運動好きにおすすめの副業!子供に運動を教えるだけ!週末のみもOK!

どうもちいままです!当ブログでは、これまであらゆる副業をご紹介してきましたが、主に「在宅でできるもの」が多かったと思います。

しかし、今回は思いっきり体を動かしながらできる副業をご紹介します。

それは子供に運動を教えるだけで収入になる「スポーツの家庭教師」です。

家庭教師って勉強だけだと思っていましたが、スポーツの分野においても家庭教師っているんですね。

勉強は苦手だけど体を動かすのは好きって人には持ってこいのお仕事です。

比較的時間帯や曜日なども自分で自由に決めることができるので、普段仕事が忙しい人でもできちゃいます。

興味がある人は是非チャレンジしてみてください!

スポンサーリンク

スポーツ家庭教師とは?

我が子にスイミングやサッカーなど、スポーツ系の習い事をやらせているというご家庭も多いことでしょう。

そういう我が家も娘(小2)にスイミングとダンスをやらせています。

ただ、こういった習い事は基本、親が習い事教室まで連れて行って習わせるのが普通ですよね。

しかし、今回紹介するスポーツ家庭教師は、好きな場所で教えてもらうことが可能になります。

例えば、自宅の庭、近くの公園、競技場、河川敷、プールなら町内の市民プールなど、こちらの都合に合わせて、場所を指定することができます。

そして教える種目も、かけっこ、逆上がり、体育、球技、水泳など、運動であれば何でも可能で、教え方もマンツーマンでのレッスンもできますし、友達と一緒に集団でのレッスンもできます。

また、基本的には曜日や時間もレッスンを受ける側が自由に指定できます(教師の都合が合わない時はズレることもありますが)。

通常の習い事と比べると、スポーツ家庭教師はかなり自由度が高いのが特徴です。

ですからその分、料金も割高で、1時間のマンツーマンレッスンで4000円以上の料金がかかります。

そしてレッスン料以外にも入会金も取られるので、レッスンを受ける側としては結構痛い出費になりますが、教える側にとっては短時間でもかなりの収入になるので、特に運動好きの人にはおすすめしたい副業です。

スポーツ家庭教師を始めるには?

さて、子供に運動を指導しながら楽しく稼げるスポーツ家庭教師副業。「やってみたい!」と思った人は、下記のサイトにアクセスしてみましょう。

こちらのサイトは株式会社エムズグラントが運営する「家庭教師ファースト」。

1993年に創業され、これまで数々のメディアでも取り上げられてきた実績のある会社です。

スポーツ家庭教師として応募したい場合は、サイトの右上にある「家庭教師募集・登録」から申し込むことができます↓

クリックすると、氏名、生年月日、電話番号、住所など、個人情報の入力画面が表示されます。

これらを登録することで、スポーツ家庭教師としての登録が完了します。

登録が完了したら、あとは自分の都合とマッチする生徒さんが見つかり次第、仕事の連絡が入るようになっています。

こちらの会社は全国で展開しているので、近場に条件の合う生徒さんがいれば、そこまで出向いて指導することになります。

ただ、登録したからといって必ず仕事を受けなければならないというわけではなく、都合が悪ければ断ることもできます。

しかし、ここで気になるのは、スポーツ指導未経験の人でも大丈夫なのかということ。

ただ単に運動好き、スポーツが得意というだけで果たしてOKなのでしょうか?

この会社に在任している教師の人は、体育大やスポーツ学科の現役大学生、体育大卒者、教員経験保持者、インターハイ出場経験者、スポーツ経験が長く少年団や部活指導などの経験が豊富なインストラクターなどの経歴を持っている人が多いそうですからね。

サイトの方には生徒さんへの指導の仕方などは事前にしっかり教えてもらえると記載してありますが、どのように教えてもらえるのかは不明。

考えられるのは東京にある株式会社エムズグラントの本社に直接出向くか、在任している教師の人が直接近くまで教えに来てくれるかですが、実際のところは分からないので、不安な人は事前に問い合わせてみるといいですね。

スポーツ家庭教師はどれくらい稼げる?

続いては肝心の収入についてです。実際、このスポーツ家庭教師として働いた場合、どのくらい稼げるのか?

今回紹介した家庭教師ファーストの場合は、時給2000~3000円ほど。かなり高額です。

1回のレッスン時間は60分or90分。レッスン回数も生徒さん側で自由に決められるので、

多く稼働すればそれだけ収入になるというスタイルです。勤務は週1からOKなので、自分が働きたい分だけ働けるようです。

因みに交通費の方は全額支給されるので、遠い場所でも安心して出向くことができます。

例えば、60分のレッスンを週2回指導するとすれば1ヵ月で、約16時間稼働することになります。

そうなると、32000~48000円の収入になります。

16時間働いてこれだけの収入になる仕事はそうそうないですから、運動が得意という人は挑戦してみる価値ありです。

スポーツ家庭教師のデメリット

スポーツ施設に勤務するインストラクターとは違い、時間を拘束されることなく自由に仕事ができるスポーツ家庭教師。

これなら本業がある人でもできますし、いいストレス発散にもなるので、体を動かすのが好きという人には最高のお仕事と言えます。

しかし・・・結局は仕事がくるのを待っているという受け身のシステムですから、当然全く仕事がこないこともあるわけです。

仕事がこなければお金にもなりません。

下記は家庭教師ファーストの求人募集広告ですが↓

見て分かる通り、あちこちの県から募集がかかっていますね。

もしこの募集欄に自分の住んでいる地域のものが載っていない場合、仕事の依頼はかからないということになります。

県外でもどこでも出張しますという人なら仕事の依頼も増えるかもしれませんが、今度は移動時間などに手間が取られることになるので、副業としては少々重荷になってしまいますね。

また、家庭教師ファーストでは、生徒側の方で教師を選んだり、交代したりできるシステムになっているので、

万が一指導に不満があったり、スポーツ実績のない人だったりすると、なかなか仕事を依頼してもらえない場合があります。

それに、運動を指導する場合、通常の勉強を教える家庭教師とは違って、怪我などの危険があるので、指導する側も責任重大です。

ですから、安易に運動が好き、スポーツが得意という理由だけでやれるほど甘い仕事ではないと言えるでしょう。

運動が好き、スポーツが得意は大前提の話で、それ以上に必要になってくるのが指導能力、コミュニケーション能力です。

運動ができない相手に分かりやすく教えるというのは、結構難しいものなので、これからスポーツ家庭教師を検討している人は、そのあたりもじっくり考えてから応募するようにしてくださいね。

サッカーに関わる仕事がしたい人はコチラ!

最後になりますが、スポーツ家庭教師とは別に、サッカーに関わる仕事をしたい人におすすめな副業をご紹介します。

それが、サッカーのマネジメント業務です↓

スポーツマネジメント株式会社

小学生、中学生、高校生、大学体育会、大学同好会、社会人、女子などの全てのアマチュアサッカーチームをサポートするのが主な業務内容です。

具体的には・・・

・宿泊型サッカー大会の企画・集客・運営

・サッカー合宿の手配

・チームウェア等の販売

・オフィシャルリーグの事務局運営およびサッカー/フットサル大会等の運営代行

・サッカーマーケットでの販促企画・イベント運営

・営業事務の仕事

などなど・・・サッカーを教えるということではなく、選手の身の回りのお世話業務ですね。

こちらの仕事は基本的に、2020年3月卒業見込みの大学生・大学院生・専門学校生(2019年9月現在)という応募資格が必要で、なおかつ正社員での採用です。

しかし、それとは別にアルバイトの募集も行っており、こちらは特に資格は必要ありません。仕事内容も・・・

・アマチュアサッカー大会・イベントの備品準備や整理、書類作成などバックアップ業務
および結果更新、電話対応などのオペレーション業務(社内)

・アマチュアサッカー大会・イベントのオペレーション業務(イベント会場)

・アマチュアサッカー大会・フットサル大会の審判&運営スタッフ(イベント会場)

・イラストレーターを使ったイベント制作物の制作補助

・サッカースクールのコーチおよびクラブハウス業務

などなど、簡単な雑用業務や、手伝い、審判員・コーチなどが主な仕事です。

勤務時間は1日3時間から可能で、平日週2~3日、または土日および春・夏・冬の長期休みの勤務もできます。

時給は990円で能力に応じての昇給もあります。

土日や長期休みの勤務なら、日給8000円は稼げるので、副業として最適な仕事と言えるでしょう。

興味のある人は是非挑戦してみてください。

最後に

因みになんですが、この家庭教師ファーストでは、大人の人も生徒として習うことが可能のようです。

その場合、教師は同性になるそうなので安心して取り組めます。

子供が指導してもらうのもいいですが、自分自身が教わってできるようになれば、あとは子供に教えられるので、むしろこっちの方がいいかもしれませんね。

子供の運動能力は小学生のうちが一番伸びるそうなので、もし子供に習わせたいと思う親御さんがいれば、まずは自分が指導を受けてみるというのもあり。

うちも私が運動が苦手なので、そのうち試しに頼んでみようかなと検討中です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする