漫画アフィリエイトで月収10万稼ぐ方法とコツ!おすすめASPも!

どうもちいままです!今回は前回に引き続き、漫画アフィリエイトについて詳しく紹介していきたいと思います。

前回では漫画アフィリエイトで稼げない人の原因についてお伝えしましたが↓

漫画アフィリエイトで稼げない人の3つの原因。人気漫画は紹介しちゃダメ!

今回の記事では、漫画アフィリエイトで稼ぐ方法とコツについてお伝えしていきます。

ライバルが多くて稼げないと言われる漫画アフィリエイトですが、正しやり方とコツさえ知っていれば月収10万以上稼ぐことも夢ではありません。

もし、漫画好きで、漫画アフィリエイトに参入して稼ぎたいと思っている人は是非参考にしてみてください!

スポンサーリンク

漫画アフィリエイトで稼ぐ仕組みとは?

漫画アフィリエイトで稼ぐ方法やコツを解説する前に、アフィリエイトで稼ぐ仕組みについてざっくり説明します。

まず、アフィリエイトで稼ぐには、自分のブログにGoogleアドセンスの広告やASPのリンクを張る必要があります。

そしてそれらの広告やASPのリンクをブログに訪れたユーザーがクリックして、そこから商品を買ったり、サービスに申し込んだりすると、売り上げの一部が報酬として支払われるようになっています。これがアフィリエイトで稼ぐ仕組みです。

漫画アフィリエイトも取り扱うジャンルが漫画というだけで、基本の稼ぐ仕組みは通常のアフィリエイトと同じです。

漫画アフィリエイトの場合、報酬源は主に以下の2パターンがあります。

①自分のブログ経由で漫画を購入してもらう

おそらく、多くの人が実践しているのがこちらの方法ですね。まず、自分の紹介したい漫画の感想やあらすじを記事に書きます。

そして、記事の最後に、その漫画の販売ページのリンクを張って「ご購入はこちらから」と誘導します。

そこでブログに訪れたユーザーが、そのリンク経由で漫画を購入すると、購入金額の一部がブログ運営者に支払われるようになっています。

例えばAmazonのリンクなら、紙版のコミックスが売れた場合、購入金額の3%、電子書籍版のkindle本なら8%が報酬として受け取ることができます。

具体的に例にしてみると・・・

1冊450円のコミックスが売れたら、450×0.03=13.5円。kindle本なら450×0.08=36円の報酬となります。

②自分のブログ経由で電子コミックサイトに会員登録してもらう

もう一つの方法は、電子コミックサイトの会員になってもらうというものです。

電子書籍の場合、月額読み放題や無料試し読みなどのサービスが充実しており、普通に漫画を買うよりもお得に漫画を読むことができます。

月額で料金が発生してしまうとなると、ハードルが高くなりますが、会員になることで、どんなメリットがあるかをアピールして誘導すれば成約に繫がりやすくなります。

しかもこちらの会員登録はアフィリエイト報酬が高額です。

会員登録は1件成約すれば2000~3000円前後にもなるので、漫画を購入してもらうよりも効率的に稼ぐことができます。

報酬額は、登録するASPによっても変わってくるので、より高い報酬額のところを選択することが大きく稼ぐ上で重要なポイントです。

以上2パターンが漫画アフィリエイトでの報酬源になります。

漫画アフィリエイトで稼げない人は、おそらく紹介した漫画のリンクをただ張ってることが多いので、何十冊、何百冊売れても報酬は微々たるものになってしまいます。

今は紙版の漫画よりも、スマホ一つでいつでもどこでも読める電子版の方が需要が高いので、大きく稼ぐなら電子コミックサイトの会員登録を中心に狙って行った方が良いでしょう。

漫画アフィリエイトで稼ぐ前にASPについて理解しよう

さて、漫画アフィリエイトで稼ぐ仕組みについてはご理解頂けたと思いますが、もう一つ理解して頂きたいことがあります。

それは先程もチラッと出てきた「ASP」について。

ASPは漫画アフィリエイトで稼ぐ上で、なくてはならない超重要な存在ですが、中にはASPについてよく分かってない人も多いと思うので、ここで詳しく説明していきたいと思います。

ASPとは?

まず・・・ASPとはアフィリエイトサービスプロバイダーの略で、簡単に言うと、広告主とアフィリエイターの仲介者です。

電子コミックサイト側(広告主)は少しでも利益を上げるために会員者数を増やしたいと思っているわけですが、集客して会員者を集めるには手間もお金もかかってしまいます。

そこで必要になってくるのが、代わりに会員を集めてくれるアフィリエイター(ブログ運営者)の存在。

アフィリエイターが広告主に代わって自分のブログで電子コミックサイトの広告を掲載し、ユーザーを会員登録するように誘導します。

これで広告主は楽に会員を獲得でき、アフィリエイターは成約数に応じた報酬額を受け取ることができるというわけです。

ただし、広告主とアフィリエイターが直接やり取りをするのではなく、間にASPを介入させてやり取りする仕組みとなっており、広告主も私達アフィリエイターも、まずはこのASPに登録をする必要があります。

ASPで報酬を受け取るまでの手順

ではASPで報酬を受け取るまでの一連の手順を紹介します。

①広告主、アフィリエイターそれぞれASPに登録(登録には審査に合格する必要があります)

②広告主が広告料を払ってASPに「うちのサイトの会員を集めてくれ」と広告掲載を依頼

③ASPが広告主から掲載依頼された広告をアフィリエイターに提供

④アフィリエイターはASPの提供する広告を自分のブログに掲載

⑤ブログ経由でユーザーが会員登録

⑥ASPからアフィリエイターに報酬が支払われる

こんな感じです。間にASPが入ることによって、手間やトラブルがなく、安心してやり取りができるようになっています。

ASP報酬タイプ

肝心の報酬ですが、登録したASPごとに得られる報酬のタイプもそれぞれ異なり、支払い形式を大きく分けると「現金払い」「ポイント支払い」「現金・ギフト券・ポイントのいずれかの支払い方法から選択」の3つがあります。

例えば楽天。楽天の場合、「楽天スーパーポイント」での支払いが基本となっており、現金払いをするには、3か月連続で月間5,000ポイント以上の成果報酬を上げなければならないという条件があります。

取り扱い商品や知名度的には抜群である楽天ですが、漫画においての報酬額は3%とかなり低いので、漫画アフィリエイトのASPに楽天はあまりおすすめしませんね(^_^;)

因みにAmazonでも「ギフト券」での支払いが選択できますが、トータル成果報酬額が5000円以上になれば、現金支払いが可能となるので、楽天のようになややこしいシステムはありません。

その他のASPでもポイントや電子マネーでのお支払いとなっているところもありますが、あくまで選択肢の一つなので、基本は現金払いが可能となっています。

ASPの数

ASPは国内だけでも30社以上存在しており、登録されている広告主の数や、取り扱っている案件数、得意とするジャンルなど、それぞれ異なります。

また、同じ商品であってもASPによって報酬単価が異なる場合があり、A社の報酬単価が1000円なのに対し、B社では2000円など、単価額に大きな差が出るので、登録するASPは報酬単価をよく比較して選ぶことが重要です。

また、ASPは1社に絞らず複数登録して、「この漫画はこのASPの広告」といった具合に使い分けるといいでしょう。

以上がASPについての解説です。

ASPについては漫画アフィリエイトを始める前にしっかりと理解しておきましょう。

漫画アフィリエイトで稼ぐ手順とコツ①紹介する漫画を決める

では続いては、具体的に漫画アフィリエイトで稼ぐ手順について解説していきます。

最初に行うのは、ブログで紹介する漫画を決めることです。

よくありがちなのが、何十年も前の古い漫画だったり、誰もが知っている人気漫画を紹介してしまうこと(ONE PIECEや進撃の巨人、弱虫ペダルなど)ですが、

人気漫画は既に強力なライバルのブログがたくさん上位を占めているので、後発組がこれらのブログに打ち勝つのはまず難しいです。

また、古い漫画に関しても、昔は人気はあった漫画だったとしても、既に連載が終了してしまったものは検索する人自体少ないので、こちらも難しいです。

では、どのような漫画がを紹介すれば良いのか?それは主に次の3つに当てはまるものです。

1.【エロ系・グロ系・虐待系・サバイバル系】のジャンルのもの

まず、スマホやパソコンから漫画を購入する人の心理をよく考えてみましょう。

ネット経由での漫画購入は、手軽にすぐ購入できるからというのも理由にありますが、一番は「ネットでしか読めない」というのが大きなポイントです。

つまり、本屋さんなどに置いていないようなマイナーな漫画、あるいは電子書籍版のみしかない漫画ですね。

有名で人気の漫画は当然本屋さんにたくさんあるので、わざわざネットから買ったりはしませんし、例え本屋さんに置いてあっても、

これらのジャンルの漫画を毎回本屋さんのレジに持ってい行って買うのってちょっとためらいますよね(特にエロ系)。

また、本屋さんで買うのは紙版の漫画なので、買った漫画は部屋の本棚にどんどん増えていくことになります。

そうすると、うっかり家族の目に触れることにもなるわけで、益々これらの漫画は堂々と買いにくいわけです。

従ってこういった漫画をブログで紹介すると成約が取りやすくなります。

私達人間って基本ネガティブで欲求を抱えている生き物なので、実はこういったジャンルの漫画は、内心興味をとてもそそられるものなんですよね。

でも、周りの目が気になるので、スマホで購入してこっそり読むという人が多いんです。

ですから、そういった人間の心理を狙って、これらのジャンルを紹介していくのが有効なんです。

2.新刊・アニメ化や実写化予定のもの

こちらも重要です。選ぶ漫画は基本は新しいものを選びましょう。ライバルが少ないので勝てる余地が高いです。

目安としては単行本が出て1~2巻くらいのものがおすすめで、まだ知名度は低いけど、じわじわと人気が上がり始めているものがいいですね。

自分の目利きで「この漫画はこれから人気出そう」と思うものに目星を付けて紹介していくのも良いでしょう。

後々人気が出れば、既に仕込んでおいた記事はライバルをごぼう抜きして上位表示されるようになります。

また、アニメ化や実写化予定のものを選ぶもの◎。放送前や公開前に記事にしていくのがポイントです。

メディア化することで一気に注目が集まり、漫画に興味がないという人でもファンになってくれる可能性が高まります。

スマホが普及してテレビ離れが進んでいると言っても、やはりテレビの影響力はまだまだ強いです。

3.人気ランキングに入っているもの

電子コミックサイトにはそのサイト内で人気の漫画が分かるように「人気ランキング」が見られるようになっています。

当然ですが、ランキングの漫画はユーザーから読まれている人気の漫画なので、成約に繫がりやすい傾向にあります。

週間、月間ランキングを常にチェックして、上位に食い込んでいるものを紹介しましょう。

漫画アフィリエイトで稼ぐ手順とコツ②漫画を紹介する記事を書く

続いては漫画紹介記事の書き方についてです。

よく見かけるのが、漫画の内容・あらすじをただズラズラ書いてるだけの記事。いわゆる「ネタバレ」ですね。

記事タイトルもおそらく「○○(漫画名)○巻ネタバレ・感想!」となっていると思います。

しかし、このような記事タイトル、書き方では成約にはつながりにくいです。

なぜなら、そのような内容にしてしまうと「漫画の内容をただ知りたい人」が多く集まってしまい、漫画購入や会員登録までしてくれる可能性が低いからです。

特に、最初から最後まで全部ネタバレを書いてるような記事は、それだけ読んでユーザーが満足してしまい、そのままブログを去ってしまうパターンが多いです。

そうならないためには、

ネタバレしすぎないこと

自分の意見や感想をふんだんに盛り込んでその漫画の魅力を伝えるようにすること

続きが読みたくなるように、肝心の部分は伏せておくこと

などがポイントです。

目的は漫画購入や、会員登録なわけですから、全部ネタバレして、ユーザーを満足させてはダメなんですね。

また、アフィリエイトリンクを張るときは、基本的にテキストリンク(文字のみ)にすることが重要です。

画像入りのものを使ってしまうと、いかにも広告という感じが出てしまい、敬遠されてしまうことが多いです。

そしてアフィリエイトリンクに誘導するときは、「さりげなく」がポイント。

「絶対おすすめです!」「お得です!」「今すぐ登録しましょう!」などとあおってしまうと、怪しんでクリックしてくれなくなるので、あくまで一言「登録はこちらから↓」といった具合でさりげなくが重要です。

因みに、記事は自分で実際に漫画を読んで書くのが一番ですが、いちいち読むのは大変なので、そういうときは外注化してしまうのがおすすめです。

外注さんに漫画の魅力、見どころを存分に書いてもらい、後は自分で編集して投稿する。この流れが良いでしょう。

そうすれば、自分で読まなくても、いろいろなジャンルの漫画の紹介記事を短時間でたくさん書くことができます。

漫画アフィリエイトで稼ぐ手順とコツ③ASPに登録する

最後はASP登録について。先ほども述べたように国内のASPの数は30社以上あり、それぞれ得意分野、報酬額は異なります。

当然、得意分野が漫画やアニメ、加えて報酬額が高く設定されているところを選ぶことが重要です。

分析した結果、漫画アフィリエイトでおすすめのASPは以下の3社があがりました↓

Link-A(リンクエー)

漫画・アニメ案件が豊富で報酬率が高いのが魅力です。漫画アフィリエイトをやるなら必ず押さえておきたいASP。

特にebookjapanは漫画購入だけで3778円もの報酬額になるので、新規で月3件成約されるだけで1万超えてしまいます。

少ない労力で高額を稼ぎたいならebookjapanのみでブログを構築するのもありですね。

まんが王国

メインジャンル:女性向け・虐待系・アダルト系

報酬額:有料会員登録で2550円

ブック放題

メインジャンル:女性向けの漫画や雑誌

報酬額:有料会員登録で950円

ebookjapan

メインジャンル:少年・少女漫画

報酬額:新規購入で3778円

A8.net

国内最大級のASP。取り扱っている案件数はASPの中で断トツです。他のASPと比べて登録時のブログ審査がなく無料登録で始められるので、まず1番最初に登録したいのがこのASPです。

楽天やAmazonなどの有名広告主も多く参加していて、メジャーな商品が多いので、購入されやすいというメリットがあります。

漫画に関しての案件も豊富で、特に報酬率が高いものが以下の通りです。

ebookjapan

メインジャンル:少年・少女漫画

報酬額:新規購入で2455円

DMM電子書籍

メインジャンル:アダルト

報酬額:新規購入で1200円

Reader Store

メインジャンル:少年・少女漫画

報酬額:新規購入で1200円

ロマンスライブ

メインジャンル:女性向け

報酬額:購入額の10%

Link-Aと比べると、報酬額は低いものの、案件数は豊富で、Link-Aにはない案件もたくさん取り扱われています。

因みに、A8.netは本人OKの案件も多いので、A8.net経由で漫画を購入したり、会員登録したりして、お得に活用することもできます。

アクセストレード

主に金融系やゲーム系を多く扱っているASPですが、他にはない漫画案件も複数扱っています。メジャーなものよりニッチでマイナーな漫画が多いので、成約されやすいという利点があります。

コミックチャンプ

メインジャンル:少年・少女漫画

報酬額:登録1810円~

漫画全巻ドットコム

メインジャンル:少年・少女漫画

報酬額:購入額の10%(電子書籍)

全巻漫画.com

メインジャンル:少年・少女漫画

報酬額:売上7.62%

この他にも、「コミなび」「COCORO BOOKS」「スキマ」など、アクセストレードだけで扱っている案件もあります。

特にスキマは、会員登録なし・無料で2万冊以上の漫画が読めるのが売りなので、ここを活用して、無料で読める漫画⇒有料会員へ誘導するのも良いでしょう。

アドセンス・楽天・Amazonはどうなの?

さて、漫画アフィリエイトでおすすめASPを紹介したわけですが、上記以外にもアドセンス・楽天・Amazon広告などがありますが、基本的にこの3つは報酬率が低いのでおすすめしません。

特にGoogleアドセンスは漫画ジャンルにおいては相性が良くありません。

なぜならアドセンスの場合はクリック課金型広告なので、漫画購入や会員登録に応じて報酬が貰える成果報酬型広告とは違って、クリックすることで報酬が発生するからです。

クリックするだけで報酬が発生するので、一見するとハードルは低いですが、その代わり1クリック平均30円程度と、かなり低めです(特に漫画ジャンルは低いです)。

先程紹介したASPでは1件成約するだけで2000~3000円前後に対して、アドセンス広告では数十円。

同じだけの金額を稼ぐには100クリックは必要になってしまいます。

結構、漫画ブログにアドセンス広告を設置している人がいますが、逆に邪魔になるのでやらない方が良いと感じます(^_^;)

そして楽天とAmazon。こちらの二つも報酬率は3%~8%と低めなので、稼ぐにはかなりの数を売り上げなければならないので、こちらもあまりおすすめできません。

Amazonで一番安く買う7つの裏ワザテクニック!

ただし、楽天の場合は、クッキーの有効期間を活用することで大きなメリットがあります。

クッキーとは簡単に言うと、情報の足跡のようなものです。

例えばブログに掲載されている楽天のリンクをクリックして楽天のサイトにアクセスしたとします。

すると自分の情報が楽天サイトに保存され、クッキーが残ります。

その後クッキーはしばらく残るので、楽天サイトを閉じて他のサイトにいったとしても、次また楽天サイトを訪れたときも、まだ自分のクッキーは残ったままになっています。

そして楽天ではこのクッキーの有効期間が24時間と決まっており、楽天リンクをクリック後、24時間以内に楽天サイト内の商品を買い物かごに入れ、89日以内に購入すれば成果報酬になるという仕組みになっています。

以前はクッキーの有効期間は30日間でしたが、2019年4月1日から規約が大幅に変わりました。

楽天クッキーの最大のメリットは、ブログに掲載した商品以外の商品を購入しても成果報酬になるということです。

例えば、ブログに訪れたユーザーが楽天のリンクをクリックし、漫画の商品ページに跳んだとします。

しかし買い物かごに入れたのは漫画ではなく別の商品。実はこれでもOKなんですね。リンクを踏みさえすれば、あとはどの商品を買っても報酬になるんです。

つまり、楽天は報酬率は低いものの、クッキーを活用すれば、上手い具合に報酬になるというわけです。

そこまでガツガツ稼げるわけではないですが、やってみる価値は十分あるでしょう。

他のアフィリエイトリンクを踏んでも上書きされなくなった?

因みに、以前の楽天のルールでは、最後にクリックしたアフィリエイトリンクが成果報酬の対象となっていましたが、現在はそのルールがなくなりました。

例えば、あなたのブログの楽天リンクをユーザーがクリックし、24時間以内に買い物かごに入れたとします。

しかしその後、購入する前に、別のブログで楽天リンクを踏んでしまった場合、前にクリックしたアフィリエイトリンクは無効になってしまい、他のブログのアフィリエイトリンクに上書きされていました。

つまり、他のブログに横取りされたような状態。しかし今は、買い物カゴにさえ入っていれば、例え他のリンクを踏んでしまっても無効にはならなくなったようです。

これも楽天ならではのメリットですので、うまく活用するといいですね。

漫画アフィリエイトのデメリット

最後は漫画アフィリエイトのデメリットについてです。良い面だけでなく、悪い面もしっかり把握して取り組むことが成功する上で重要です。

分析した結果、漫画アフィリエイトには主に以下の3つのデメリットがあることが分かりました。1つずつ見ていきましょう。

デメリット①常に最新漫画を扱わなければならない

冒頭でもお伝えした通り、漫画アフィリエイトで稼ぐには、最新漫画を扱うのが大前提の話です。

となれば、漫画アフィリエイトはトレンドアフィリエイトと同じようなもので、常に最新漫画の情報チェックが怠れないということになります。

最新であるからこそライバルが少なく、アクセスも報酬も稼げるわけですが、ある程度の期間が経つと新刊扱いではなくなるので、また次の新刊漫画の記事を追って記事を書く必要があります。

勿論、記事書きをストップしても報酬は減るので、常に作業しなければならない状態です。

記事書きに関しては外注するという方法もありますが、漫画選びから、外注募集作業、記事チェックなど、完全に作業負担がなくなるわけではありません。

なので、作業時間がなかな確保できないという人には、少々きついかもしれません。

デメリット②著作権問題

見落としがちなのが著作権問題です。漫画ブログを見ていると、漫画の一部のページを画像として載せたり、漫画のネタバレを事細かに書いている人がいますが、あれは基本的に違法です。著作権侵害にあたります。

ただ、これは著作権を持つ側(漫画の作者)の方で訴えない限り、著作権侵害で逮捕されるということはありません。

実際、ほとんどの場合は黙認されているので、ちょっとやそっと画像やネタバレを書いたからと言って、必ず訴えられるというわけではありません。

しかし、2017年に大人気漫画「ONE PIECE」のネタバレや画像を無断転載していたサイトの管理人が逮捕されたという事件が実際に起きています。

このサイトは3年間で3億以上のネット広告収入を得ていたそうですが、ここで大きな問題は3年間もの長い間見逃されていたということです。

つまり、すぐには逮捕されるわけではなく、しばらくは泳がせているわけですね。

ですから、何も言われないことをいいことに、調子に乗って著作権侵害にあたる内容の記事内容や画像を載せない方がいいということです。

遅かれ早かれ悪いことはいつかは罰せられる日が来るわけですからね。

デメリット③常に分析が必要

漫画アフィリエイトのやり方やコツについては、当ブログでもこうして紹介してきたわけですが、それをそのまま鵜呑みにするのはやはり危険です。

なぜなら、結局は実際にやってみないと分からないことの方が多いからです。

例えば、この記事では「ライバルが少ない最新漫画を狙うべき」と述べていますが、実際やってみると、最新漫画にも既にライバルは多く存在していて、稼ぐのが難しくなっている可能性もあるわけです。

このような場合どうするか?「なんだやっぱり漫画アフィリエイトなんて稼げないじゃん」といって諦めるのか?

勿論、それじゃあダメですよね。

そこから「じゃあどうすれば稼げるようになるのか?」と別な方法を考えなければなりません。

このように、実際に自分で実践して見えてくることはたくさんあるので、自分なりにデータを蓄積して、分析することが常に必要になってきます。

考えなしに、ただ漫画を選んで紹介すれば稼げるような甘いものではありませんので、肝に銘じておいてください。

最後に

いかがでしたか?漫画アフィリエイトは著作権問題や最新漫画を取り扱わなければならないという大変さはあるものの、正しいやり方でやりさえすれば稼ぎやすいジャンルであることは間違いありません。

稼げるようになるまでにはコツコツ実践する必要がありますが、元々漫画好きの人にとっては楽しく続けることができると思うので、興味のある人は是非実践してみてくださいね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする