自宅の空き場所をレンタルするだけで月収2万円稼げる副業がある?

どうもちいままです!今回は「自宅の空き場所を貸すだけ」で収入が得られるという、ほぼほったらかしで稼げてしまう副業をご紹介します。

うちの実家もそうですが、今はみんな家から独立してしまい、以前車を停めていたスペースががら空き状態となっています。

こんな感じで、自宅に使っていないスペースがあるという方は、そのスペースを他人に貸し出して収入を得られる可能性があります。

うちの実家は東北の田舎なので、借り手はなかなかいないと思いますが、都心に住んでいるという方なら、需要は多いと思うので、いい収入になるかもしれません。

バイク・自転車1台分のスペースでも貸し出せるそうなので、自宅に少しでも使っていないスペースがあるなら、是非挑戦してみましょう!

スポンサーリンク

空き場所レンタル副業を始める手順

 

では早速空き場所レンタル副業を始める具体的な手順を説明していきます。

レンタル副業を始めるには、まずは空き場所を専門にレンタルサービスを行っているマッチングサイトに登録する必要があります。

おすすめは「akippa(アキッパ)」↓

登録はとても簡単です。

① 情報を登録

氏名や連絡先などのユーザー情報と駐車場の基本情報を入力し、利用規約に同意します。

② 写真をアップ

写真登録フォームで「全体写真」「駐車場写真」「周辺写真」の3パターンの写真を登録します。

③ 貸し出し日時設定

「毎日」「毎週」「カレンダー」のタブから好みの貸し出しタイプを選択し、日時を指定します。

※1日4時間以上貸し出せることが条件

④ 審査終了後、掲載

審査が完了すると登録した駐車場がサイト内に掲載され、ユーザーから予約が入るようになっています。

たったこれだけです。とてもシンプルで30分もあれば登録できてしまいます。

こちらも注目!空き場所ではなく車を貸す副業↓

車を貸すだけで毎月5万以上稼げるカーシェアリング副業!

空き場所レンタル副業の報酬

では肝心の気になる報酬ですが、「akippa」に登録しているオーナーの平均収入を調べてみると、大体2万前後が多いようですが、場所によっては5万以上の収入になることもあるようです。

駐車料金や貸し出し日は自分で決めることができるので、ここの調節によっても収入は大きく変わってきます。

因みに、マッチングサイトを通じての副業になるので、当然akippaに利用手数料を取られます。その額は50%

「ええ~半分も取られるの?!」とびっくりした方もいると思いますが、そもそもの話、貸し出す人にとっては、簡単登録、元手0円、ほとんどほったらかしと、この条件なわけですから、半分取られても文句は言えません(笑)

ほぼ何もしなくても、ただ自宅のスペースを貸すだけでお金が入るのですから、むしろ安いくらいです。

空き場所レンタル副業で稼ぐための2つのポイント

簡単登録、元手0円、ほとんどほったらかしで稼げるという、まさに夢のような副業ですが、やれば必ず収入になるというわけではなく、空き場所レンタル副業で稼ぐには、ある2つのポイントがあります。

まず1つ目が「貸し出す場所」です。

空き場所さえあれば、誰にでもできる副業ではありますが、借りる人がいなければ当然収入にはなりません。

駐車場を必要としているのは、テーマパークや観光地、スタジアム、神社仏閣などに訪れる人達。

専用駐車場は満杯で停められなかったり、近くの駐車場を利用するにも料金が高くてなかなか利用できないなどの理由から、駐車場を必要としている人達は通年多いです。

つまり、空き場所レンタル副業で稼げるのは、これらの「人が多く集まる場所」に住んでいるという人です。

また、住宅密集地や駅前なども駐車場が少ないことから意外に需要があり、会社に通勤するサラリーマンや、工事業者の人、買い物目的のシニア層の人達から多く利用されています。

akippaは通常の駐車料金の約半分の料金で停められるので、利用者が多く、貸し出す場所が上記の条件を満たしているのであれば、すぐにでも借り手は現れるでしょう。

つまり、空き場所レンタル副業で稼ぐには、貸し出す場所がテーマパークや観光地など、「人が集まるところ」住宅密集地や駅前など「駐車場が少ないところ」にあるというのがポイントになります。

これ以外の場所ですと、なかなか借り手がいないので難しいかもしれません。

そして2つ目は「利用者への場所のアピール」です。

利用者側にとって最も多いトラブルの声が「駐車場の場所が分かりにくい」ということです。

利用者はakippaに登録されている情報を頼りに駐車場の場所を探しますが、情報が少ない、分かりにくいで、なかなか駐車場までたどり着けないということがあるようです。

ここは意外に重要なポイントで、ここをしっかり改善しておくかおかないかで、収益に差が出るようです。

利用者への場所のアピールするために効果的なのは

近くにある駅やスーパーなど、駐車場周辺の情報をできるだけ詳しく載せる

コーンや看板などakippa専用の看板やステッカーを置く(登録すると進呈されます)

利用者には必ず挨拶する

などが挙げられます。

これらの工夫を怠らないことも稼ぐ上で重要です。

空き場所レンタル副業のメリット

需要のある場所に空スペースを持っていることが条件ではありますが、この条件さえ満たしていれば、誰でも始められる副業です。

空き場所レンタル副業のメリットは、ただ貸すだけでお金になるというだけではなく、この他にも様々なメリットがあります。

その日のうちにすぐに始められる手軽さ

空き場所レンタル副業を始めるにはakippaに登録するだけなので、面倒な手続きや広告を打つなどの宣伝も必要ないので、早ければその日のうちにでもすぐに始めらます。

リスク0円

akippaへの登録料は無料。レンタル依頼がなければ収入にならないだけで、マイナスになることはないので、リスクはありません。

ほとんど何もしなくてよい

akippaに登録した後は、依頼があったときだけメールを見るだけ。後は利用者が来たときに挨拶を交わすぐらいで、他に何もすることはありません。

トラブル対応はakippaが全て処理

借りにくるはずの利用者がドタキャンした場合や、駐車場内の物が破損した場合などのトラブル対応は全てakippaが処理してくれるので、こちらが直接対応することはありません。

空き場所レンタル副業する上での注意点

さて、自宅の空スペースがあればその日のうちにでもすぐ始められるこの副業ですが、やはりビジネスである以上、良いことばかりではなく、いくつかの注意点があります。

今回この記事を読んで空き場所レンタル副業に興味を持った人は、始める前にまず注意点についてしっかり把握しておいてください。

注意点① 予約キャンセル料が発生する

こちら側の都合で貸し出しの予約を急遽キャンセルするということは基本的に禁止されていますが、どうしてもキャンセルしたい場合はakippaに連絡すればキャンセルできます。

しかし、その場合はキャンセル料として2000円(税別)を支払わなければなりません。

注意点② 事故や損害に対する保障はされない

万が一、利用者側に駐車場の壁や器物を破損されたりした場合、akippaに連絡すれば対応は行ってくれますが、破損されたものに対しての責任は一切負ってはくれません。

「対物」に対しては利用者側の任意保険から修理してもらえますが、もし利用者側が破損したことを認めなかった場合などは警察が介入する事態になってしまいます。

ですから、貸し出す前に駐車場内から破損される危険のあるものはあらかじめ排除しておいたり、貸し出す前の駐車場の写真を細かく撮っておくなどしておくと、いざトラブルが起こったときに役立ちます。

注意点③ 時間超過や車両放置分の料金は支払われない場合もあり

利用者側が予約時間を過ぎても車を取りに来ない場合や1日以上の車両放置の場合は、akippa側に連絡すれば、その分の料金を徴収してくれます。

しかし、利用者側の行方が分からないなどで徴収できない場合は支払われないこともあります。あくまでakippaは間に入って対処してくれるだけで、責任を負ってくれるということではないので注意が必要です。

以上3つが注意してほしい点です。

しかし実際は、こういったトラブルは滅多にないと思います。そもそも利用者側はakippaに身元情報をきちんと登録しているので、

車両放置されるというのはまず考えにくいですし、破損を起こした場合も、大抵は利用者側がきちんと認め、弁償してくれることがほとんどです。

ただ、100%ありえないということではないので、万が一のトラブル発生も頭に入れておいた方がいいということですね。

こちらもおすすめ!空き場所ではなく車を貸す副業↓

車を貸すだけで毎月5万以上稼げるカーシェアリング副業!

最後に

いかがでしたか?副業でありながら、実際の作業はほとんどなく、しかも始めるのも簡単でリスクもないので、大変おいしいビジネスと言えます。

月収2万でも年間にすると約20万以上の副収入になるわけですから、ほとんど何もしないでこの額が入ってくるのはかなり大きいですよね。

ちなみに、駅には車以外にバイクや自転車で通勤する人も多いので、バイク1台、自転車1台分のスペースしかないという人でも貸し出すことができます。

自宅に使っていない空きスペースがあるという人は今すぐakippaに登録しましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする