動物好きにおすすめの副業!ペットの記事・写真・動画でお金が稼げる?

どうもちいままです!今回は動物好きの人におすすめの副業をご紹介します。動物が好きで家で犬や猫などのペットを飼っているという人も多いと思いますが、そんな動物好きを活かした副業があります。

それは自分の飼っているペットに関する記事を書いたり、ペットの写真や動画を撮って収入を得られる副業です。

今は独身の割合が増えて、結婚して出産する人の数が減っていることもあり、代わりにペットを飼う人が急増しています。

このことから、年々ペット関連のグッズやビジネスに需要が高まっており、このような副業で稼ぐ人の割合も増えているのです。

今回紹介するのは、動物好きで、ペットを飼っているという人なら誰でもできる副業をいくつか紹介します。

自分のかわいいペットで副収入を得るチャンスですよ!

スポンサーリンク

ペットのことを記事にして稼ぐ!

まず1つ目に紹介するのは、ペットに関する記事を書いて稼ぐwebライターのお仕事です。

webライターが執筆する記事のジャンルはIT関連、金融系、美容系、教育系、芸能系など様々ありますが、自分の興味のない分野、得意でない分野での記事書きは、どうしても苦になってしまいますよね。

しかし、中にはペットのみを題材にしたwebライターのお仕事があり、動物好きな人であればこなせる案件がたくさんあります。

その際おすすめなのがこちらのサイト↓

ポチタマライター

こちらは犬・猫記事専門のライティングサイト。募集している記事は犬か猫の記事限定になってしまいますが、犬や猫を飼っているという人は多いでしょうし、飼っていなくても、好きというだけでも十分こなすことのできる仕事です。

お仕事を始めるには?

お仕事を開始するためには、まずはライター登録が必要です↓

右上の赤枠内の「ライター登録」をクリックします↑

次は情報の登録です。名前、住所、メールアドレス、ペットを飼っているかの有無(任意)アピールポイントなど、項目にしたがって入力していき、完了したら「登録」をクリック。

登録メールアドレスにポチタマから上記のようなメールが届くので、記載してあるURLにアクセスすれば、記事作成をスタートすることができます。

どんな記事を書くの?

記事案件は犬、猫それぞれテーマの指定があり、基本はそれに従って書きます。記事の構成も決められており、タイトル34文字以内、説明文100~200文字、文字数は1000文字以上(説明文は含めず)写真複数枚などの指定がされています。

例えば現在ですと、犬に関する記事は

・保護犬だった愛犬との出逢いと今をテーマにした記事をお書きください。

猫に関する記事は

・猫のために作った物・DIYした物をリポートしてください。

などといった感じです。いずれも、経験していないと書けない案件ですが、過去の案件ではペットの食事関連テーマのもの、躾や健康管理、遊びや性格、ペットグッズなどの紹介記事など、テーマは様々あります。

ただ、募集案件はその時によって変わるので、自分の書きたいテーマがない場合は、書きたいテーマの案件が募集されるまで待機ということになります。

ちなみに承認された記事は「わんちゃんホンポ」「ねこちゃんホンポ」というサイトに掲載されるようです(必ずではありません)↓

出典:https://wanchan.jp/

出典:https://nekochan.jp/

報酬は?

肝心の報酬についてですが、トップページに載っている説明文には1記事あたりの基本報酬は600円、最大800円と記載されているのですが、実際に案件の報酬を見てみると「100~500円」「100~1000円」と、案件によってバラバラでした。

ていうか、100円ってどういうこと?と思ってしまいました(^_^;)同じ文字量でも100円の場合があるということでしょうか?

1記事の報酬金額がキッチリ決まっていないのは、文字量や質によって変動するからだそうなのですが、何を基準に判断しているかは明確にはされていないので分かりません。

ただ、写真を3枚以上載せると100円アップとか、読みやすい・理解しやすい文章は単価が上がるようです。

因みに執筆した記事は審査があり、合格しないと報酬は貰えないようです。おそらく問題があれば修正しての再提出になると思うので不合格ということはないでしょう。

振込みはいつ?

稼いだ記事の報酬は合計が2,000円を超えた時点でのお振込みになります。2000円を超えたらこちらから「支払い申請」手続きを行い、申請受付から5営業以内に振り込まれるようです。

その際振込手数料200円と、源泉徴収税、復興税が差し引かれるそうなので、ある程度の報酬額になってから申請した方が得ですね。

個人的な感想

その時によって、募集している案件は違うのでしょうが、現在(2019年2月)募集している案件のテーマが、犬が2件、猫が3件と少ないので、「とにかく稼ぎたい!」という人には向かないかもしれません。

ただ、「ネコカフェに行った感想」とか「保護犬との出会い」などの体験談の案件の場合、同じライターが何度でもエントリーできるものもあるので、体験談が多い人、あるいは体験した知人や友人にインタビューして、それを基に記事作成してもOKだと思うので、やり方によってはそれなりに稼ぐことも可能でしょう。

しかし、1点不安なのが、「記事の質によって報酬が変わるところ」ですね。最初から金額が決められていれば問題ないですが、ポチタマ側によって報酬が決められてしまうので、ライターにとっては少し納得いかないかなあと。

ですから、あくまで趣味、軽いお小遣い稼ぎとして行うのが良いかと思います^^

クラウドワークスでもペットに関連する記事募集案件がたくさんある!

ペット関連の記事を専門に扱っているポチタマライターですが、その時によって案件が少ないこと、報酬額の規定が曖昧なこと、この2点をネックに感じる人もいると思います。

そんなときはこちらの「クラウドワークス」がおすすめです↓

クラウドワークスは在宅ワークの求人サイトなのですが、こちらは報酬額もきちんと決まっており、案件も豊富にあります。

私もクラウドワークスで何度かお仕事をした経験がありますが、報酬もきちんと支払ってもらえるので、安心・安全です。

その時によって違いますが、ペット関連の記事を書く案件も多数掲載されています↓

万が一、自分が書けそうな案件がなくても、日々新着の案件は入ってくるのでこまめにチェックしていればマッチした案件に当たる可能性は高いです。

文字単価が最初から決まっているのも嬉しいところですが、案件によって大きくバラつきがあるのは、求められる条件や記事の質が違うためです。

文字単価が高くなっているものは、それだけクオリティの高い記事を求められます。構成もキッチリ指定されますし、禁止事項やチェックも厳しいので、ライター初心者の方なら、最初は手を出さない方が無難です。

逆に文字単価の低い案件は、条件が厳しくなく、ネットで調べた情報をまとめるだけで書けるものが多いので、初心者向きです。

ペットの写真・動画を売って稼ぐ!

記事を書くのが苦手という人は、ペットの写真や動画を売って稼ぐ方法もあります。こちらもクラウドワークスで募集されていることが多いです↓

掲載されている案件のほとんどが動画の方で、写真はごくたまにしか掲載されてないので、もし写真を売って稼ぎたいという人は、こちらの「Snapmart」というサイトがおすすめです↓

こちらはスマホで撮った写真を販売することができるサイトで、犬、猫の写真は人気なので、スマホ内に自分のペットの写真がたくさん溜まっているという人は、こちらで販売してみましょう。

ただ写真を売るだけでなく、コンテストも常に開催されていて、入賞すると賞金が数千円、数万円貰えるので写真で稼ぎたいならこちらがおすすめです。

動画にしても写真にしても、撮るだけで簡単なので、気軽にお小遣いをGETしたい人向きですね。

また、買い取られた写真やコンテストで入賞した写真は大手メディアサイトや雑誌などに掲載されることもあり、そこから大きな仕事が舞い込むこともあります。

収入面だけでなく、自分のかわいいペットを世の中の人に披露できるというメリットもあるので、楽しみながら稼ぐことができるのも◎

ペットお世話代行業で稼ぐ!

大好きな動物達と触れ合いながら収入を得たいなら、ペットお世話代行業であるペットシッターで収入を得るという方法もあります。

ペットシッターサービスサイトなどで、求人を募集していることもあるので、自分の住んでいる近辺に求人募集がないか調べてみましょう↓

出典:https://www.pet-ss.com/

出典:https://www.pet-ss.com/contents/company/arbeit/

時給は1000~2000円前後と高く、短時間で高収入を得られるのでおすすめ。何より大好きな動物のお世話をしながらお金を得られるというのが最大のメリットですね。

また、ワンちゃんを「ホストファミリー」として迎え入れて報酬を得られるサービス「Dog Huggy(ドッグバギー)」もおすすめです↓

出典:https://doghuggy.com/host/landing

どんなお仕事?

旅行や外出などで愛犬を連れて行けずにお困っている飼い主さんのために、代わりにお世話を引き受ける仕事です(ドッグホストと呼ばれます)

ペットシッターやペットホテルと違うところは、自分の家で預かってお世話するという点です。ですからわざわざ飼い主さん宅まで出向く必要がなく、自分の慣れた環境で落ち着いてお世話することができます。

報酬は?

基本的に報酬額は自分で決められるようです。その他に散歩、ショートステイ、お泊りなどの活動内容やスケジュールも、ドッグホスト側で設定できます。

ただし、報酬のうち30%はDog Huggyに手数料として差し引かれます。なお、稼いだ報酬は「出金申請」を行ってから翌々月の15日までに指定の口座に振り込まれるようになっています。

どうやって始めるの?

ドッグホストになるためには、以下の手順を踏みます↓

① 説明会に参加

Dog Huggyのトップページ右上にある「説明会を予約する」をクリックして、説明会に参加予約を入れます。

説明会はドッグホストの詳しい仕事内容や、システム内容、報酬やトラブルに関してなど、疑問点や不安点などを解消するために行われています。

説明会は東京目黒にあるオフィス、もしくはオンライン形式で自宅のパソコン、スマホから参加可能です。

② 審査・面談

ドッグホストになるには犬の飼育経験が必須条件で、審査や面談もあります。こちらもオンライン形式で行うことができ、結果もオンライン上で伝えられます。時間にして30分~1時間かかります。

③ 活動開始

無事審査に合格したら、ドッグホストとして活動できるようになります。まずは自分のプロフィール写真や内容の登録をします。

飼育経験の有無や長さ、これまでどんなワンちゃんを飼ってきたかなど、詳しく書くことが重要です。

基本的に、登録したら飼い主から連絡を来るのを待つという形なので、自分からコンタクトを取ることはできません。

ですから、依頼があって初めてお仕事を開始できるようになります。

「飼っていた大事な愛犬を亡くしてしまって寂しい」

「また犬を飼ってみたいけど、ずっとお世話できるか不安」

「とにかく犬が大好き。いろんなワンちゃんと触れ合いたい」

なんていう方はこの仕事を始めてみてはいかがでしょうか?イメージとしては、近所で飼われているワンちゃんを飼い主さんの代わりに数時間、数日預かるというような感じです。

預かれる時間や日数などは自分で自由に設定できますし、万が一ワンちゃんの体に異変があった場合などは、獣医資格をもつ運営局スタッフが24時間体制で対応してくれるので安心です。

最後に

動物が好きという人は今回紹介した副業に是非挑戦してみてほしいですね。特に敷居が低いのは写真や動画を売って稼ぐ方法です。

既にスマホで撮り溜めた写真がたくさんあるという人は、それが思わぬ収入を生む可能性もありますからね^^

ちなみに、私の友人が過去にSnapmartのコンテストに飼い猫の写真を投稿して入賞したことがあります。

その時の入賞金額は1万円!賞金は手数料が引かれることがないので100%自分の利益になるのが魅力です。

気になる方は是非トライしてみてください↓

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする