メルカリで万引き商品が出品されていた?そろそろサービス終了か。

どうもちいままです!先日もメルカリで1万円以上する高額商品が売れたばかりの我が家。

今回のは大型商品だったため、売れてくれたおかげで家の中がスッキリして良かったのですが・・・。

ここ最近、ツイッターで衝撃の投稿を目にしました。それが「メルカリで万引き商品が出品されていた」ということです・・・。

マジですか・・・。これはさすがにやばいレベルですよね。

定価よりもぼったくって商品を売っているのはよく目にしますが、さすがに正規のルートから入手したものでないものを売るのは犯罪行為でしょ・・・。

これがホントなら真面目にメルカリ存続の危機だと思うのですが、一体どうなっているのかメルカリ!

スポンサーリンク

メルカリで万引き商品が出品されていた?

まず、今年2019年8月6日に投稿されていたツイートがこちらです↓

ブロックされたってことは、図星だったってことですよね。

因みにこの「販売愚痴アカ」さんは、はっきり職業名は明かしてませんが、他の投稿内容から察するに、おそらく洋服屋さんの販売員だと思われます。

ということは万引きされたのは、衣類系ですよね。メルカリで衣類系は一人で何百点と出品している人が多いですが、もしかしてその中に万引きして手に入れたものが混ざっている可能性もあるってことですよね。

恐ろしすぎます・・。

万引きされた商品とは知らずに買ったこっちは、犯罪に加担してるも同然ですからね。

結局、この投稿をした「販売愚痴アカ」さんは、メルカリには通報していないようですが、同じように万引き商品を売っている人を見つけたという人が他にもいて、その人はメルカリに通報したらしいのですが・・・

なんとメルカリ側は無視。何の連絡もこなかったそうです。

こういう対応されると「もしかして分かってて見逃してるの?」って不信感が湧きますよね。それでなくてもメルカリは何かとトラブルが多いですし。

私自身、出品者として何かと利用しているメルカリですが↓

ここ最近「そろそろサービス終了するのではないか?」と予感し始めています。

それは、今回の万引きに限らず、おかしなところが何かと多いからです。

急にログインできなくなった?問合せフォームもない?

実はここ最近、メルカリのPC画面から一切ログインできなくなるという事態が起きています(現在進行形)。

スマホからは問題なくログインできるのですが、PCの方だけログインできなくなったのです。

このことをメルカリに問い合わせようとしたんですが、問合せフォームも見つかりません。

スマホからはできるんですがね。

この原因はなんなのか、検索して調べてみると、私と同じようにPCからのログインができないという人は前々から多かったようです。

どうやって解決すればいいのか調べたところ、ある程度期間を置くとログインできるようになるとの答えを見つけました。

どうやら不具合ではなく、メルカリ側が利用制限をかけているようです。

しかし、なぜ利用制限をかけられているのか疑問ですよね。

特に規約違反した覚えはありませんし、ここ最近も、たて続けに商品は売れています。

しかし、調べていくうちに浮かび上がったきたのが「振込先の口座変更」です。

どうやら、振込先を変更するとWeb版が一時的に利用できなくなるようです。

確かにここ最近、振込先口座をゆうちょから別の銀行に変更しました。その方が振り込まれるまでの期間が早かったので。

その代償にログインできなくなってしまったのか・・・。

いずれにせよ、口座変更でログインできなくなるというのも意味が分かりませんよね。

中にはキャッシュを削除したり、別のブラウザからアクセスすればログインできるとの答えもありましたが、

面倒ですし、しばらくは出品する予定はないので、とりあえずは保留です。

しかしながら、こういったことも、私達利用者にとっては、とてもマイナスポイントですよね。

使いたい時にすぐに使えないっていうのは、非常に不便です。

しかも、何年も前からこういったトラブルはあるらしいので、不信感が募るばかりです。

こういった点もメルカリに対する不安要素の一つです。

定価よりも高く売られていることなんてザラ

気づいている人も多いと思いますが、新品・未使用品の商品に限って、他サイトで値段を調べてみると、さほど変わらなかったり、あるいはそれ以上の値段で売っていることが多々あります。

「安いと言えばメルカリ」という先入観があるので、安いと思い込んで買ったりすると、Amazonや楽天の方が安かったりすることがあります。

しかもAmazonや楽天で買った方がポイント還元があるので、万が一メルカリで高く買ってしまったら完璧に損していることになりますよね。

定価よりも高く売っているのは大抵、転売屋の人。

酷いときはメルカリで安く値切って買った商品を、その倍以上の値段で再度メルカリで売る人もいますからね。

ここ最近も定価以上の値段で売っている商品を発見しました。それがダイソーのピーターラビットの食器。

今、ダイソーキャンペーンシールを集めると、ピーターラビットの食器が安く買えるようになっています。

私も集めて、食器をGETしました。

上記↑の記事で、ダイソーキャンペーンシールをメルカリで売るとお小遣い稼ぎになるという記事を書いたんですが、実際シールを集めてGETした商品をそのままメルカリで売る人もたくさんいます。

しかし、その値段を見てみると↓

実際に税込みでこの2つのお皿を買うと2808円ですが(1枚1404円なので)、なんと出品価格は3000円。

定価よりも高いですやん・・・・。

まあ、この人の儲け分なんでしょうが、これ、実際にシールを集めて買ったんだとすると、1枚324円ですからね。2枚で648円で手に入れたってことです。

とすると儲けは3000‐648=2352円。

そこからメルカリ手数料300円、配送料800円くらいだとすれば、

2352‐(300+800)=1252円になります。

しかし、一方でこんなに安く出品している人もいます↓

このシール台紙1枚あれば、通常価格1404円(税込み)のお皿が324円(税込み)で買えるんです。

先程の人が出品していたのは、お皿2枚で3000円ですから、1枚1500円で販売していることになります。約5倍は違いますよね。

まあ、このピーターラビットの食器がどこにも出回っていないレアものなら、この値段でも納得できますが、

シール台紙なら、今腐るほど出品されているので、こんなに安価で買えるものを、わざわざ5倍の値段を出して買うのは大損です。

ちょっと調べれば分かることなんですが、案外知らずに、ホイホイ買ってしまう人は多いです。

皆さんも、よく調べないうちから簡単に買ってしまわないように注意してくださいね。

実は赤字続き?そろそろサービス終了の予感

今や国内最大級と言われるまでに成長したメルカリ。

しかし実際は赤字続きで、ここ最近のニュースで今年6月までの1年間の決算で最終的な赤字が137億円と、前の年の2倍近くに広がっているそうです。

これは広告宣伝費や、海外への先行投資で決算上赤字になっているだけで、メルカリ事業自体は過去の資金調達により約1,000億円のキャッシュがあるので、むしろ儲かっているとのこと。

しかし、よくよく調べてみると、年間の決算での最終赤字は7年連続らしいですね。

先を見越しての投資なのは分かりますが、ホントに挽回できるのか、怪しくなってきている気がします。

上記でも述べましたが、万引きした商品を売っていたり、メルカリ内で高額転売している出品者達も野放し状態ですし、

手数料も高いですし、急にログインできなくなって利用制限かけられたり、何かと問題が多いですからね。思い当たるところがいっぱいありますよね。

しかも、気になるのは、去年の8月頃に、少しでも規約違反に触れそうな利用者らに対して、問答無用で無期限利用制限(強制退会)を仕掛けて、売り上げ金を没収していたという事実です。

30万以上とか、売上金がかなり貯まっていた人も突然無期限利用制限を食らったようで、赤字分を回収するためにメルカリ側が仕掛けたのではないかと騒がれていました。

メルカリは、それでなくても、商品買取サービスの「メルカリNOW」、自転車シェアリングの「メルチャリ」、旅行のブログなどをシェアする「メルトリップ」、

個人のスキルシェア「teacha(ティーチャ)」、ライブ配信を通してユーザー同士が商品を売買する「メルカリチャンネル」などなど、

新事業を始めてはすぐに撤退を繰り返しています。

これでは「メルカリ」の方もいつ同じ二の舞になるか分かりませんよね。

被害に遭う前に、売るものはさっさと売って、メルカリから手を引いた方が賢明かもしれませんね。

最後に

まあ、勿論、すぐに終了するということはないでしょうが、個人的には、このまま利用し続けたら、いつかとんでもない被害に巻き込まれるのではないかと嫌な予感がしています。

とりあえず我が家では、売りたい物は売り切ったので、暫くは利用しないでしょう(購入者としては利用すると思いますが)。

もし、出品したい商品がまだまだある人は、売れて売上金が入ったら、なるべく早く振込申請をして、その都度引き出した方がいいと思います。

ある程度貯まってから申請すると、またメルカリ側からいろいろ難癖をつけられて、無期限利用制限を掛けられる可能性だってないとは言えないですからね。

勿論、必ずそうなるとは限りませんが、何せ新事業を立ち上げてはすぐ辞めていますし、7年連続で赤字を出しているというのも不安でしかありません。

4~5年後には挽回する予定みたいなこと言っているようですが、あくまで予定ですから。先はどうなるか分かりません。

現在メルカリで出品している人は、被害者にならないように、くれぐれも注意してくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする