はてなブックマークやツイッターでバズってアクセス倍増→意味なし。

どうもちいままです!突然ですが、今、アフィリエイトブログで稼ごうと思っている皆さん、アクセスがなかなか上がらないからと言って、はてなブックマークやツイッターでアクセスアップを狙っていたりしませんか?

もしそうだとしたら、それはあまり意味のないことなのでやめた方がいいです。

私もかつてその方法でアクセスが一気に倍増した経験がありますが、結論からいうと「やらない方が良かった」ということでした。

果たしてそれは一体なぜなのか?今回の記事で詳しく解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

アフィリエイトが月5000円も稼げないと言われている理由

以前の記事でもチラッと紹介しましたが↓

 
2000人以上のアフィリエイターを対象とした平均収入データによると、ほとんどの人が月5000円も稼げていないという結果が出ているそうです。
 
 
年々アフィリエイトをやる人の数は増えているのですが、収入に関しては数年前から「月5000円未満」の割合はあまり変わっていないようです。
 
 
つまり、それだけアフィリエイトで稼ぐのは簡単なことではないということを意味しているわけですが、
 
実はこの原因は、アフィリエイト自体が難しいというよりも、稼げるようになるまでの期間が長すぎて、そこに耐えきれずに途中で諦めてしまうことにあるんです。
 
 
 
「じゃあ、諦めずにやり続ければいいだけでは?」と思うかもしれませんが、毎日何時間作業しても、月数十円、数百円という状態が数ヵ月も続くとしたらどうでしょうか?
 
 
普通に外でバイトすれば、1時間で最低でも700円以上にはなるところを、1ヵ月で700円もいかない状態が、数ヵ月。
 
おそらく、耐えられないという人の方がほとんどですよね。
 
「こんなにやってもこれしかならないなんてバカらしくてやってられない!!」
「このまま続けても稼げるようになんてならないんじゃないか・・・」
 
などなど、どんどんモチベーションは下がっていき、最終的には辞めてしまう。
 
 
これがアフィリエイトが月5000円も稼げないと言われている最大の理由です。
 
 
私自身も、これまで何度も諦めそうになってきたので、アフィリエイトで挫折してしまう人達の気持ちはよく分かります。
 
つまり、アフィリエイトで稼げないのは、特別な技術やスキル、才能がないからではなく、「諦めるか、諦めないか」にあるのです。
 
 
 

アフィリエイトで稼げない人がついやってしまいがちなこと

 
 
さて、上記で説明したように、アフィリエイトは稼げるようになるまでの期間が数ヵ月、長くて1年以上と、かなりの道のりがあるため、
 
そこに耐えきれず諦めてしまう人が大半を占めています。
 
 
 
そもそもアフィリエイトで稼ぐための一番のカギはブログにアクセスを集めること、つまり集客です。
 
 
ブログに商品を買ってくれるお客さんがこなければ稼ぐことはできません。これはリアル店舗と一緒ですよね。
 
 
ブログにアクセスを集めるためには、とにかくブログのコンテンツ(記事)を増やすことなんですが、
 
地道に毎日コツコツ記事を投稿し続けても、検索流入からだけのアクセスに頼ると、アクセスが上がるまでには数ヵ月と、長い時間がかかります。
 
 
しかし、ここで、開設して間もないブログでも飛躍的にアクセスをアップさせる裏ワザ法というものがあります。
 
 
それがはてなブックマークやTwitterなどのSNSで拡散させて、記事をバズらせることです。
 
 
はてなブックマーク・・・気になるページをオンライン上にブックマークして、後で読み返せるようにするサービスのこと。
 
記事を書いて公開した後に、はてなブックマーク(通称:はてぶ)に登録することで、短期間で、絶大なアクセスアップ効果を望むことができます。
 
 
その仕組みははてぶサイトのトップページに自分の記事が表示されることにあります。
 
 
書いた記事をはてぶに登録して、一定時間内に3ブックマーク集めることができると新着エントリー、10~15ブックマークで人気エントリー、20~40ブックマークで総合カテゴリ・・・
 
といった具合に、ブックマークの数が増えれば増えるほど、はてぶサイトのトップページの目立つところに自分の記事が表示されるようになります。
 
 
普段からはてぶのページを情報収集ツールに使っているユーザーはたくさんいるので、はてぶのトップページに自分の記事が表示されれば、多くのユーザーの目に触れることになります。
 
 
そうなれば、どんどんブックマークが増え、拡散されていくので、ブログの記事数が少ない段階であっても、飛躍的にアクセスを爆発させることができます。
 
その威力は凄まじく、1日で数万PVが集まることもザラにあります。
 
 
そして、TwitterなどのSNSも同様、フォロワーを増やし、書いた記事を拡散することで、こちらも爆発的なアクセスアップが期待できます。
 
 
通常、検索流入だけのアクセスに頼った場合は、100記事以上書いて、要約1日1000PV超すようなるくらいですが、
 
これらの裏ワザ法を使うと、10~20記事前後程の記事数でも、1日1~2万PVまでアクセスが集まることもあります。
 
当然、このような夢のアクセスアップ法があるならば、やらない手はありませんよね。
 
現に、この情報を聞きつけて、書いた記事ははてぶに登録することが習慣になっている人は多いようです。
 
 
しかし、やはり世の中そんなに甘い物ではないんです。
 
 

それは冒頭でも述べた通り、はてぶに登録したり、Twitterで拡散して一気にアクセスを増やすことはあまり意味のないことだからです。

私もかつてその方法でアクセスが一気に倍増した経験がありますが、結論からいうと「やらない方が良かった」ということでした。

その理由について次で詳しく説明していきます。
 
 
 

はてなブックマークやツイッターでバズってアクセス倍増→意味なし

 
自分の一生懸命書いた記事が誰にも見てもらえないって悲しいことですよね。来る日も来る日もアクセス解析の数値は0のまま。
 
 
このままの状態が長く続けば、大抵みんなモチベーションが下がっていくのが普通です。
 
 
そこで、なんとかしてアクセスを集めがたいがために、先程紹介した、はてなブックマーク登録やTwitterなどのSNSで拡散させるという裏ワザ法を実践する人がたくさんいます。
 
 
かつて私も、ブログとTwitterを連携させて、記事を投稿する度にTwitterにも投稿し、フォロワーを増やす活動も積極的に行っていたことがあります。
 
その甲斐あって、40記事ちょいという少ない記事数で、アクセス数が日増しに増えていき、多いときでは1000pvになることもありました。
 
 
こういった方法を使わず、検索流入だけのアクセスに頼った場合は、40記事ちょいなら、10~20pvがいいところだと思います。
 
 
Googleアドセンス広告を張って稼ぐ場合、100pvで1クリックされるのが平均だと言わているので、10~20pvでは、全く持って話にならない数値であることはお分かり頂けるでしょう。
 
 
これが、はてぶやTwitterで拡散させると、通常の何十倍ものアクセスを呼び込むことができるわけです。
 
 
 
しかし・・・・
 
 
 
 
ここに大きな落とし穴があります。
 
 
 
 
それは、はてぶやTwitterで集めたアクセスは一時的なものであるということです。
 
 
そもそも、記事のコンテンツがしっかりしていないうちからブログにアクセスを集めても、その効力は長続きはしません。
 
 
よくて1週間程度。日に日にアクセス数は落ちて、元の状態に戻ります。
 
 
なぜなら、コンテンツの中身が伴っていないからです。
 
 
せっかくブログに訪れたユーザーも「役に立ちそうな情報が何も書かれていないぞこのブログ。つまらないからもう来るのはやめよう」となってしまい、リピートユーザーがつかないからです。
 
 
ですから、アクセスが集まるのは最初だけ。初めてブログに訪れるユーザーはブログの中身をまだ知らない状態ですから、最初はバカみたいにアクセスが集まるわけです。
 
 
勿論、中身が伴っていればその後もアクセスは増え続けるでしょうが、大抵、このような裏ワザ手法を使う人のブログは、アクセスを集めることばかりに躍起になって、
 
ブログのコンテンツは薄っぺらい場合が多いです。
 
 
しかも、はてぶに至っては、「スパム扱いの記事を書かれる」「はてなアカウントの停止」などのリスクがあります。
 
大したコンテンツもないブログの記事がどんどんはてぶされて拡散されていくのを見たはてぶのヘビーユーザーが、ブログ名を名指しで「スパムだ」「自演だ」と騒ぎ立て、
 
最終的に、はてぶの運営会社に、ブログ運営者のアカウントを通報されることがあります。
 
こうなってしまうと、最悪アカウントを停止され、ブログ自体利用できなくなる恐れもあります。
 
 
ですから、こういった小手先の手法は通用しないんです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

初心者ほど記事をバズらせると危険

 
アフィリエイト参入者の中には、ブログで記事を書いて収入を得ることの意味を全く分かっていない人がいます。
 
そもそも、アフィリエイトでお金が稼げるのは、自分のブログから商品を購入してくれたり、サービスに申し込んでくれるお客さんがいるからなわけです。
 
そして、そういったアクションをお客さんが起こすのは、必ず「信頼性のあるブログ」からだけです。
 
 
信頼性のあるブログとは、ユーザーにとって役立つ情報が書かれた記事がたくさんあるブログです。
 
「このブログは役に立つ」とユーザーから思われれば、信頼されたことと同じなので、ユーザーはそういったブログから大切なお金を支払って商品を購入したり、サービスに申し込んだりするわけです。
 
 
しかし、そういった意図を理解していない初心者アフィリエイターは、とにかくアクセスや報酬を上げることばかりに躍起になってしまいます。
 
 
そして、書いた記事が運よくバズを起こしてしまうと、それが麻薬のように病みつきになってしまい、いつの間にか「アクセスを集めるため」が目的の記事になってしまいます。
 
 
そうなると、ユーザーのことなど何も考えない中身のない記事ばかり書くようになります。
 
当然そのような記事を読んでユーザーからの信頼を得られるはずもありませんから、リピートユーザーはおろか、バズの効力も一時的なものなので、記事を書いても書いても稼げないという結果に陥ってしまうのです。
 
 
ですから、はてぶ登録やTwitter拡散で記事がバズっても、結局は意味がないということです。
 
 

結局アフィリエイトで稼ぐには正攻法しか通用しない

 
 
上記では、はてぶ登録やTwitter拡散が意味なしと述べましたが、決してはてぶ登録やTwitter拡散が悪いと言っているわけではありません。
 
上手く使えばアクセスアップに貢献してくれるツールであることに間違いはありません。
 
 
ただ、やるにしてもある程度コンテンツが充実してからやるべきです。
 
コンテンツがしっかりしている状態で拡散すれば、自然とリピートユーザーはついてくるでしょう。
 
 
しかし、やはり一番強くて安定したアクセスを集められるのは検索エンジンです。
 
 
検索流入からのアクセスだと、どうしてもスタートダッシュは遅いですが、バズらせて一時的にしか集まらないアクセスと違って、一度軌道に乗れば継続してアクセスが集まり続けます。
 
検索エンジンからのアクセスを集めるには、コツコツ地道にユーザーの役立つ記事を書き続けること。
 
 
これ以外に方法はありません。
 
 
そう、結局アフィリエイトで稼ぐには正攻法しか通用しないのです。
 
 
ですから、はてぶを集めることやTwitterでフォロワーを集めるなどの作業に一生懸命になっている暇があったら、1記事でも多く、ユーザーに役立つ記事を書くことに注力した方がいいってことです。
 
 
 
 
 

最後に

 
ココナラなどでも「Twitterで宣伝します」とか「LINEのタイムラインで宣伝します」というサービスがたくさん出品されていますが、
 
こちらもやらない方が身のためです。結局集まっても一時的なものです。
 
 
アフィリエイトはお金を稼ぐためにやっているのであって、アクセスを上げるためにやっているのではないですよね。
 
 
アクセスばっかり集まってもお金にならなければ何の意味もありませんからね。
 
皆さんも、バズの甘い罠にハマらないように十分注意してくださいね!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする