auかんたん決済で不正利用されても全額返金されない?防止策は?

どうもちいままです!ここ最近、ツイッターで気になる投稿を見つけました。

それが「auかんたん決済での不正利用被害」です。

私もauを利用しているので、目に止まった投稿だったのですが、どうやらこの被害に遭われた方は、30万ものお金を不正に課金されていたようです。

しかし、さらに驚くのはここから。なんと不正利用は認められたものの、全額返金なしという結果。おかしくないですか?

不正が認められたにも関わらず、使ってもいないお金を普通に請求される・・・。これは他人ごとではないなと感じたので今回記事にすることにしました。

どうやら、以前からauかんたん決済で不正利用被害は相次いでいたようで、未だに被害はなくなっていない模様。

こんなに簡単に不正アクセスされたんじゃ、安心して使えませんよね。

このような被害に遭わないための防止策など、書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

auかんたん決済で不正利用で30万被害?全額返金不可?

まず、下記の画像をご覧ください↓

7月11日のツイートでこんな投稿が載せられていました(知っている人も多いでしょう)↑

30万・・・。ここまでの被害はそうそうないと思うので、発覚したときはさぞショックだったでしょうね。

しかし、そもそもの話、こんな額になるまでなぜ気づかなかったのか疑問に思う人も多いと思うんですが、

どうやら、この被害者である彼氏は、メールの設定をしていなかったために、利用明細メールが届いていなかったことが大きな原因だったみたいですね。

まさか不正利用されるなんて思わないですから、ずっと無法地帯状態だったのでしょう。恐ろしいです。

そしてツイートにもあるように、不正利用が認められたにも関わらず、全額返金は認められず、一部返金のみ。

被害者からしたら、「何で不正利用認めといて、金は払わせられんの?」と、怒りでしかないわけですが、以前からauかんたん決済による被害は後を絶たないようで、

au側としては「いちいち取り合ってられるか。自分の身は自分で守れ」ってことなんでしょう。

まあ、腹立つけどおっしゃる通りかもしれません。この被害に遭われた方も、メール設定していなかったことが一番の原因ですし、

やはり不正利用されないための対策は自分で行っていくべきだということです。

そもそもなぜ簡単に不正アクセスされてしまうのか?

ここ最近も7月からサービス開始された「7pay」がサービス開始3日目にして不正利用が発覚し、サービス停止状態となっていますが、

何でこうも簡単に不正アクセスされてしまうのかが疑問に思いますよね。特にauかんたん決済での被害は酷い。

調べてみると、どうやらその1番の原因は、本人認証の条件が甘すぎることにあるようです。

auの場合、パスワードと生年月日のみで本人認証されてしまうんですよね。

auに、パスワード忘れたからということで問い合わせると、名前と生年月日だけでパスワードなどの個人情報も全部教えてもらえるようです。

うっかりインスタやツイッターなどで自分の誕生日や年齢を公表してしまっている人は、そこから不正利用される可能性もありますし、

そうじゃなくても、今は何でもスマホで決済を済ませるのが当たり前になってきているので、そこからハッキングされて個人情報なんて簡単に抜き取られてしまいます。

生年月日は変えようがないし、パスワードを変えても、またすぐにハッキングされてバレてしまえばアウト。

こうなってしまうと、不正利用した相手が友人や知人である可能性も否めないですよね。

だって生年月日と名前が分かれば、パスワードは簡単に教えてもらえるんですから。

全くの他人よりも、本人と関わりのある知人・友人の方が不正利用しやすい環境にあるわけです。

便利になるのはいいですが、このような被害も比例して増えていくので、手放しで喜べないのが現状です。これでは安心して買い物や決済もできないですよね。

不正利用を防ぐための有効な方法はないのか?

さて、上記では、auかんたん決済での不正アクセスについて解説しましたが、こうも簡単にセキュリティを破られしまっては、たまったものではありませんよね。

何とかして被害を未然に防ぎたいものですが、不正利用を防ぐための有効な方法はないのでしょうか?

調べてみると、残念ながら不正利用されないためには、ネットで買い物しない、キャリア決済しないくらいしか防止策はありません。

どんなにガードしても、不正に悪いことする奴らはいなくなりませんし、そいつらを取り締まることも、現状では不可能です。

ですから、被害に遭いたくないなら、スマホで決済しないことが一番。不便だけど、最も確実な方法はそれしかありません。

ただし。

100%防ぐのは無理でも70~80%くらいなら、防ぐ方法がいくつかあります。

完璧には無理でも、何もやらないときよりは確実にセキュリティ強化にはなるので、少しでも被害を防ぎたい人は是非実践しておくことをおすすめします。

防止策①2段階認証設定をする

では、まず1つ目。

それはauIDを2段階認証設定にすることです。

出典:https://id.auone.jp/id/pc/guide/devauth/index.html

通常はIDやパスワード、生年月日など、必要な情報だけが判れば、本人の携帯端末以外からでも決済できてしまいますが、

2段階認証設定すると、1度目で認証されてアクセスできたとしても、今度はau IDに登録されているau携帯電話へSMS(Cメール)が送信され、そこからもう一度認証を行わなければ、決済できない仕組みとなっています。

つまり、契約した本人の携帯端末以外では決済できない様になるということですね。

もし、身に覚えのないログイン通知があった場合は、絶対に認証せず、すぐにパスワード変更を行いましょう。

ただ、これも100%防げるわけではありません。

なぜなら、この2段階認証が使えるのはauかんたん決済からの不正アクセスされたときのみであって、他ルートからアクセスされた場合は、通知はこないので気付きません。

今回30万の被害に遭った方は、2段階認証を行っていたにも関わらず、不正アクセスされているので、おそらくiTunesなどの別ルートを辿ってアクセスしてきたのではないかと思われます。

どこからアクセスしてくるか特定するのは難しいですし、こうなってしまえばお手上げです。

ただ、何もやらないよりはやった方が何倍もセキュリティ度は上がるので、まだ2段階認証設定を行っていない人は、すぐさま行うことをおすすめします。

防止策②利用明細をまめにチェックする

オーソドックスですが、これも有効な対策の一つです。毎日とまではいかなくても、定期的に利用明細はこまめにチェックした方がいいです。

万が一不正アクセスされていれば、放置期間が長ければ長いほど、被害額は大きくなりますから、面倒でもチェックするといいですね。

決済した瞬間、すぐにメールが届くようになっていますから、なるべく早く対処することで被害を最小限に食い止められる可能性が高いです。

対策③上限額を最低にする

3つの中ではこれが一番確実で手間がないかなと思います。どこのキャリアもそうですが、かんたん決済での利用金額は上限額を自分で設定することができるようになっているので、

不正アクセスされても、上限額を1円とか最低にしておけば、使われる心配はないでしょう。ないところからは盗れないですからね。

ただ、この方法を取ってしまうと、当然自分もかんたん決済を利用できなくなるので、普段から利用している人にとっては、大変不便になります。

ですから、例えば、ネットで決済しようと思ったときは、使う分だけの金額を設定して、すぐさま決済してしまうことですね。

いつまでも使える様に残しておくことが危険の元なので、さっさと使ってしまうことが重要。

しかし、そうやっていちいちビクビクしながら使わなきゃならないのも疲れますよね。

本来なら、使いたい時にサッと使える便利機能であるはずなのに・・・。

もし不正利用被害に遭ってしまったら?

さて、上記では3つの防止策をご紹介しましたが、何度も言うように防御率は100%ではないので、不正アクセスされる危険性は常につきまとっています。

では、万が一不正利用被害に遭ってしまったらどうしたらいいのでしょうか?

今回被害をツイッターで投稿したこの方は、auにもAppleにも問い合わせたようですが、auは決済された分は払えの一点張りで、Appleも一部のみの返金しかできないとの対応だったようです。

やはり、不正利用被害に遭ってしまったら泣き寝入りするしかないのか?ということなんですが、必ずしもそうとは限りません。

実はこのような被害に遭った場合でも、全額返金、支払わずに済んだという人達も多いです。

対処法としては、まずはauや決済先のAppleに問合せ。駄目そうなら消費者センター、警察へ被害届出すなど、とにかく、できることは全てやることが重要です。

そもそもの話、不正利用された被害者側が支払わなければならないのはおかしいことです。

auやAppleは応対する人間によって対応も大きく変わるようですから、「不正利用だとしても決済した分は払え」なんて言ってくるところは、

明らかに自分らにとって不利益になることには労力を使いたくないという真意の表れです。

こちらが少しでも隙を見せると、つけ上がるので、強きな姿勢で訴えた方がいいです。

とにかく強く訴えることで、誠実に対応してくれる場合も多いので、諦めずに、やれることはやりましょう!

因みにクレジットカードによる被害は、60日以内に不正利用を届ければ補償されるので、全額返金対応して貰えます。

ですから、キャリアなどのかんたん決済を利用するよりも、いざというときは、クレカの方が補償がついて安全かもしれませんね。

ただ、クレカの場合も補償期間は60日以内なので、期間を過ぎれば返金して貰うことはできなくなります。

なので、常日頃から利用状況はこまめにチェックしておくことが重要です。

最後に

実を言うと、私も以前、auかんたん決済で不正利用されかけたことがあります。あるときauからメールが届いたんですが、

どうやらAmazonで何か買おうとしたけど、お金が不足していて買えなかったみたいな内容でした。

まあ、支払い枠がなかったので良かったですが、ホントに油断できないですよね。

被害に遭わないためには、今回紹介したような防止策を取って防ぐしかないわけですが、いちいちこのような防止策を取らなければならないのも結構手間ですよね。

キャリア決済は便利が売りなのに、これじゃあ現金払いのときより面倒じゃない?って思ってしまいます(^_^;)

キャッシュレスは便利でいいけど、もっとセキュリティの面を強化してほしいですよね。

皆さんも不正利用には十分お気を付けください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする