1クリック6円?アドセンスのクリック単価が異様に低い意外な原因。

どうもちいままです!当ブログはGoogleアドセンスを使って収益を得ていますが、最近、ちょっとしたやばい事態に陥りました。

それがGoogleアドセンスのクリック単価が異様に低いということです。

記事数が増えていく度に比例してアクセス数もどんどん増えていき、順調ではあったのですが、

よくよくアドセンスの管理画面を見てみると、クリック数が多いにも関わらず、クリック単価が10円とか、酷いときは6円とか、とにかく異常なまでに低いことが分かりました。

これは一体なぜなのか?いろいろ調べてみると、ある意外な原因が浮上しました。

今回はその原因について詳しく書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

1クリック6円?アドセンスのクリック単価が異様に低くなってる!

もうすぐ100記事を達成する当ブログ。記事投稿が毎日できないので、ここまでくるのに結構な時間がかかっていますが、それでも収益もアクセス数も確実に伸びていました。

しかし・・・・。

あるときアドセンスの管理画面を見て、ふと気づいたことが・・・。

それが、クリック数に対して見積もり収益額が低すぎるということです。つまりクリック単価が低いということですね。

アクセスの停滞期を乗り越えて、アクセスが増え始めたとき、それは判明しました。

こっちは「よっしゃ!アクセスが増え始めたから、これで収益も上がるはず!」と喜んでいたのですが、

あれ?こんなにクリックされているのに収益が低い」ということに気づいたのです。

例えば

ページビュー258に対して、クリック数は4と、結構高い方なのに、見積もり収益額は61円。

単純計算すると1クリック15円にしかなっていないということです。

通常アドセンスの1クリックの平均単価は30~40円前後、高いときでは100円近くになることもあります。

それが15円とはあまりにも低すぎますね。

勿論、クリック単価はそのときによって変わるので、4クリック全て15円の単価だったとは限りません。

4クリックの内訳が20円、20円、10円、10円、あるいは、30円、10円、10円、10円である場合もあります。

しかし、いずれにせよ、4クリックで60円は低すぎます。本来なら倍の120円はあっていいはずなのに・・・。

ただ、たまたまその日だけが調子が悪かったということも考えられるので、その後もしばらく様子を見ることにしてみました。

しかし・・・。その後も、クリック単価は10円代が続き、良くて20円、酷いときは6円ということもありました。

それでいてクリック率は高く、1.5%くらいはあるんです。つまりクリックされているのに収益が低いんですね。

過去のデータを見てみても、ここまで低い単価はたま~にしかありませんでした。果たしてこの原因はなんなのか?

自分なりに調べてみた結果、意外なことが原因でした。

アドセンスのクリック単価が異様に低い意外な原因はコレだった!

その意外な原因とは・・・・・

誤クリックです。

そう、間違ってアドセンス広告をクリックしてしまうことです。

アドセンスの広告を間違ってクリックしてしまうとはどういうことなのかといいますと、簡単に言うと、「広告主にとって収益にならないクリックのこと」です。

私達ブログ運営者はクリックされただけで報酬が貰えるのに対して、アドセンスで広告を出している広告主は、広告をクリックされただけでは、利益にはなりません。

広告をクリックしてさらに、商品を買って貰ったり、サービスに申し込んでもらったりしないと、儲けはないわけです。

つまり、誤クリックは利益にはつながらないのに、クリックされた分はお金を支払わなければならないという、広告主にとっては一番損なクリックになってしまうわけです。

ですから、広告主は少しでも損失を防ぐために、誤クリックに対しては、クリック単価を下げるわけなんです。

アドセンスってクリックさえされりゃあ、お金になると思っている人も多いと思いますが、現実はそう甘い物ではないということですね。

逆に、広告をクリックして、そこからユーザーが、商品を買ったり、サービスに申し込んだりしてくれれば、クリック単価は1クリックで100円とか、ぐんと跳ね上がります。

ですから、アドセンスのクリック単価はそのときによってクリック単価が大きく変動します。

30円のときもあれば、50円や100円のときなど、クリック後のアクションによって単価が上下するのです。

ただ・・・・

私はこれまで一度も自分のブログでアドセンス広告を誤クリックしたことがなく、当ブログでも勿論ありません。

ということは、当ブログに訪れたユーザーが間違って広告を誤クリックしている可能性があるということです。

実はこれって結構やばいことなんです・・・。

アドセンスのクリック単価が低い場合は要注意!広告停止の危険性も?

もし、私のようにずっと単価が低い状態が続いているブログがあったら要注意です。

なぜなら、低単価=誤クリックが多いということですから、あまりにも誤クリックが多いとアドセンス広告の配信停止、最悪の場合アカウント停止になる危険性があるからです。

アドセンス側は「誤ってクリックした場合は問題なし」と言っていますが↓

サイト運営者様が故意に自分の広告をクリックすることは認められませんが、誤ってクリックする場合も十分に考えられます。このような場合に Google まで特別にご連絡いただく必要はありません。有効と見なされたクリック数および表示回数に対する収益はこれまでどおりお客様のアカウントに集計されますので、ご安心ください。

実際何度も誤ってクリックしたことで、広告配信停止を食らっている人達は結構います(1ヵ月間はブログに広告が表示されなくなるようです)。

それどころか、稼いだ収益も0円になってしまった人もいるほど・・・。

どこが問題なしなん?問題ありありじゃね~か!!

ですから、あまりGoogle様の言うことを、そのまま鵜呑みにしない方がいいですね。決めるのは結局Google様ですから。

問題なしと言われているからって、ポンポンとクリックされちゃ、広告主はたまったもんじゃないです。

広告停止や、アカウント停止は免れても、クリック単価は間違いなく低くされるでしょう。

ただ、私の場合は、自分で誤クリックしたわけではなく、ユーザーによる誤クリックなので、自分がいくら気を付けても、これじゃあ誤クリックはなくなりません。

では、どうすればいいのか?いろいろ、無い頭を捻った結果、次の対策を実践してみました。

アドセンスのクリック単価を上げるために私が行った対策!

それが、広告と文章との間隔を空けるということです。

まず、ブログへのアクセス・収益の8割以上はスマホからのものだということを思い出してみてください。

私達ブログの運営者は、記事を投稿するときは、当然パソコンからですが、自分のブログに訪れるユーザーのほとんどは、スマホから私達のブログを見ているわけです。

パソコンと比べてスマホの画面は小さいので、ブログでは広々と大きく表示されている広告が、スマホから見ると、何ともギュウギュウ詰めで表示されていることが分かると思います。

そして、問題なのはココから。

パソコンからブログを見る場合は、マウスのホイールを使って下にスクロールしていきますが、スマホでは指を使って下にスクロールしていきます。

このとき、文章の途中にアドセンスが張ってある場合、文章のすぐ後に広告がきたりすると、スクロールする際に誤って広告をクリックしてしまことがあります。

おそらく、皆さんにも経験があるのではないでしょうか?

次の文章を読むために、下にスクロールしようとしたときに、すぐ下に広告が張ってあったために、間違えて広告をクリックしてしまい、すぐさま広告を閉じて元のページに戻ったという経験が。

ぶっちゃけ、こういった広告の張り方ってユーザーにとってイライラでしかないんですよね。

文章を読みたいと思っているのに、所々に広告が張ってあって、広告が邪魔に感じたりします。

一番良いのは、文章途中に広告を張らないことですが、ユーザーの中には記事を最後まで読まない人も結構多く、ブログを途中で離脱してしまうことがあります。

その場合、文章の最後にしか広告を張っていないと、せっかくのクリックを取り逃がすことになるので、文章途中の広告はやはり外せません。

ですから、私はその改善策として、文章と広告との間隔を空けるようにしたのです。

実際にスマホから見て、スクロールしたときに、うっかり広告に指が触れないように、広く間隔を空けました。

果たしてこの対策はクリック単価にどう影響したのか?

対策を行った結果

正直、100%改善したとは言い難いですが、この対策を行い始めてから、10円とか、6円といった低単価がなくなったように思います。

低くても20円。その他では30~80円と、平均的になった気がします。

勿論、クリック単価は日々変動していくので、また10円とか、それ以下に陥る可能性もあると思いますが、

基本的にクリック単価に関しては、我々ブログの運営者はどうすることもできないので、とにかくユーザーにクリックしてもらえるような質の高いコンテンツ作りを心がけるとか、

今回私が行った対策のように、誤クリックされないための工夫を施してみるとか、それくらいしか対策法はありません。

間違っても「クリックされればこっちのもの」と考え、やたら広告をペタペタ張りまくったり、うっかりクリックを狙ったような広告の配置にしてはいけません。

つい最近も、アドセンス広告が配信停止になってしまった人のブログの記事を読みましたが、原因はやはり誤クリックによるものです。

この人の場合は、自分の友人にブログを教えたらしいのですが、その友人の子供が広告を何度も連続で押しまくったことが原因だったみたいです。

こういうこともあるんですね(^_^;)

ですから、下手にみんなに自分のブログを宣伝しない方がいいですね。勝手に応援クリックされでもしたら、それこそありがた迷惑です。

私もこれまでブログを複数運営してきましたが、あえて友人や家族にはURLを教えていません(旦那様にさえ)。

私の場合は誤クリック防止のためではなく、ただ単に検索流入からの純粋なアクセス数が知りたかったことが理由だったのですが、結果的に教えなくて良かったなという感じです。

何の気なしにやったことが、とんでもない事態を招くことがありますからね。

皆様もブログのことは周りに教えない方がいいですよ!

【追伸】Googleアルゴリズムの大変動にも注意!

最後になりますが、誤クリック以外の原因として考えられるのはGoogleの検索ランキングアルゴリズムの変動です。

Googleのアルゴリズムとは簡単に言うと、Googleが検索エンジン上のサイトの順位を大幅に入れ替えることです。

Googleから見て価値のないサイトは順位を下げ、価値のあるサイトは上位にいきます。

ここ最近の2019年9月13日にもどうやらGoogleのアルゴリズムの大変動が起こったようで、それぞれのサイトのアクセスが大きく下がった、あるいは上がったという動きがみられています。

当ブログは現時点(9月20日)はアクセスはずっと平行線なので(むしろ上がってきている)それほどの打撃は受けていませんが、

他のサイトでは、半分近くもアクセスが減ったとか、何年も同じ順位をキープしていたのに、ここにきていきなり下がったという声も多くあがっているようなので、

誤クリック対策だけでなく、ブログ自体のコンテンツの質を高めることも心がけた方がいいですね。

最後に

クリック単価を少しでも上げるために、質の高いコンテンツ作りや広告の配置を工夫することは効果的であることは、今回身を持って知ったのですが、

実は、いろいろ調べてみると、アドセンスのクリック単価は昔と比べたら低くなってきていることが分かりました。

つまり、私に限らず、今はみんなこんな感じのクリック単価ってことですね。その原因はアフィリエイト参入者がここ数年で物凄く増えたことによるものです。

広告主にも予算というものがあるので、広告を出すブログが増えれば増える程、ブログごとに出せる広告費も低くなるわけです。

ましてや、誤クリックが多かったり、コンテンツの低いブログに対しては少しでもクリック単価を下げて、無駄な広告費を減らさなくてはなりません。

これは「価値のないブログは必要ない」といわれているのと同じことなので、アドセンスで稼ごうと思っている人は、ただ、稼げればいいという考えの元、いい加減にブログを作らない方がいいということですね。

皆さんも、十分気を付けましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする