ブログのカテゴリを変更したらアクセスが激減?この原因とは?

どうもちいままです!今回はブログのカテゴリについて書いていきたいと思います。

当ブログは現時点で、まだ60記事にも満たない弱小ブログなんですが、それでも記事数が増えていくにつれ、徐々にアクセス数も上がってきており、少しずつ成長の兆しを見せていました。

しかしあるとき、私が何気なく取った行動によって、アクセス数がダダ下がりするという事態に陥ってしまいました。

その行動とは、記事タイトルにも書いてある通り、大幅なカテゴリの変更です。

記事数が増えるにつれ、段々カテゴリがごちゃごちゃしてきたので、前々からカテゴリを整理したいと考えていて、ついにそれを実行したんです。

しかし、その結果なんと翌日から急激にアクセスがダダ下がりに!

まあ、元々アクセスなんてそこまであるわけではなかったのですが、それでも確実に上がってきたアクセス数が、ある日突然下がってしまうと、やっぱり焦ります。

ということで、今回はブログのカテゴリとアクセスの関係について書いていきたいと思います。

もし、私と同じように、カテゴリをいじったら、アクセスが急に下がってしまって困っているという人は是非参考にしてみてください!

スポンサーリンク

ブログのカテゴリを変更したらアクセス激減?

アクセスが激減してしまったのは今から2週間前くらいの話。

ちょうどブログ記事が50記事を突破したところで、ふと「カテゴリをもっときちんと整理したい」と思い立ち、大幅なカテゴリ変更を行いました。

今思えば、これが間違いだったんです。

まず、どのようにカテゴリを変更したかなんですが、記事数が増えたことで、それまでざっくりだったカテゴリをさらに細かく、細分化しようと思ったのです。

例えば、これまでは全て「在宅副業」でくくっていたものを、せどり、転売、Webライター、イラストなどなど、さらに具体化してカテゴリ数を増やしていきました。

そして、増やしただけでなく、元々あったカテゴリ名を変更したり、削除したりもしました。

自分の中では「これで分かりやすくなった!ユーザーもきっと探しやすいだろう」と勝手に思っていました。

しかし、翌日、アナリティクス(アクセス解析)を見ると、なんと、アクセスがいつもの2分の1に減っていたのでギョッとしました。

勿論、アクセスというのは日々変動するもので、上がったり下がったりを繰り返しているので、焦りつつも最初は「こんな日もあるよね」と思い、数日様子を見ていたんです。

しかし、その後も一向に回復の兆しを見せてはくれませんでした。

どう考えてもカテゴリが原因としか考えられませんでした。

そこで、いろいろネットで調べてみたんですが、私のようにカテゴリ変更によってアクセスが下がるという経験をしている人はなかなか少なく、

いても、激減してしまったブログは放置してしまったなど、絶望的な答えしか出てこなかったので(笑)

なんとか回復する方法はないものかとネットで調べまくった結果、一番良いのは「カテゴリを元の状態に戻す」という結論に至りました。

ということで、早速、カテゴリを元に戻すためにまたもや変更。ぶっちゃけこの行為も良くないとは思ったのですが、このままブログが日の目を見ないまま枯れてしまっては勿体なさすぎると思い、即効で元に戻しました。

で、結果はどうなったのか?

カテゴリを元に戻したときのアクセスは?原因はなんだったのか?

ぶっちゃけ、戻してから1週間以上は回復の兆しがなく、「もしやもうダメなのかな?」と思っていたのですが、あるとき急激にアクセスが上がり始めました。

※アナリテゥクスの解析画像は規約違反になるので、残念ながらお見せできませんが。

上がったというよりも元に戻ったといった方が正しいと思いますが、アクセスが激減して2週間、要約通常運転になってくれたという感じです。

しかしながら、気になるのは「なぜカテゴリを変更したらアクセスが下がったのか?」ということです。

実はカテゴリ変更は、SEOに良いとされていて、カテゴリを整理することで、ユーザービリティ―が向上するため、ブログの評価が上がり、アクセス数が伸びると言われています。

しかし、実際やったら逆効果の結果に。一体これはなぜなのか?

いろいろ調べた結果、その理由は主にこんなところにあることが分かりました。

それは・・・

ある程度評価されたカテゴリを削除してしまい、評価が0になってしまったから。

これです。

私はそれまで、カテゴリの振り分けはそこまで深く考えずに行っていたので、変更するときも、自分のやりたいように振り分けしてしまっていました。

しかし、このカテゴリを突如変更してしまうと、それまで検索エンジンから受けていた評価がリセットされ、0になってしまうんだそうです。

例えば、今回の記事でいえば、カテゴリは「アフィリエイト」「体験談」に振り分けられていますが、この記事を投稿した瞬間、この記事はこの状態で、検索エンジンにインデックスされるわけです。

そして後は、徐々にブログの評価が上がり、それに比例して1記事1記事の検索順位もどんどん上がってきます。

しかし、ここで「アフィリエイト」「体験談」のカテゴリを削除して、新たに「ブログ」というカテゴリに変更したとしましょう。

すると検索エンジンは「あれ?アフィリエイトと体験談のカテゴリが消えている!これじゃあ評価できない」となってしまい、

結果、それまで培ってきた検索エンジンからの評価がリセットされてしまうのです。

当然、新たに作った「ブログ」のカテゴリは、まだまだ評価されていないので、アクセス数はありません。

これが、カテゴリ変更によるアクセス激減の原因です。

特に、「カテゴリ削除」が一番イケないみたいですね。

カテゴリを削除することは、記事を検索エンジンから削除してしまうようなものなのでね。

まだアクセスのない状態ならまだしも、ある程度育ってしまった段階でカテゴリを変更してしまうのは非常に宜しくないということです。

ですから、「カテゴリをもっと見やすくしたいから整理しよう!」と安易に行ってしまわないように注意しましょう。

カテゴリ変更でアクセスが激減してしまったときの対処法!

上記ではカテゴリの変更によって激減してしまったアクセスを回復させるために、カテゴリを元に戻したと記述しましたが、実はもう2つ行った対処法があります。

それが

・記事の更新頻度を増やした

・内部リンクの設置や記事のリライトを行った

です。

アクセスが激減したとき、すぐさまサーチコンソールで確認したんですが、特にペナルティを受けたわけでも、圏外に跳んだわけでもなさそうだったので、ブログ自体はダメになったわけではないことは確かでした。

なら、あとできることは、「とにかくブログを育てること」これだなと思ったので、それまで2~3日に1回だった更新頻度を毎日に変更したり、過去の記事に内部リンクを設置したり、リライトを施したりして、ブログ全体の評価を上げることに注力しました。

内部リンク・・・自分のブログ内を行き交うリンクのこと。本文内に内部リンクを設置することで、他の記事も読んでもらいやすくなります。

リライト・・・過去の記事をもう一度修正すること。誤字脱字を直したり、新たな情報を追加したりなど。こうすることで記事の質が向上します。

その結果、アクセスも右肩上がりに上がってきたので、やはりこの対処法は間違っていなかったなと感じています。

むしろ、カテゴリを元に戻すより、こちらの方が効果あったなと感じていますからね。

つまり、下手な細工はせずに、良質な記事を増やしていけってことです。

ここで自暴自棄になってブログを放置してしまっては非常に勿体ないです。

また、焦ってSNSからアクセスを呼び込もうとするのもNG。

一時的なアクセスしか期待できませんし、途中からやっても、アクセスがくるようになるまでには、どのみち時間がかかりますので。

急激にアクセスが下がってしまうとやはり焦りますが、そうなってしまっても、とにかく記事を書き続けることです。

そうすれば高い確率でブログのアクセス数は戻ります。

ですから、皆さんも、私と同じように、カテゴリ変更によってアクセスが下がってしまったという場合には、今回紹介した対処法を是非実践してみてください。

最後に

自分的には、ブログをより見やすくしようと思って行ったカテゴリ変更が、逆効果になってしまおうとは夢にも思いませんでした(^_^;)

ただ、カテゴリ変更自体は悪いことではなく、むしろSEO効果を望めるものなので、やってはいけなということではありません。

問題は「途中で変更してしまうこと」コレです。

やるなら、まだアクセスのない、最初の段階で行うことをおすすめします。

決して自己判断で、安易にカテゴリの変更を行ってしまわないように注意してください!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする