クラウドワークスで稼げる人と稼げない人の違いはたった1つ。

どうもちいままです!今回は、大手クラウドソーシングサイト「クラウドワークス」について書いていきたいと思います。

私自身、クラウドワークスはライターとして少しだけ仕事をした経験があるのですが、

クラウドワークスを実際やっている人からよく聞くのが「稼げない」ということです。

案件はたくさんあるものの、どれも単価が安すぎて稼げない、頑張っているのに月5000円も稼げないという嘆きの声の数々。

「じゃあ、クラウドワークスは詐欺サイトなのか?」というと、決してそうではなく、むしろ、「ランサーズ」と並ぶ大手サイトです。

実際、クラウドワークスで生計を立てられるレベルの収入を稼ぎ出す人は存在しますし、割合的には少ないですが、主婦の人でも、月収5~10万稼ぐ人もにいます。

では、稼げる人と稼げない人の違いとは一体なんなのか?

今回はこの違いについて詳しく書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

クラウドワークスで稼げる人と稼げない人の違いはたった1つ。

「子供が小さいから自宅でできる仕事がしたい」

「給料が安いので、副業してもう少し収入を増やしたい」

「人と接するのが苦手なので人と関わらない仕事がしたい」

などなど、このような理由から、クラウドワークスで仕事を探して稼ごうと考えている人はとても多いと思います。

現在クラウドワークスでは5000件近くものお仕事案件が掲載されており、日々新着案件が途切れることなく追加されています。

報酬額も、高いものでは数万~数十万にのぼるものもあり、クラウドワークスは在宅で仕事をしたいと思っている人にとっては、とても優良なクラウドソーシングサイトだと言えます。

しかし、実際、クラウドワークスで仕事経験がある人の話を聞いてみると、「なかなか稼げない」「何時間もやって1日1000円にもならない」という稼げない組と、

「1日4~5件の案件をこなして2000~3000円は稼げた」「コンスタントに月収20万以上は稼げている」という稼げる組、見事に分かれていることが分かります。

果たしてこれはなぜなのか?

調べてみると、その1番の理由は「経験・知識・スキルの違いの差」でした。

クラウドワークスでは、様々なお仕事案件が用意されていますが↓

効率的に大きく稼ぎたいなら、当然報酬が高い案件を狙っていくことが必要になってきます。

しかし、報酬が高い案件は、求められるスキルも当然高くなります。

例えばライターの案件。

以下は現在(2019年7月)募集されているライターの高額案件になります。

1つ目の案件は、1文字2円の6000文字で、これだけで12000円の報酬になりますし、2つ目の案件に関しては1文字4.8円ですから、たった400文字で1900円以上になります。

慣れれば1000文字は1時間程度で書くことも可能になるので、時給に換算すれば、1文字2円なら時給2000円、1文字4.8円なら時給4800円にもなります。

このような高額案件を狙っていけば、月収20~30万も不可能な金額ではなくなりますよね。

しかし、これらの高額案件をこなすためには、必ず「経験・知識・スキル」が必要になってきます。

まず、先程紹介した1文字2円の案件。

こちらは記事のテーマが「転職」になっています↓

具体的な記事の内容は以下のような感じ↓

これらの記事タイトルから、内容や構成を自分で考え、最低でも1記事6000文字の執筆が条件となっています。

その他にも画像選定作業も含まれており、Wordpressでの投稿になるので、Wordpress経験者であることも条件に含まれます。

また、執筆した記事は、担当ディレクターが校正・チェックし、不備があれば差し戻しされ、もう一度修正を加えた上で要約納品となります。

このように、高額案件には、ある程度の「経験・知識・スキル」が必要とされるだけでなく、事細かなルールが設けられています。

こうなると、経験や知識・スキルがない人だと、案件に応募しても、採用される可能性は限りなく低いと言えるでしょう。

現に、私はクラウドワークスで高額案件に何度も応募してみましたが、連絡すらきませんでした(^_^;)

やはり何のスキルも持ち合わせていないと、門前払い状態のようです。

まあ、当然ですよね。

いくら「初心者歓迎」「未経験可」と書かれていても、実際採用されるのは経験者・スキルを持ってる人です。

クラウドワークスは在宅案件がほとんどですから、パソコンが使えることは基本中の基本であり、そこにプラスαで、HTMLや、Word、Excel、Webデザインなどのスキルがあると、高額案件に絞って応募ができるわけです。

じゃあ、私のように何のスキルも持ち合わせていない人はどうすればいいのか?

それは、スキルを必要としない、報酬単価の低い案件に応募することになります。

例えばこのような案件ですね↓

タスクでの簡単なアンケート案件になります。

タスクはすぐに作業に取り掛かれて、すぐに報酬が入るのがメリットで、案件内容も誰にでもできる簡単なものが多いので、スキルをあまり必要としません。

しかしその分報酬は数十円~数百円と、かなり低いので、たくさん案件をこなしても、なかなか稼げないことがネックです。

この他にも、簡単なデータ入力や動画・写真撮影、身近なものをテーマとしたライティング作業など、スキルがない人でもできる案件はたくさん掲載されています。

でも、先程同様、その分報酬はかなり低く設定されています。

そりゃあ、誰にでもできる仕事なら、代わりはいくらでもいるということですからね。高い報酬を払う価値はないわけです。当然ですね。

スキルがあれば、高額案件の仕事を請け負うことができるので、少ない案件でも、効率的に稼ぐことができます。

一方でスキルがないと、必然的に安い案件をやることになりますから、多く案件をこなしても、大した報酬にならず、なかなか稼ぐことができないわけです。

つまり、これがクラウドワークスで稼げる人と稼げない人の違いです。

そう、要はスキルがあるかないかなんです。

クラウドワークスで稼ぐために必要なことはたった1つ。

上記ではクラウドワークスで稼げる人と稼げない人の違いは、スキルがあるかないかと述べましたが、これから時代が進むにつれて、益々それは強くなっていくと思います。

特に、オンライン上で完結する仕事の場合、パソコン操作知識はあった方が断然有利になるわけで、クラウドワークスでは、以下のようなスキルを持っていると大変有利になります↓

特に、デザイン系やホームページ制作スキルは高単価なので、本業レベル程の収入を稼ぐことも可能です。

ライティングも、SEOなどの知識を持ち合わせていれば、それだけで文字単価は全然違ってきます。

SEO・・・検索エンジンで上位表示されるために行う対策のこと。SEOを意識したライティングができる人は限られているので、単価が高額であることが多いです。
 
 
このように、スキルや知識が身に付けば、報酬アップは勿論、応募できる仕事の幅もぐんと広がっていきます。
 
 
「スキルがないから、とにかく安い案件をたくさんこなす」という考えでは、効率が悪いですし、おそらくモチベーションも長くは続かないでしょう。
 
 
ですから、クラウドワークスで稼ぎたいと思ったら、難しくても、高単価な案件に積極的に挑戦して、自らスキルを磨いていくことが重要です。
 
 
 
最初は誰でも0からのスタートなわけですから、「簡単・誰にでもできる」案件に逃げず、少しずつ実績を積んでいくようにしましょう。
 
 
 

最後に

 
いかがでしたか?クラウドワークスで稼げる人と稼げない人の違いがお分かりいただけたでしょうか?
 
 
稼ぐためには、他の人にはないスキルの高さが必要とされます。例え1つだけでも得意な専門分野があれば、収入は格段に上がるでしょう。
 
 
企業に雇われて仕事する時代は、終わりを告げようとしています。
 
 
これからは、自分自ら稼ぐ力を身に付けていかなければ生き残れない時代になりつつあります。
 
 
どんなに、高学歴でも資格やスキルがあっても、結局はそれを仕事に活かせなければなんの意味もありません。
 
 
クラウドワークスで稼げないと嘆いている人も同じです。
 
稼げないのはクラウドワークスがダメだからではなく、自分の努力不足です。
 
稼ぎたいなら、とにかく努力すること。これ以外に道はありませんよ!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする