成功者から学ぶ!好きなことでお金を稼ぐために必要な5つの法則。

どうもちいままです!突然ですが、皆さんは、今の仕事にやりがいや楽しみを持っていますか?

おそらく、大半の人は、仕事を辞めたい、行きたくない、辛い・・・という気持ちで日々自分にムチ打って仕事をしているのではないでしょうか?

そういう私も、子供を産む前までは普通の会社員として働いていて、同じように、月曜の朝は毎回「今日からまた仕事か・・・」というような憂鬱な気持ちで会社に行っていました。

このように、好きで今の仕事をしてるわけではないという人の方が圧倒的に多い思います。

嫌なら辞めて、別の仕事をするか、何もしないで家でゴロゴロしたいところですが、勿論、そう簡単にはいきませんよね。

働かないと生活できなくなりますし、転職するにも、次の仕事が決まるまでの貯えが必要です。

しかし、このまま我慢して働き続けるのも辛すぎる。かといってなかなか辞める勇気もない・・・。

と、こんな感じで、どうしていいか分からないという状態に陥ってしまっている人達のためにお伝えしたいのが、今回のテーマである

「好きなことでお金を稼ぐために必要な5つの法則」です。

これは、これまで私が読んできた自己啓発の本に共通して書いてあったことなんですが、その法則は、特別な才能や恵まれた環境にいなくても、やろうと思えば誰にでもできるものでした。

おそらく、これらの法則を素直に忠実に実行することができれば、好きなことでお金を稼ぐことを実現させるのはそれほど難しくないと感じました。

ということで今回はその法則について詳しくご紹介していきたいと思います。

今の仕事に何のやりがいも楽しみも見いだせない・・・と、ただただ辛い毎日を送っているという人に是非読んで頂きたい内容です。

スポンサーリンク

好きなことでお金を稼ぐために必要な法則①簡単な目標を決める

では早速ご紹介します。まずは1つ目。

それは、どんなことでもいいから簡単な目標を決めるということです。

よく、仕事に対して「やる気が起きない」、転職しようにも、「何がやりたいか分からない」という人達がいますが、この原因の1番は、

何もしないから

これに尽きます。

実はやる気というものは、待っていても勝手に出てくるものではなく、何かしらの行動を起こして初めて出るものと言われています。

つまり、やる気を出したいなら、とにかく行動することです。

ですからまずは、達成できるレベルの簡単な目標を設定しましょう。

達成できそうなものなら何でもいいです。

「毎日1ヶ所掃除する」

「1日のスマホ時間を減らしてみる」

「毎朝ラジオ体操をする」

などなど、簡単なものでOK。

目標の内容よりも、「達成できるもの」であるということが何より大事ですから。

小さなことでも達成を積み重ねることによって、達成感が沸いて、行動への意欲が増していきます。

好きなことでお金を稼ぐにも、その好きなことを見つける気力はなければ何も始まりません。

ですから、まず達成感を積み重ねて、やる気を育てていきましょう。

好きなことでお金を稼ぐために必要な法則②興味のあることはとりあえずやってみる

1つ目の法則がクリアできたら、続いて2つ目の法則「興味のあることはとりあえずやってみる」ということ。

1つ目の法則がクリアできるようになれば、「やる気が起きない」「何もやりたくない」という状態からは少なからず脱却できるようになっているはずです。

勿論、だからといって「いつでもやる気満々」なんていう状態にはならないと思いますし、目標を決めて達成できる習慣がついても、やっぱりまたやる気がない状態に戻ってしまうという人はいると思います。

しかし、それが普通です。人間、気分がいいときも悪いときもあって当然ですから、24時間365日明るい気持ち、やる気満々なんて逆に怖いですからね。

ですから、「前よりはやる気出る様になったかな」くらいでOK。

それができるようになれば、今度は2つ目の法則である「興味のあることはとりあえずやってみる」に移りましょう。

これに関しても、ぶっちゃけなんでもOKです。

「断捨離してみる」

「料理を作ってみる」

「釣りに行く」

「キャンプに行く」

「子供と遊ぶ」

「習い事を始めてみる」

「家庭菜園を始めて見る」

などなど、とりあえず、自分の興味のあること、チャレンジしたいというものがあれば何でもやってみることです。

もし、既に「こんな仕事がしたい」「この仕事に興味がある」というのであれば、そちらでもいいです。

例えば、ネットや書籍で情報を集める、セミナーや説明会に出掛けてみる、資料を取り寄せてみる・・・何でもいいから、できることから少しずつやってみてください。

このように何かしら行動に起こすことで、徐々に自分のやりたいこと、好きなことが見えてくるようになってきます。

「そんな時間ない」

「そんなお金はない」

「そんなことしても夢が叶うわけじゃない」

などは考える必要はありません。

なぜなら、行動して結果を必ず出さなければいけないわけではないからです。

行動するからには成功する、失敗はできない。成功しないことへ時間を使うのは無駄。

こんなガチガチに考える必要はなく、あくまで、やりたいこと、好きなことを探すための作業なので、結果は気にせず気軽に行動を起こすことです。

例え、結果がうまくいかなかったとしても、そこで終わらせず、どうしたらうまくいくのかなど、いろいろ模索していくことです。

多くの人は、ちょっとやって失敗すると「やっぱり自分には向いていなかった」「やっぱり夢なんて叶うわけないんだ」とすぐに諦めてしまいます。

しかし、失敗したら、また別の方向からチャレンジすればいいだけです。

そうこうしているうちに、思ってもみないことを発見できる可能性だってあります。

「人生は七転び八起き」という言葉がありますが、失敗しても立ち上がり続ければ、結果は必ず見えてくるはずです。

好きなことでお金を稼ぐために必要な法則③やりたいことのためにやりたくないこともやる

「仕事が辛い」

「仕事ができない」

「仕事がつまらない」

このように、毎日イヤイヤ仕事をしていたりしませんか?

勿論、仕事なんてお金のために仕方なしにやっているのであって、楽しいわけがない、辛いしつまらないし大変だし・・・・

言い出せばいくらでも仕事に対する不満は沸いてきますが、そんなときはこのように考えましょう。

やりたいことのためにやりたくないこともやる」です。

好きなことでお金を稼ぐと言うと、何も考えずに「俺は夢に生きる!!」なんて漫画の主人公みたいな台詞を言い放ち、ある日突然会社を辞めちゃう人がいますが、この考えは正直間違っている言えます。

だって、会社辞めたら収入がなくなりますよね?

家賃も光熱費も食費も払えなくなりますよね?

奥さんや子供がいたらどうなるでしょう?

離婚するか、子供は最悪施設に預けるか、行きつく先はこんな未来しか待っていません。

そう、好きなことでお金を稼ぐといっても、その前に生活できなくなったら、好きなことをするなんて言ってられなくなってしまいます。

好きなことをするにも、まずは生活できるだけの収入を確保する必要があるのです。

そのためには、辛い、行きたくないと思っている会社であっても、好きなことでお金を稼げるようになるまでは続けていかなければなりません。

ですから、何の計画も立てず、「ただ辛いから」という理由で会社を辞めてしまっては、その先に待っている未来も、また同じような未来になるだけです。

何の準備もせずに、今の職場を替えて転職しても、おそらく、また同じように「辞めたい」という気持ちがおそってくるでしょう。

そのような未来をつくらないためには、「やりたいことのためにやりたくないこともやる」というマインドに切り替えることです。

そう、「自分はいずれ好きなことをするために、今は辛いこの仕事を頑張っているんだ!」と考えるのです。

辛くても、いずれは解放される、明るい未来が待っているとなれば少しは希望を持って仕事ができるようになりますよね。

好きなことでお金を稼ぐために必要な法則④不平・不満を言わない

これはよく私もやってしまいがちなんですが、人を責めたり、悪口を言ったり、これが嫌だ、あれがやりたくない、など不平・不満を言ってしまうこと。

誰だってストレスを抱えて生きていて、不平・不満の一つや二つあるのが普通ですね。

しかし、こういうことばかりを口にしていたり、態度に出していたりすると、物事の状況は悪い方向にしか働かないと言われています。

実際にこれは私自身も体験していて、私の周りでも、そんな人達がちらほらいます。

例えば、私の友達ですが、しょっちゅう、旦那さんの愚痴を言ってます。まあ、女の人はコレがストレス発散のようなものなので、それほど酷い話なわけではないですが、

話を聞いていると、どうやら子供の前でも、よく旦那さん、つまりパパの悪口を言っているそうなのです。

「仕事ができない」

「安月給」

「もう離婚」

「育児もできない」

「役に立たない」

などなど・・・。

勿論、その友達自身も、必死で内職したり、子供の世話などほぼ全部一人でやっているので、ただ愚痴ばかり言っているわけではないのですが、おそらくそんな生活状況でストレスが溜まっていて、旦那さんに八つ当たりしてしまっているのでしょう。

しかし、そのせいなのか、友達の家の生活状況は悪くなるばかりでした。

まず、年中、家族でケガや病気になっているということ。

インフルエンザ、胃腸炎、溶連菌と、立て続けになっており、子供の運動会で旦那さんが転倒して大けが。

兄弟喧嘩で、バドミントンのラケットが下の子の目に当たって、弱視になる・・・。同じ団地に住む人から嫌がらせを受け、耐えられなくなり引っ越す。

旦那さんの残業代がつくなくなり、家計が苦しくなり内職を始める・・・。

いつも連絡を取ると、何かしらトラブルに見舞われている状態です。

この大きな原因は、やはり連日のように口にしている旦那さんを罵倒する言葉や、事あるごとに「自分は不幸、死んでしまいたい」などのネガティブ発言にあります。

言葉には言霊というものがあり、口にしたことがそのまま現実になってしまうと言われています。

つまり「自分は不幸だ」「旦那は安月給」などと口にすることによって、本当にその通りに動いてしまうということなんです。

ですから、不平・不満ばかりを口にしないことが大切です。

好きなことでお金を稼ぐために必要な法則⑤夢や目標を口にする・些細なことに幸せを見つける

上記では言葉には言霊があるので、不平・不満を口にしないと述べました。

しかし、これは逆に言えば、良いことも口にすればその通りの状況になるということでもあります。

夢や目標を人に語ったり、人の好い所を見つけて褒めたり、少しのことでも感謝したり、「楽しい」「幸せ」という言葉をたくさん使うようにする。

すると、本当にその通りに動いていくということです。

今の仕事が辛くても、良い所を探せば、1つくらいは何か見つかるはずです。

例えば毎月会社から出る交通手当が1000円だとして、それを「たったの1000円しか出ない」と捉えるのではなく「1000円も貰えるなんてラッキー」と捉えるのです。

だって、実際交通手当を出してくれない会社なんてたくさんありますよね。それに比べたら、毎月1000円も出るなんてありがたいことです。

年間にしたら12000円です。

このように、些細なことにも幸せを感じて感謝する習慣をつけていくのです。

好きなこと、やりたいことがあるなら、「私は○○をやりたい」と、常に口にするといいです。

そうすると、自分にとってプラスになる情報が入ってきたり、同じ夢を持つ人と交流できたり、周りの状況が自分の望んでいる通りに動き始めていきます。

また、紙や手帳に夢や目標を書いて、見えるところに貼っておくのもおすすめです。

以上が好きなことでお金を稼ぐために必要な5つの法則です。

皆さんも是非実践してみてください。

最後に

よく、今回のようなことを書くと、考えなしに行動を起こす人がいますが、やはりある程度の計画や道筋を立てることは必要です。

「どうにかなるさ精神」でどうにかなるほど世の中は甘くないですからね。

ましてや、家庭のある身ならなおさらです。

最低限の生活の保障を確保しつつ、好きなことを見つけるための行動を少しずつ起こしていく。

失敗してもまた別の方法で挑戦していく。

こういうことです。

「そう簡単にいったら誰も苦労しないわ」という考えはなし。

ただ、前だけを見て進んでいきましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする