している人がいますが、出品商品のジャンルがバラバラだとファンがつきにくく、売れづらくなってしまいます。

なので、服なら服、子供用品なら子供用品で出品商品に専門性を持たせた方が、リピートして買ってくれるユーザーがつきやすいので売れやすくなります。

プロフィール欄

フォロワーやリピートユーザーが増えると、プロフィール欄などもチェックするユーザーが多くなるので、ここに発送方法や、返信できる時間帯、値引き交渉は可能かどうかなどを事細かく記載しておくと、さらに売れやすくなります。

また、初めて商品を購入するユーザーの場合、プロフィール欄までわざわざ見ない人も多いので、ハンドルネームの後に「購入前にプロフィール必読やコメント必須」などのフレーズを添えると、見れくれる確率が高くなるのでおすすめです。

売れている人は商品ページやプロフィール欄を丁寧に作り込んでいる人が多いです。やはり、お金を出して買ってもらうのですから、

少しでも信頼度が増すように、こういったところも工夫しなければなりません。

これまで適当に作っていた人は、改めて作り直してみましょう!

いいねがついても売れないときの対処法④フォロワーを増やす・SNSで宣伝する

メルカリ内でただ商品を出品していくだけでなく、フォローを増やしたり、Twitterやインスタなどでも商品を拡散していくといいでしょう。

出品した商品に興味のありそうなユーザーに商品を宣伝することです。やはり売れている人は、フォロワーの数が多いですし、SNSでも積極的に宣伝しています。

フォローを増やすには、まずは自分からどんどんフォローをすることが必要です。そうすればフォロバしてくれるユーザーは沢山います。

ただし、ここで重要なのは「フォロバが欲しいからといって闇雲に相手をフォローしないこと」です。

むやみにフォロワーを増やしても意味がありませんから、自分が本当にいいと思っている商品のみをフォローすることにしましょう。

それと、インスタで商品を紹介する場合は、投稿やコメントでURLを書いてもリンクにならず、メルカリの商品ページに跳ぶことはできないので、

インスタのプロフィール欄に、メルカリの商品ページのURLを載せましょう。

ただし、インスタで購入者を決めたり取引することは違反になるので、URLを貼るだけにしておきましょう。

ただ、あくまでこれらの方法が通用するのは「みんなが欲しがるような魅力的な商品をたくさん出品している」に限ります。

大して商品の数もなければ、需要のない不人気商品ばかりでは、せっかくフォロワーを増やしても、SNSで宣伝しても、ユーザーはがっかりするだけです。

ですから、これらの方法は、出品できる商品がたくさんある人限定ですね。

いいねがついても売れないときの対処法⑤売れるまで気長に待つ

最後は、売れるまで待つという、最も王道な対処法です。

結局、売れるか売れないかは、タイミングの問題もあるので、どんなに価格を値下げしても、再出品しても、売れないときは売れないですし、

高くても、ものの数時間で売れてしまうこともあったりで、そのときによって売れ行きは全然違ったりします。

上記で紹介した対処法を実行しても売れないときは、あとは放置して、売れるのを待ちましょう。

売れないと嘆く人に限って、出品してから日数がそんなに経っていなことが多いものです。

タイミングが良ければ数時間、数日で売れることもありますが、大抵は1~2週間くらいかかることが多いです。

1ヵ月くらいして、意外と忘れた頃にひょっこり売れることもあるので、下手に手を加えず、気長に待つというのも重要です。

最後に

いかがでしたか?メルカリで出品してもなかなか売れない人は、今回の記事で紹介した対処法を是非実践してみてくださいね!

少しの工夫で、今までなかなか売れなかった商品が、あっさり売れることはよくあること。焦らず気長に売っていきましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする