車を貸すだけで毎月5万以上稼げるカーシェアリング副業!

どうもちいままです!今回は毎月5万以上の収入が見込める「カーシェアリング」副業について書いていきたいと思います。

車を購入したものの、ほとんど乗っていないという人はいませんか?

車を所有しているとガソリン代や駐車場代、保険や車検、税金など何かと維持費がかかるので、あまり乗らない人にとっては損してしまいますよね。

ただ、売るにしても、いざ車がないと困るときもあるし、そもそも高いお金を払ってせっかく購入した愛車を手放すのもなかなかできない・・・。

カーシェアリングはそんな人におすすめの副業です。

車を貸すだけで月数万円、人気車種なら毎月5万以上稼ぐことも可能になります。

自宅に空いている車があるという人は、その車を有効活用して副収入をGETしちゃいましょう!

スポンサーリンク

カーシェアリングを始めるためのおすすめサービスサイトはコレ!

 

カーシェアリングを始めるには、まずは個人間カーシェアサービスのマッチングサイトに登録する必要があります。

個人間カーシェアサービスサイトは探せばたくさんありますが、おすすめは下記の3サイト↓

Anyca(エニカ)

運営社:DeNA

運営開始時期:2015年9月

登録会員数:9万人

登録台数:3500台以上

車種登録台数:600種類以上

保険:東京海上日動の1日自動車保険(車両補償付きプラン)

登録会員数、台数共にカーシェアサービスの中ではダントツ。高級車BMW「i8」やベンツ、マーキュリーなどの旧車、痛車など、レンタカーや大手のカーシェアリングサービスではまず乗ることのできない車がリーズナブルな料金で借りられます。高級車を買ったものの、週末しか乗らずにほとんど車庫で眠っているなんて人にはおすすめですね。

シェアのり

運営者:田平誠人

運営開始時期:2016年12月

登録会員数:600人以上

登録台数:150台以上

保険:あいおいニッセイ同和損保の1日自動車保険

Anycaと比べると、登録台数は圧倒的に少なくなりますが、高級車などを幅広く扱っているAnycaとは対照的にシェアのりでは一般的な国産車などを多く扱っているのが特徴です。

そのためドライバーのターゲットは「この車種に乗りたい」という人より「安く車を借りたい」人が中心。そのため高級車を所有していない人はこちらに登録するのがおすすめです。

また、キャンプや釣り、スキーやスノーボードなど、アウトドアやスポーツ目的で借りる人には、オプション料金を支払えば、備品として登山用品、テント、BBQグリル、クーラーボックス、チェア・テーブル、寝袋、スキー・スノボ板、サーフボード、ゴルフセットも貸し出されるなどのサービスもあります。

Anycaと比べると小規模ですが、Anycaにはないこれらのサービス展開により、今後さらに需要が伸びるものと思われます。

Cafore

運営社:株式会社trunk

運営開始時期:2015年2月

登録台数:1600台以上

保険:ドライバーは「ドライバー保険会員」、オーナーは「レンダー補償」に加入が義務付けられています。レンダー補償は、車両損害に関わる諸費用を最高30万円まで補償するもの。

オーナーは側も保険に入らなければいけないので、借り手が現れないときは逆に損してしまうのがネックです。しかし、他のサービスと比べると、登録車の都道府県範囲が広いのがメリット。これらのことから、帰省使用目的や、地方在住のドライバーからの需要が多く見込めます。

どのサイトに登録するかは、自分の所有している車や、住んでいる場所によっても変わってきますが、おすすめはやはりAnycaではないでしょうか。

登録者数9万人を誇る大手なので、借り手の需要はかなりあるでしょう。

都心に在住していて、高級車なのに普段あまり車を使わないなんて人には持って来いです。

高級車は置いておくだけでお金が発生してしまうので、借りたい人に貸して維持費削減に役立てましょう!

カーシェアリングのやり方!登録から報酬発生までの流れを詳しく解説!

 

では早速、カーシェアリングのやり方を解説します。今回は1番大手であるAnycaを例に解説していきます。

① プロフィール登録

まずはオーナーである自分の情報を登録します。プロフィール写真、名前(ニックネーム)、職業、過去の運転歴や主な車の使い方などを入力します。

ドライバー側に公開される部分なので、相手が安心して借りられるように、できるだけ詳しく書いた方が良いでしょう。

② 車情報登録

肝心の貸し出す車情報の登録です。車のタイプ、車種、年式や仕様、設備などを項目に従って登録します。

その他、車の受け渡し場所、レンタル代も決めます。

移動交通費や洗車代が別途かかる!

待ち合わせ場所へはオーナー自ら移動させる必要があり、その際の交通費や受け渡し前の洗車代は自腹で行う必要があります。

レンタル代は上限を超えないように!

レンタル代は自分で設定することができますが、いくらでもいいというわけではありません。

料金設定する際に「購入時金額」と「購入時走行距離」「年間維持費」を入力すると、自動で上限使用料が計算されるので、その上限を超えないように料金設定を行うことが基本です。

上限を超えた料金設定は法令にも違反してしまうので注意が必要です。

③ 審査通過→レンタル開始

車検証の写真を送るなどの審査があり、審査に通ればレンタル開始ができます。

余程のことがない限り審査に落とされることはないので、ここはあまり心配する必要はないでしょう。

④ 貸出依頼

車を借りたい人から予約リクエストが届き、オーナーが承認することで予約が確定します。

予約確定する前に、相手側とメッセージのやり取りができるようになっているので、受け渡しの場所の確認、所有時間の取り決めなど、

双方の条件をしっかり確認してから承認することが重要です。

また、Anycaではドライバー、オーナー側のプロフィール欄それぞれに「レビュー」が記載されおり、その人が「どのような評価を得ているのか」が分かるようになっています。

登録したばかりだとレビュー評価がないので、判断しづらいですが、レビューがあれば、承認前に是非確認しましょう。

良い評価が付いているなら、こちら側も安心して貸すことができますし、自分のレビュー評価も相手側にとっての判断材料なので、最初から最後まで誠実な対応を心がけて高評価を得ることも重要です。

⑤ 車両貸出

双方の条件が合意できればいよいよ貸し出しです。待ち合わせ場所まで車を持っていき、ドライバーと直接対面。

車を渡す前に、まずはお互いの免許証を見せて本人であることを確認。

次に車にキズなどがある場合はしっかりドライバー側に確認してもらい、後は車の操作方法などをレクチャーするなどすれば完了です。返却までは特にする作業はありません。

⑥ 車返却

車が戻ってきたら、再びキズの確認をします。なければ鍵を返してカーシェアリング完了です。

このとき注意したいのは、車内の忘れ物です。忘れ物があったりすると、後々面倒になってしまうので、ドライバー側によく確認してもらいましょう。

⑦ 報酬振込

報酬はレンタル代から、10%の手数料を引かれた後の金額になるので、例えば8000円の報酬を稼いだとしたら8000-800=7200円が実際に振り込まれる金額になります。

Anycaは登録料は無料なので、10%の手数料くらいは痛手にはなりませんね。

因みに、報酬の振り込みは翌月末になるので、その月に稼いだ報酬は、次の月末ということになります。

ドライバーから直接手渡しされるわけではないので注意してくださいね。

カーシェアリングで毎月5万以上稼げる?みんなの収入額まとめ!

月にどれくらい稼いでいるかは、所有している車によって大きく変わるようですが、人気車種だと、月5万以上稼ぐことも可能になるようです。

ここでは実際にカーシェアリングサービス「Anyca」にオーナー登録した人達の体験談を調べ、稼いだ収入額をまとめてみました。

※収入額は手数料を差し引いた金額です。

■ 東京都内在住の男性は1年前に「ベンツのオープンカー」を買ったものの仕事が多忙すぎて乗る機会が激減。

もったいないのでAnycaに登録したら、その日のうちに予約リクエストが入り、その後も連日で問い合わせが続いたそうです。

ベンツの借り手需要は多く、主にデート目的での依頼が多いんだとか。24時間7500円レンタルで、毎月5万以上の収入に!

■ 都心在住の男性会社員は7万キロ以上で10年落ちの中古車「ポルシェ・カイエン」をレンタル。貸出価格は12時間8000円

この条件でも依頼者は後が絶えないとのことで、月に15万円以上の収入になっているそうです。

維持費を引いても月11万円以上の利益は出ているそうで、年収にすると約138万以上にもなるとのこと!

■ 「日産セレナ 2017年式」 を所有している男性。JR赤羽駅・東京メトロ南北線王子神谷駅を中心に1日4000~5000円で貸し出し

ご家族で、友達同士、カップルなど様々な層から依頼があり、最高収益は月約6万円平均は月25000円

高級車に比べると金額は落ちるものの、車の維持費分としては十分な金額ですね。

Anycaで稼ぐには、ポルシェやBMWなど人気の輸入車を所有していることや、渋谷や新宿など、都心に住んでいるなどで売り上げが左右されます。

ミニバンなどの国産車の場合でも、レンタル代を安くしたり、アクセスの良い受け渡し場所を選ぶなど工夫すれば、売り上げは伸びるものと思われます。

因みにカーシェアで人気の車種は以下の通り↓

1位 BMW・3シリーズ (幅広い世代に人気の車種)

2位 ポルシェ・カイエン (街で目立ちたいならコレ)

3位 BMW・Z4 (カップルデートに人気)

4位 トヨタ・アルフォード(家族で週末のお出かけに)

5位 メルセデスベンツ・Eクラス(一度は乗りたい高級車)

6位 トヨタ・プリウス(ドライブ、仕事で大活躍)

7位 日産・エルグランド(大人人数のドライブに最適)

8位 MINI・MINI(お洒落なデザインが人気)

9位 BMW・1シリーズ(BMWマニアに人気が高い)

10位 トヨタ・ノア(家族層やカップルに人気)

※2017年度調べ(東京23区内)

このランキングに載っている人気車種を所有しているという人は、乗らない時間をカーシェアリングすれば、いい副収入を稼げる可能性大!是非チャレンジしてみてください^^

最後に

高級車を買ったはいいものの、週末の数時間しか乗らない、維持費ばかりがかさむ・・・なんて人にはうってつけの副業です。

特に人気はポルシェやBMW。10年以上の中古車であっても依頼者は殺到するとのことですから、維持費や保険代を差し引いても十分利益が見込めます。これらの車を所有している人はチャンスです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする