主婦がココナラで1ヶ月4万稼げた体験談!出品サービスは記事作成!

どうもちいままです!以前にもココナラでの体験談記事を書かせて頂きましたが↓

ココナラで出品してみた体験談!1ヶ月の稼ぎを公開!

今回も、前回に引き続き、またその後の1ヶ月の稼ぎを公開したいと思います。

タイトルには既に書いていますが、その後の1ヶ月で約4万近くの収入を稼ぐことができました。

出品したサービスは前回同様、記事作成です。普段からLINEでのやり取りや、趣味でブログをやっている程度の文章力があれば誰にでもできるこの仕事。

私も特にタッチタイピングが早いとか、特別文章スキルが高いわけでもなく、ただブログを運営していたというだけで、記事作成のお仕事に参入しました。

しかし、実際やってみたら「思ったより収入になった!」というのが正直な感想です。

勿論、楽してこの金額を稼げたわけではありませんが、私のように育児や家事に忙しい主婦の人には持って来いの仕事だなと感じたので、今回記事で詳しく書いていきたいと思います。

主婦に限らず「少しでも収入が欲しい・・・」と考えている人は是非読んで見てください!

スポンサーリンク

主婦がココナラで1ヶ月4万稼げた体験談!出品サービスは記事作成!

まず、サービスを出品する場合、どのカテゴリで出品するかを明確にしなければなりません。

なぜなら、購入者はこのカテゴリからサービスを選んで探すからです。

一番マッチしているカテゴリで出品することで、購入率も大きく変わってくるので慎重に選ばなければなりません。

私の場合は記事作成なので「ライティング・ネーミング」のカテゴリに分類されますが、そこからさらに細分化され、

文章・記事の作成、キャッチコピー・ネーミング、校正、編集、リライト、ブログ記事作成などに分けられています。

文章・記事の作成のカテゴリではライター上級者達が多く出品している印象で、1文字の単価も1~3円前後と高めに設定されています。

その分、作成する記事はSEO対策対応やIT係、金融係、保険など、専門知識を必要とする高品質な記事を発注しています。

勿論、私の文章力程度ではこういったジャンルでは太刀打ちできないので、もっと敷居の低い「ブログ記事」での出品が最適となります↓

ブログ記事は美容、健康、育児、エンタメ、生活関連など、ネットや本などで調べてまとめるだけで、特に専門知識がなくても書けてしまうジャンルです。

これなら、文章作成経験が浅い人でも努力次第でどうにか対応することができます。

私は無理のないように、「ダイエット、美容、育児、副業、エンタメ、生活関連」など、自分が書きたい記事のみにジャンルを絞って受け付けるようにしました。

サービス価格は1文字0.5円。つまり1000文字で500円です。Webライター業界でこの文字単価は破格。

2019年5月よりルールが変わり、記事作成カテゴリの最低価格が1000円に変わったので、現在500円で出品することはできなくなりました。

最低でも1文字1円からが今の文字単価の相場であり、それ以下の文字単価で引き受けるライターはなかなかいません。いるとしてもライター未経験者に限ります。

私の場合は専門分野の記事は経験がありませんが、美容やエンタメなどの分野ではそれなりにアクセス数を稼いだ経験があります。

従って、ライターのレベルとしては一応中級くらいに値すると思うので(自称)この価格では割に合わないというのが正直な本音です。

しかし、そもそもの話、お客さんに依頼してもらわないことには何も始まりませんので、とりあえずはこの価格で出品を開始しました。

結果どうなったか?

依頼殺到です。

出品してわずか1~2日で次々に問合せが入り、ほぼ一日中問合せの対応に追われることに・・・。

これは嬉しいことなんですが、忘れてはいけないのは、依頼してきている人は「安いからきているだけ」ということ。

ココナラでの記事作成相場価格を見るとほとんどが1文字1円からであり、私のような低価格な単価で提供している人はなかなかいません(いてもごくわずか)。

そのため、少しでもコストを抑えて記事作成をしたいお客さんが集まってきたのでしょう。

おそらく相場価格の1円にしていたら、ほとんど依頼はこなかったと思います。

ただ、重要なのはココからです。例え安さに釣られて来たお客さんだったとしても、自分の記事作成の腕前を披露する大チャンス。

ここで自分の実力を分かってもらえれば、その後も購入してくれる可能性が高まるので、低価格であっても手を抜かず一生懸命対応していきました。

合計すると1ヶ月で20件くらいのお仕事をこなし、書いた文字数合計は10万文字以上くらいにはなったと思います。

その結果、1ヶ月で稼いだ合計金額は以下の通り↓

赤枠の累積売上が、これまで稼いだ金額の総合計です。

47556円となっていますが、そのうちの8052円は前の月に稼いだものなので、その分を差し引くと39504円で約4万ですね。

ちなみに、隣にある今月の累積売上については、1ヶ月分ではなく半月分の収入合計になります。

ココナラでは1~15日に稼いだ分は同月の20日、16~月末までに稼いだ分は翌月の5日に振り込まれることになっているため、月をまたいでしまうと、また1からのカウントになります。

私の場合、前月の16日から末までは21000円ほど稼ぎ、翌月の15日までには18000円稼いでいるので合わせて1ヶ月で約4万という計算です。

以上が私のココナラでの稼ぎになります。パート代までは匹敵しませんが、学生のバイト代くらいは稼げたので、自分ではまずまずの金額ではないかと思います。

ココナラの記事作成で3万以上稼ぐ4つのコツとは?

さて、記事作成というお仕事で1ヶ月で4万近くを稼ぐことができた私ですが、やれば誰にでも稼げるかというと、やはりそうではないと思います。

私がココナラを利用してみて分かったのは、稼ぐために必要なのは「スキルだけではない」ということ。

どんなに素晴らしい文章力があっても、稼げない人は稼げませんし、私のようにそこまで文章力が高くなくても稼げる人は稼げます。

ではどうすれば稼げるようになるのでしょうか?

せっかくココナラにはりきって出品しても、誰からも依頼されず、稼げないという結果になってしまわないように、今回の自分の経験を基に、ココナラの記事作成で3万以上稼ぐコツをまとめてみました。

稼ぐコツ①最初は低価格で売る

以前の記事でも書きましたが↓

ココナラで出品してみた体験談!1ヶ月の稼ぎを公開!

やはりここはとても重要です。先程も述べましたが、私は1文字0.5円という相場の半額の金額で記事作成を受注していました。

つまり、本来なら1000文字書けば1000円になるところが、半分の500円になってしまいます。

同じ記事でもこんなに金額が違うのではバカらしくてやってられませんよね。

しかし、ココナラを利用する人は、ほとんどが個人での依頼。特に「ブログ記事」に関してはその傾向が強いです。

企業や法人での依頼もありますが、そういった人達は記事作成予算を大幅に持っているため、ランサーズやクラウドワークスなど、クラウドソーシングを通じて募集することがほとんど。

わざわざ自分自ら依頼をかけてくるということは少ないです。

その一方で個人での依頼は、基本金額基準で記事作成依頼をしてきます。

ですから、悪い言い方をすれば「安くやってくれるならどんな記事でもいいよ」という姿勢で依頼してくる人が多いです。

つまり、ココナラで依頼してもらうには「低価格」は必須条件。

特に文章作成初心者の人や実績がない人はもう絶対と言ってもいい条件です。

現に、試しに1文字1円に設定したら、蜘蛛の子を散らすように依頼者がいなくなりました(笑)

依頼者の中には何人かリピートのお客さんがいらっしゃったのですが、価格値上げを提示したら、返事どころか音信不通に・・・。

ここからも分かる通り、ココナラの依頼者さんはとにかく「安く」を第一に考えている人が多いので、もはや「記事の質」はほとんど重視してないようです。

従って、ココナラで出品するなら、まず最初は低価格でスタートすること。これ必須ですよ。

稼ぐコツ②返信はできるだけ早くに返す

次に重要になってくるのが、依頼者への対応です。私が心がけたのは「なるべく早く返信を送る」ということ。

ココナラではスマホのアプリからもやり取りができるので、パソコンの前にいなくても、外出中にも問い合わせのチェックや返信ができます。

私は常にメッセージを確認し、すぐに返事ができないときでも、一言「ただ今外出中ですので、お返事は夜にさせて頂きます」など添えるようにしていました。

ココナラはLINE同様、既読機能があり、メッセージを開くと「○○時に開封済み」というチェックが入るようになっています。

つまり、メッセージを読んだかどうかは、相手に分かるようになっているのです。

メッセージを読んでいるはずなのに連絡がこないというのは印象が悪いですし、後できちんと返したとしても、返信までに時間がかかると、「もういいや」となってしまう依頼者も少なくありません。

ですから、連絡はこまめに返すこと。これだけでも依頼者から好印象となり、次にまたリピートしてくれる可能性が高まります。

稼ぐコツ③不得意ジャンルは対応しない

ココナラのライターでよく見受けられるのが「全ジャンル対応」「どんな記事でも書きます」というもの。

どんな記事でも対応できれば、それだけ依頼者も増えますし、その分収入もアップするので、ガッツリ稼ぎたいという人ならありだと思います。

参入したことのないジャンルに挑戦することで文章力も上がりますしね。

ただ、私のように時間がなくて兼業でしか働けないという人にはおすすめできません。

私も最初の頃は「何でも書きます」とサービス内容に掲げていましたが、実際に自分の書いた経験のないジャンルは異様に時間を取られてしまうことに気づきました。

たった1000文字書くのに4~5時間もかかってしまい、しかも納品した記事は内容がずれているとクライアントからクレーム。

評価も頂けないという結果になってしまいました。

これでは仕事の効率が悪いですし、依頼者側にも迷惑ですね。

例え低価格であっても、お金をもらう以上、このような結果になってしまうのはライターとして失格です。

私はこの経験から、それ以降は「不得意ジャンルは対応しないようにしよう」と決め、自分の得意ジャンルのみで受注するようにしました。

「それじゃあ依頼者は減っちゃうんじゃないの?」と考える人もいるでしょうが、実際は減ることはなく、依頼は常に満員状態でした。

ただ、中には、サービス内容をきちんと読まずに、非対応ジャンルでの記事作成を依頼してくる人もいたりします。

勿論そういう人はきっぱり断るようにして、無理な依頼は受けないようにしました。

ただでさえ安いのに、この上記事作成に時間がかかりすぎると、稼げるどころの話ではなくなってきますからね。

しかし、私はこのおかげで自分の得意ジャンルだけで記事作成できるようになったので、とても納品がスムーズになりました。

何でもOKは逆に非効率。自分の得意とする仕事だけに絞り、どんどん受注件数を増やしていく。

これで実績も評価も溜まっていくので、断然こちらの方が売り上げが伸びます。

稼ぐコツ④早くできそうなものから納品していく

通常なら、依頼された順番に仕事をこなしていくものですが、必ずしもこのやり方が正しいとは限りません。

なぜなら、ジャンルや文字数、記事数によって、記事作成時間は大きく変わってくるので、早くできるものから納品していった方が効率が良くなるからです。

まとまって5記事、10記事、20記事と依頼される方もいますが、その他はみんな、1記事1000文字のみでの依頼です。

いわば、皆さんお試しでの依頼ですね。「このライターの記事はどれほどのものか?」ということで、まず試しに1記事依頼してきます。

こういった単品での依頼は執筆する文字数が少ないので、依頼を受けて1~2時間以内に納品することも可能です。

ですから、時間のかからない単品記事からどんどん納品していけば、売り上げもその分比例して伸びていきますし、販売実績もどんどん溜まっていくので、こちらの方が効率が良いです。

また、一度でも文章を作成することで「リピートしたい」という人も出てくるので、単品記事をたくさんこなすことは、顧客を増やすというメリットにもなります。

実績を早く積むため、顧客を増やすため、まずは早くできそうなものから納品していき、時間がかかりそうなものは後に回してじっくり書く。

1ヶ月4万近く稼ぐことができたのも、このやり方の部分が大きかったと思います。

ココナラのメリットとデメリット!

さて、ココナラのライターとして、まずまずの収入を得た私。でも、実際ココナラを利用して、メリットもたくさんある反面、同じだけデメリットもありました。

育児に家事に忙しい主婦が在宅のみで1ヶ月4万稼げたというのは、(自分の中では)なかなかのものだと思うのですが、決して楽に稼げたわけではないので、苦労した部分もきちんと書いていこうと思います。

まずはメリットから。

ココナラはここがメリット

価格もサービス内容も自由に設定できる

通常クラウドワークスなどを介して仕事をする場合は、自分で案件を見つけて応募しなければならず、探すだけでも結構手間がかかります。

しかも、高単価な案件を見つけても、当然他の応募者も多く、実績のない初心者はまず落とされる可能性の方が高いです(というか連絡すらこないこともしばしば・・・)

また、記事の構成、文字数、画像選定、禁止事項なども事細かに規定があり、基本クライアントの支持に従わなければなりません。

実際に私もクラウドワークスで記事作成の仕事をやってみましたが、とにかくルールに従って書くというのが大変でした。

不備があればOKが出るまで修正をしなければなりませんし、文章を書く以外に、画像選定を10枚以上、タグやキーワードを付ける作業なども含まれており、1記事納品するまでにかなりの労力と手間がかかります。

しかしココナラではこれらの問題は一切ありません。ココナラでは文字単価も、書くジャンルも、納期も全て自分の自由に設定できます。

しかも一度出品すれば、後は依頼が来るのを待っているだけ。

自分のサービスを見て気に入ってくれたクライアントが自ら依頼してきてくれるので、こちらから営業する必要がなく、大変楽です。

受けたくない仕事は断ることもできますし、「受け付け休止」にすれば、いつでも休むことができます。

納期も制限も比較的自由

クラウドソーシングでの仕事は記事構成、見出しの数、文字数、全てにおいてマニュアルが用意されており、それに従って書くという場合がほとんど。

しかし、ココナラでは個人で頼む人が多いので、これらの事細かなルールはあまりありません。

ジャンルや大まかな構成だけで、後はほぼ自由に書くことができるので、非常に楽です。

また、納期もこちらで決めることが可能。勿論、依頼者からの要望があれば、間に合うように仕上げていきますが、特にない場合はこちらのペースに合わせて自由に設定できます。

すぐに依頼がきやすい

ココナラは実績や評価が溜まっていくことによって、出品者ランクが上がるシステムとなっています。

ランクが上がれば上がるほど、ココナラのサイト内で上位表示されやすくなるので、依頼がきやすくなります。

もしこれが自分でブログを立ち上げて仕事を取ろうものなら、なかなか上手くはいかないでしょう。

なぜなら、信用や実績のない人には、まず依頼しませんし、ブログにアクセス数を呼ぶようになるまでにも相当な時間と記事の投入が必要になるからです。

その点ココナラは、既に知名度も利用者もついていますので、仕事を始めてすぐに依頼が舞い込んでくる環境にあります。

分かりやすく実績や評価も見られるようになっているので、信用を得やすいわけですね。これらのココナラのシステムのおかげで初心者の人でもあっても依頼をスムーズに取ることができます。

以上3つがココナラのメリットになります。忙しい主婦にとって、自分から営業しなくても、依頼が入るのはありがたいですし、依頼内容も納期も自分で決められるのも非常に働きやすいですね。

では、続いてはデメリット。

ココナラはここがデメリット

いちいちやり取りが大変

依頼が殺到することはとても喜ばしいことですが、一人一人、依頼者とやり取りしなければらないというのが実際かなり大変です。

一人一人依頼内容もジャンルも異なりますから、記事を書く前に入念な確認が必要になってきます。

私の場合は一度に10枠まで受注できるように設定してあり、あっという間に枠が埋まってしまったため、一気に10人の依頼者からの問い合わせ対応に追われる羽目になってしまいました。

サービス内容をきちんと理解せずに依頼してくる

正式に購入する前に、ダイレクトメッセージで必ず連絡するように、サービス内容に記載しているのですが、

メッセージの連絡なしに購入してしまったり、非対応ジャンルでの依頼や、対応していない作業まで依頼してくる人が中にはいます。

こういった依頼者がいると、また説明する手間が出てきてしまい、その分時間を取られてしまいます。

また、依頼してきたにも関わらず途中から音信不通になることもしばしば。

せっかく一生懸命やり取りをしても時間の無駄になることも多かったです。

労力の割にはお金にならない

ココナラの手数料は割高で、25%も取られるシステムになっています。

つまり500円売り上げても、365円、1000円でも730円と、売上金がそのまま手元に入るわけではありません。

しかも私の場合は通常の相場価格の半額で仕事を請け負っているため、1万円分の仕事をしたとしても、半額の5000円になります。

そしてそこからさらにココナラから手数料を取られると、3650円になってしまいます。

つまり、1万円分働いても、そこから6350円も引かれてしまうので、労力の割にはお金にならないという結果に。

かと言って値上げをすると依頼が舞い込まなくなってしまうので、それもできず・・・。

というわけで、メリットもデメリットもそれぞれ多いココナラ。「じゃあクラウドソーシングを使った方が良くない?」という話になりますが、実はそんなこともないんです。

ココナラの記事作成は主婦や学生のお小遣い稼ぎとしておすすめ!

それは先程も述べたように

価格も納期も自由に設定できる

自分から営業する手間がない

自分のペースで受注できる

などの点から、無理なく仕事ができるからです。

低価格の上、手数料も取られるので、労力に見合わない報酬にはなってしまいますが、それでも自分の自由に仕事ができるのは、育児に家事に忙しい主婦の人には大変ありがたいワーキングスタイル。

また、学生のお小遣い稼ぎとしてもおすすめです。

特に記事作成は特別なスキルなしでも、努力次第でどこまでも上達できる仕事なので、とりあえず在宅にいながら手っ取り早く収入が欲しいという人には持って来いです。

クラウドワークスで案件を探すのが面倒という人や、育児や家事で忙しく、少ししか作業時間が取れない主婦の人は、十分利用価値があると思いますので、気軽に始めてみていいでしょう。

Webライターは本気でやれば月収30万以上も夢じゃない?

ただし、本気でWebライターとして稼ぎたい場合、ココナラはおすすめしません。

なぜなら、ココナラで実績を積んでいくら腕を磨いても、低単価で高い手数料では、いつまで経っても労力は減りませんし、収入も上がらないからです。

ココナラはあくまで練習用と割り切って、月収1~3万円程度と、お小遣い稼ぎであると捉えた方がいいでしょう。

ココナラである程度稼いだら、クラウドワークスや自らクライアントに直接コンタクトを取って仕事をした方がいいです。

Webライターは本来なら1文字1円が最低単価で、トップクラスになると1文字10円以上になることも珍しくはありません。

つまり、ココナラで1000文字で500円しかもらえないのが、トップクラスのライターは10000円ももらっていることになります。

勿論、そうなるためには文章作成スキルを磨く必要がありますが、文章のスキルというものは、結局はたくさん記事を書くことで上がっていくものであり、

いわば努力すれば誰でもスキルを上げることは可能です。

文章スキルが上がれば、後は、自分を売り込んで高単価の案件を獲得するだけです。そうなればWebライターで月収30万以上も決して夢ではありません。

1文字10円で依頼されるようになるにはかなりの努力が必要ですが、1~3円前後なら、主婦の人でも半年~1年程で到達する人もいます。

例えば1文字3円の仕事ができるようになれば、1日1000文字書いたとしても3000円で、1ヶ月で9万円にもなります。

1000文字は慣れれば30分~1時間以内で書けてしまうので、時給に換算すると3000~6000円にもなります。

通常外で働いていたら、こんな少ない労働時間でこれほど稼ぐことはできませんが、Webライターはそれが可能になる仕事です。

しかも未経験初心者からスタートしても半年~1年程で実現してしまうのです。

記事作成の仕事はこれからも益々需要が伸びることが予測されますし、何より、完全在宅で、パソコン1台あれば稼ぐことができてしまうので、これほど参入しやすい仕事はないでしょう。

イラストやデザインと違い特別なスキルや技術を身に付ける必要もなく、基本は文章を打つだけですからね。

文章を作成することは、おそらく小学生から皆さんやってきたと思いますし、元々本が好きで読解力がついている人、調べることや分析することが好きという人なら、あっという間に稼げてしまう可能性が高いです。

まずはココナラで記事作成のお仕事をする感覚に慣れて、ある程度実績がついたら、そこからさらにスキルを上げて、高単価な案件に積極的に応募したり、営業して自分を売り込んで、Webライターとして稼げるようになっていきましょう。

まとめ

・ココナラは頑張れば主婦でも1ヶ月で4万近くの収入を稼ぐことができる

・ココナラのメリットもデメリットもよく理解すること

・ココナラは主婦や学生のお小遣い稼ぎとしておすすめ

・スキルや実績を積めばWebライターとして生計を立てていくことも可能

お小遣い程度稼ぐにしても、ガッツリ稼ぐにしても、楽して稼げないということだけははっきりしています。

結局、未経験、初心者のうちは、どんな仕事であっても「下積み時代」というものが必要で、ここに耐えられない人は例え500円の収入でも稼ぐことはできません。

お金をもらう以上、責任を持って本気で取り組むことが重要ですよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする