漫画アフィリエイトで稼げない人の3つの原因。人気漫画は紹介しちゃダメ!

どうもちいままです!今回は漫画アフィリエイトについて詳しく紹介していきます。

漫画を読むのが大好きで、普段からたくさん読んでいるという人にとっては最適であるこの副業。

なにせ、自分の好きな漫画のことをブログに書くだけで報酬が得られるわけですから、漫画好きの人にとって、これほど夢のような仕事はないでしょう。

しかし、現実、漫画アフィリエイトで稼いでいる人はあまりいないと言われています。

世の中に漫画が好きな人は腐る程います。そして、その漫画好きを活かして漫画アフィリエイトをやっている人も実は腐る程います。

でも、その漫画アフィリエイトで稼げている人はどれくらいいるかという話になると、その数は一気に激減します。

そう、ほとんどの人が漫画アフィリエイトに挑戦するも、稼げていない状況です。これは単純にライバルが多いことに原因があるわけですが、実はそれだけが原因ではありません。

確かにライバルがいることで稼ぎにくい状況なのは間違いありませんが、漫画アフィリエイトで稼げていない人には、他にも共通してある3つの原因があります。

今回はその3つの原因についてこの記事で詳しく紹介していきます。

漫画アフィリエイトをやっても稼げないという人、これから漫画アフィリエイトに挑戦しようと思っている人は、是非参考にしてみてください!

スポンサーリンク

漫画アフィリエイトで稼げない人の原因①Amazonや楽天のリンクをただ張っているだけ

では早速見ていきましょう。

まず、漫画アフィリエイトで多くの人がやっているパターンが、漫画のあらすじやネタバレを書いて、記事の最後に「ご購入はこちらから」と、Amazonや楽天のリンクを張っているだけということです。

ぶっちゃけこれで稼ぐのは大変です。なぜなら、漫画1冊が売れても、その報酬は微々たるものだからです。

例えばAmazon。Amazonの場合、商品の紹介料率は以下の通りとなっています。

上の画像を見てもらえば分かると思いますが、本の紹介料率は3%、kindle本で8%となっていますね(楽天コミックスの報酬率も3%とAmazonと同じです)。

本は昔からある紙版の漫画のことで、kindle本というのは電子書籍版の漫画です。例えば、大人気漫画の「進撃の巨人」を例に、具体的な紹介率をみていきましょう。

まずはコミックス(紙版)での紹介率から。1冊の値段は486円ですから、この1冊が売れると、3%の報酬が貰えるわけですから、

486×0.03=14.58円になります。

そしてkindle版。こちらは紹介率が8%と紙版に比べ、2倍以上の紹介率になりますが、報酬にすると・・・

454×0.08=38.88円と、1冊で約40円ほどにしかなりません。

ではセットで購入された場合はどうでしょうか?

12098×0.03=362.94円

12000円以上の高額商品が売れても、手元に入ってくる報酬は360円程・・・。紹介率が低すぎますね。

もし、月1万の収入を稼ぎたいなら、486円のコミックスなら700冊以上、454円のkindle本なら、約280冊、12000円のコミックスセットなら約30セット売り上げる必要があります。

何百冊売れても、何十セット売れても1ヶ月でたった1万円にしかならないので、非常に効率が悪いわけですね。

にも関わらず、このやり方で漫画アフィリエイトブログを運営している人がもの凄く多いです。

数百円、数千円でも収入になっていれば満足という人もいると思いますが、非常に勿体ないです。

なぜなら漫画アフィリエイトは本来ならもっと稼げるジャンルだからです。正しいやり方でやれば、最低でも月収2~3万、稼いでいる人では月収10万以上にもなります。

せっかく大好きな漫画を活かして収入を得られるオイシイ稼ぎ方なのに、多くの人が、取れるはずの収入を取りこぼしている状態なのです。

漫画アフィリエイトで稼げない人の原因②人気漫画ばかりを扱っている

続いても、稼げない人にありがち。それは人気漫画ばかりを扱っているということです。

先程例にした「進撃の巨人」も今やアニメ化や映画化がされ、知らない人はいない程の大人気漫画になっていますが、

まず、このような知名度抜群の人気漫画のネタバレやあらすじを紹介なんてしたところで稼げません。

なぜなら、こういった人気漫画は既に多くのライバルが存在するからです。ですから後発組には入る隙間なんてまずないんです。

実際に「進撃の巨人ネタバレ・感想」などのキーワードで検索してみると分かりますが、上位表示されているサイトは、「進撃の巨人ブログ」の特化型ブログがほとんどでした。

つまり、進撃の巨人についてだけをテーマに書かれたブログだということです。

こういった1つのことに特化したブログは上位表示されやすい上に、ブログに訪れるのは、進撃の巨人に興味のある人やファンがほとんどでターゲットユーザーが明確です。

このような強豪サイトが既に存在しているので、サラッとネタバレや感想を書いたところで、まるで勝ち目はありません。

因みにこれは他の漫画でも同じです。漫画のジャンルというのは、その作品それぞれに、「超強力なファン」が存在しいていることが多く、

その漫画のことを語らせたら右に出るものはいないというほど、知りつくしていたりします。

いわゆる「オタク・マニアック系」の人達ですね。

こういった人達にブログを作られてしまうと、もう終わりです。

×間違った考え方

人気漫画⇒知名度がある⇒アクセスがくる=稼げる

○正しい考え方

人気漫画⇒コアなファンがたくさんいる⇒ライバルがたくさん⇒稼げない

もし、人気漫画ばかりを取り扱っているという人は、そのまま続けても稼げるようにはなりませんので、今すぐ方向転換した方が良いです。

漫画アフィリエイトで稼げない人の原因③途中で諦める

最後はコレ。途中で諦めてしまうということです。これは漫画のジャンルに限らず、他のジャンル全てに言えることですね。

アフィリエイトで稼げない原因の多くは、途中で諦めてしまうことにあります。

漫画アフィリエイトが稼げるときいて、いざ始めてみたものの、1ヶ月経っても、2ヶ月経っても、3ヶ月経っても稼げるようにならない(稼げても微々たるもの)。

こうなってしまうと、大抵の人は心折れてしまって諦めてしまいます。

まあ、これが普通といえば普通ですが、残念ながら、このようにすぐに諦めてしまっては、アフィリエイトで稼げるようにはなりません。

「じゃあどのくらいやれば稼げるようになるの?」と、よく質問する人が多いですが、答えは「その人次第」としか言いようがありません。

3ヶ月で結果が出る人もいれば、半年、1年、2年と、人それぞれ、稼げるようになるまでの期間は違います。

今でこそ稼いでいる人でも、1年、2年して、要約月収5万以上稼げるようになったという場合もあります。

それらに比べると、たかが3ヶ月、4ヶ月やって稼げないのは、むしろ当然のことです。結果が出るまでやる他ありません。

1年以上も無収入は非常に辛いものですが、この辛さを乗り越えた人だけが稼げるようになります。

よく、ネットで副業を探していると、「スマホ1台で月収30万稼げる」などとうたった誇大広告を目にすることがありますが、ほとんど詐欺です。楽しては絶対に稼げません。

 
 

稼いでいる人は必ず、地道にコツコツ作業をしていますし、結果が出るまで続けています。

そこで諦めずに続けていかなければ、稼げるようには一生なりません。

まとめ

■漫画アフィリエイトで稼げない人の原因は主に3つ

・紹介率の低いAmazonや楽天のリンクを張っている

・ライバルの多い人気漫画ばかり扱っている

・結果が出る前に諦めてしまう

さて、ここまで、漫画アフィリエイトで稼げない人の原因についてお伝えしていきましたが、原因を理解したら、今度はその原因を改善していかなければ稼げるようにはありません。

では、漫画アフィリエイトで稼げるようになるためにはどうしたらいいのでしょうか?

その具体的なやり方やコツについては、下記の記事で詳しく紹介していきますので、興味のある人は是非読んで見てくださいね↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする