レンタカー回送業は稼げない?時給300円?事故ったら全額弁償?

どうもちいままです!世の中にはたくさんのバイトがありますが、男性なら、車関係のバイトで稼ぎたいと考えてる人は多いのではないでしょうか?

車関係のバイトに関しては以前も記事にしたことがありますが↓

今回は「レンタカー回送業」について書いていきたいと思います。

レンタカー回送業とは、その名の通り、レンタカーを運転して、指定された場所まで移動させることが主な仕事なんですが、

おそらく、車好きの男性の方なら、この仕事が気になっている人も多いと思います。

しかし、タイトルでも既に書いた通り、この仕事は驚く程稼げないようです。

実際にこのレンタカー回送業でバイトした人達の体験談を読むと、完全なブラック企業の代表格とも言えるほど酷い実態でした。

ということで、今回はレンタカー回送業の実態を詳しく書いていきたいと思います。

車好きだからやってみたいと思っていた方は、まずはこの記事を読んでからにしてください。

スポンサーリンク

レンタカー回送業ってどんな仕事?

まず始めに、レンタカー回送業とはどんな仕事なのかをざっくり紹介していきましょう。

冒頭でも紹介した通り、レンタカー回送業はレンタカーを運転して移動させること。これが主な業務内容です。

移動させる場所は様々で、主に以下の場所になります。

レンタカーの店舗内での移動

予約が入っている車をすぐ貸し出せるように、店舗内での車の移動を行います。業務としては一番楽です。

他のレンタカー店への移動

別の店舗でレンタカーが必要になった場合に、その店舗まで車を移動させます。こちらも距離的にはさほど長くはありません。

整備工場への移動

車をメンテナンスする場合や、お客様が事故を起こしてしまった時は整備工場まで運びます。

乗り捨てられたレンタカーを元の店舗へ移動

お客様が乗り捨てたレンタカーを取りに行って、返却場所である元の店舗へ届けます。こちらは長距離になるので結構大変です。

という具合に、とにかくレンタカーをあちこちに移動させるのが仕事なので、一日中ずっと運転していることになります。

レンタカー回送業は稼げない?時給300円?

普通、アルバイトや正社員として働く場合、雇用契約扱いなので、労働時間に応じた報酬が貰えるわけですが、レンタカー回送業は業務委託契約が基本となっているので、

完全なる歩合制になります。つまり仕事をこなした分しか報酬は貰えないというわけです。

ある人の体験談によれば(本業としてやった場合)、月94本(寝る時間ないぐらい)仕事して、本数歩合が1本につき500円ついても17万弱。

本数歩合94本×500円=47000円
実質の給料は13万。

昼12 時頃帰宅で睡眠⇒16時に起きて準備⇒17時には電車乗り移動⇒翌日12時までフル稼働。

これだと1日20時間、25日稼働したとして、日給にして約6800、時給に換算すると約340円にしかならない計算ですね。

雇用形態ならば、都道府県ごとに給料の最低賃金というものが決められており、今はどんなに低くても時給700円以上には設定されています。

もしパートや正社員などの雇用契約で働いていたら、時給700円だとしても、1日20時間、25日稼働なら、月収35万はいっている計算です。

しかし、レンタカー回送業は同じ仕事をしてもその半分の給料しか出ません。

結局この方はバカらしくなって辞めたようです。当然ですね。身を削ってもこれではね(^_^;)

因みに、本業としてではなく、副業としてやるなら丁度良いのではと思う人もいるかもしれませんが、稼働できる日数が少ないドライバーに対しては、基本仕事が回してもらえないことが多いそうです。

仕事が実際に来るのは月に2~3日だけという場合もザラで、ほとんどお金になりませんし、「仕事が来るかもしれないから自宅待機していてください」と命じられて自宅待機していても、仕事がこないことも多く、1日無駄になることもあります。

これは、フル稼働できる方のドライバー優先で仕事を振るためで、フル稼働できないドライバーは、万が一緊急の仕事が入ったときの予備員扱いでしか仕事をさせてもらえないことによるものです。

まあ、これはレンタカー会社にもよりますし、地域によっては、週末だけの稼働でも月6万くらい稼ぐ人もいるようので、レンタカー回送業全体がこうというわけではないですが、

少ない稼働時間で効率的に稼いでいる人は、割合的には少ないでしょう。ほとんどの場合、そう上手くはいきません。

交通費や移動費の立替・契約金や収入印紙代の負担

レンタカー回送業では、レンタカーで移動する際の燃料・高速代・交通費は基本、自分で立替なくてはならないので、最初はお金がかかります。

これだと、生活がカツカツで緊急でお金が必要としているという人には、まず無理な仕事ですね。

また、業務請負契約ですので契約の際には、1~2万前後の契約金や収入印紙代などがかかります。

「働くのに何でいろいろお金取られんの?もしかして怪しい仕事なんじゃ?」と思う人もいるかもしれませんが、雇用じゃない業務請負契約の場合、

印紙税法で「請負に関する契約書」は課税文書に該当するため、規定の収入印紙を貼付することが義務付けられています。

つまり、この仕事を始めるにあたり、最初は数万円、使えるお金を手元に用意しておく必要があるというわけです。

おそらく、この時点で、やる気がなくなった人はたくさんいるでしょうね。

だってお金を稼ぎたいのに、お金を取られていたのでは話にならないですからね。

やるにしても、ある程度の金銭的余裕がある人に限ります。

事故などによる車両破損も全額自己負担

これはレンタカー回送業で最大のデメリットとも言える部分ですが、万が一レンタカー移動中に、事故って車をキズつけたりした場合、その修理費用は全てドライバーに請求がいくようになっています。

あるドライバーの話です。

車両回送ドライバーとして1年8ヶ月間働いています。先日、大雪の日の夜に山道でスリップして縁石にぶつけてしまいました。

軽く当てただけだったので自走ができ、そのまま翌朝納車しました。その後、請求額が17万円と聞いて愕然としました。

毎回の回送には保険をかけており免責10万円なので、修理代の請求額は10万円(実際の修理費は17万円)、プラス営業保証金として別途7万円の請求。合計17万円を支払えと言うのです。

しかし、事故を起こしてしまった原因は、過酷すぎる勤務時間にあるとドライバー側は主張。

24時間のうち仮眠できる時間が2〜3時間しかなく、1日20時間以上の労働を強いられていたとのこと。

また、大雪の日の夜中にノーマルタイヤで回送させられたこと、そもそもの話、営業保証金についての話は契約の際に聞いた覚えがなかったこと、

その上、はっきりとした修理の明細も知らされていないので、とても納得できるものではなく「お支払いできません」と拒否したそうです。

しかし会社側は「契約書にサインしてあるので、毎月の報酬から差し引かれている積立金(現在10万円)や、まだ受け取っていない報酬から自動的に引く事になる」と主張。

結局、このドライバーに関しては、どんなに払いたくないと訴えたところで、契約を交わした時点で支払い義務は生じることになっているので、

会社の言うように、勝手に報酬から差し引かれるという結果になるだけです。

レンタカー回送業での事故は、軽くこすっただけでも、何十万もの請求額を突き付けられることも多く、納得できなくても支払わなければなりません。

ですから、この仕事を始める前に、こういったリスクがあることを覚悟しなければなりません。

一番は事故を起こさないようにすればいいだけの話ですが、上記のドライバーの話にもあるように、1日20時間以上の労働を強いられているなど、過酷な労働条件で働かされているドライバーも多く、睡眠不足の疲労により、事故を起こすドライバーが後を絶ちません。

十分な休憩を取りたくても、納車時間があるため、ほぼ寝ずに稼働する人も多くいます。

こんな状況じゃ、事故を起こすのも無理はないといった感じですが、残念ながらこれがレンタカー回送業の現実です。

せっかく頑張って働いても、事故れば一瞬にして報酬がパアです。相当なハイリスクがある仕事だと言わざるえませんね。

妻子持ちはやるべきでないレンタカー回送業

上記で紹介した通り、レンタカー回送業は、過酷労働の割にお金にならず、加えて事故の責任も全て背負わされるというリスクが常につきまとっています。

また、夜間回送も多いので連日車中泊は当たり前、まともに寝る時間もとれず、本部から連絡が入れば 次の仕事をしなければならないので、かなりストレス、疲労が溜まります。

良いことといえば、人間関係が楽なことくらい。運転中は一人なので気楽ですし、休憩はどこでも取ってもOK。車好きには最適な仕事と言えます。

しかし、車内での飲食やタバコは禁止、高速利用の指示が出ない限り高速は使えませんし、ゴミも出してはいけないなど、厳しい制限があるので、実際はそこまでくつろげないでしょう。

ですから、これは妻子持ちの方なら完全アウトな仕事と言えます。何日も家に帰れないことはザラですし、そこまで頑張ってもお給料はかなり安い。

そして万が一事故を起こそうものなら、その月のお給料額以上の請求を強いられることもあります。

これでは、家庭を支えていくどころの話ではありませんよね。

この仕事に向いている人は、

・独身の人

・高収入を求めない人

・どこで寝ても平気な人

・車好きな人

・体力に自信のある人

ですね。

とにかく時間に自由が利く独身の人じゃないとまず無理でしょう。

そして、稼ぐことを目的とせず、車の運転が好きで何時間運転しても苦にならないこと。

車で寝ても平気、少ししか寝られなくても疲れ知らずな人・・・。

こんな人じゃないとまずできない仕事です。

「んな人いるか!」と突っ込みたくなりますね・・・。

最後に

いかがでしたか?レンタカー回送業がいかに過酷な仕事であるか理解して頂けたと思いますが、こんな悪条件でも、中には頑張って月収30万以上を稼ぐ強者もいます。

レンタカー会社によっても待遇や規制は違うので、まともなところなら頑張れば、生計を立てられるくらい稼ぐことは可能になるでしょう。

ただ、その代わり相当な過酷労働を強いられることは覚悟しなければなりません。

それに耐えられず辞めていく人は多いですし、むしろ時給制のバイトの方が稼げるくらいなので、レンタカー回送業はよっぽどのことがない限りやらない方がいいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする