アニメ・漫画・ゲーム系副業が稼げる4つの理由。需要は益々高まる!

どうもちいままです!唐突ですが、これまでいろいろな副業についての記事を書いてきて改めて思うことがあります。

それはアニメ・ゲーム・漫画系副業ってやはり稼げるなあということです。

やり方次第では、月収30~50万以上を稼ぎ出すことも不可能ではなく、中には本業以上に儲けている人もいるほどです。

当たればでかいこのジャンル。

しかし、アニメ・ゲーム・漫画系がここまで儲かる理由とは一体何なのか?

今回はその理由について詳しく解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

アニメ・ゲーム・漫画系副業が稼げる理由①ターゲットが大人であること

今、私と同じように小学生くらいの年齢のお子様をお持ちの世代の方、ここ数年前から「やたら昔流行ったアニメや漫画が復活している」と感じたことはありませんか?

ドラゴンボール、セーラームーン、少年アシベ、おそ松さん、幽遊白書・・・

これ、今の30~40代の世代の方が子供の頃にやってたもので、懐かしさを感じている人も多いことでしょう。

勿論、現代のアニメである、進撃の巨人、キングダム、ワンパンマン、プリキュア、おしりたんていなども人気ですが、どう見ても昔のアニメの方が盛り上がってます。

しかしなぜ今、このようにやたら昔のアニメや漫画が復活するのでしょうか?

調べてみると、その背景にはやはりお金が絡んでいました。

アニメや漫画、ゲームなどは子供のためのものではあるものの、結局、それらを買い与えるのは子供の親です。

そうなると、現代版のアニメや漫画、ゲームに力を入れるよりも、今の親世代の人が子供の頃に見ていたアニメや漫画、ゲームを復活させる方が、利益が見込めるからです。

当時は子供で、親に買ってもらってアニメや漫画、ゲームを楽しんでいた人達も、今では自分でがっつり稼いで家族を養う歳になりました。

このタイミングで、自分が当時見ていたアニメや漫画が現代版で復活したらどうでしょう?

おそらく当時の気持ちが再熱して、こぞって関連商品を買う人が続出しますよね。

プリキュアの元祖とも言えるべき存在の「セーラームーン」も未だに根強い人気があり、ニコニコ動画でアニメが配信された際は2日間で再生数・来場者数が100万を突破しましたし、

女性をターゲットとして下着やコスメセットなどの商品も大人気となっています。

また、ドラゴンボールも去年映画が公開され、全米4位を記録する大ヒットを跳ばしました。

ドラゴンボールはトレンディングカードやフィギュア、ゲームなど、関連商品が売れまくっており、今年5月9日に、バンダイナムコホールディングスが、2019年3月通期におけるIP別売上高を発表しましたが、

グループ全体のIP別売上高をみると、「ドラゴンボール」が前の期比31.7%増の1290億円と大きく伸び、過去最高を更新したことが明らかになっています。

これはあの大人気コミックス、「ONE PIECE」を大きく上回る数値だそう。

その他にも1990年代に発売され、当時爆発的人気を誇っていた「スーパーファミコン」も現在手の平サイズとなって再発売する有様。

これにより、再びスーパーファミコンに注目が集まり、オークションなどでも高額で取引されていたりします。

これらを買うのは、30~40代世代の男性が大半。最もガッツリ給料を稼ぐ年代の人をターゲットにして、アニメやゲーム市場は大きく儲けているのです。

アニメ・ゲーム・漫画系副業が稼げる理由②高額でも売れる

アニメ・ゲーム・漫画に熱が入っている人達は、これらの関連商品を買うために、自分の稼いだお給料も、惜しみなくほぼ全てつぎ込んでしまう人が多いです。

中にはフィギュア一体に30万近くの値が付いたりすることもあります。

これだけでも「はあ?!バカみてぇ!」と、私のように子持ちの主婦からすると驚いてしまうんですが(笑)それをこぞって落札する人達が存在するのはもっと驚きです。

興味のない人からすれば、1ヶ月分の給料に相当する大金を、たった一体のおもちゃにつぎ込む気持ちが理解できませんからね。

しかし、アニメ・漫画好きの、いわゆるオタク系と呼ばれると人達は、2次元のキャラクターとバーチャル恋愛を楽しむという人も多く、

もはや、生き甲斐とも言えるべき存在となっています。

従って、欲求を満たすために、大金を惜しまず使ってしまうようです。

でも、こういう人達のおかげでこの業界は大儲けしているわけですよね。

ていうか、みんな何でそんなに金を持っているか、そっちの方が疑問なんですけどね(笑)

アニメ・ゲーム・漫画系副業が稼げる理由③映画やドラマの原作になることが多い

アニメ・ゲーム・漫画系がウケるのは、何もオタク系の人達だけではありません。

今は漫画が原作になっている映画やドラマも多く、映画公開やドラマが放送されるにあたり、

原作となった漫画が注目を浴びるようになるので、普段は漫画に興味がない人達も見込み客として、引き込むことができます。

わざわざ漫画を買ってもだ読まないという人も、テレビでドラマが放送されていれば興味が湧いて、原作の方も買う可能性が高くなりますし、

人気の俳優や女優が演出することで、原作以上に盛り上がることも予測されます。

映画やドラマの放送が終われば、当然人気は下火になりますが、一時的でも収益の方は十分に期待できます。

それに、今後もまた同じように漫画原作の映画やドラマは公開され続けると思うので、廃れることはまずないでしょう。

アニメ・ゲーム・漫画系副業が稼げる理由④いつでもどこでも見られる・できる

私達が子供の頃は、アニメやゲームは家にあるテレビ、漫画は本屋さんで買って読むのが主流でした。

しかし現在は一変。スマホ1つで全て完結してしまいます。

アニメに限らず、ドラマや映画なども全て、ネットの動画配信サービスで視聴できますし、ゲームもアプリをインストールするだけ、漫画も電子コミックサイトで読めるので、わざわざ本屋さんに買いに行く必要もありません。

こうなるとスマホさえ持っていれば小学生でも中学生でも、ネットを通じてアニメやゲーム、漫画を見ることができるので、24時間365日、需要がなくなることがまずありません。

そのおかげで取りこぼしなく消費者を獲得することができ、今後も益々需要が伸びることが予測されます。

アニメ・ゲーム・漫画系副業で稼ぐ方法は大きく分けて3つ!

さて、アニメ・ゲーム・漫画系副業が稼げる理由についてざっとご紹介しましたが、ここで問題となるのが「どうやって稼ぐのか?」ということですね。

これらのジャンルが稼げるのは分かったけど、実際、これのジャンルを使ってどうやって収入を得るのかということなんですが、その方法は大きく分けると主に3つあります。

それが

①アフィリエイト

②転売

③特技を売る

です。

1つずつ詳しく解説していきましょう。

①アフィリエイト

アフィリエイトは、簡単に言うと、当ブログがやっていることと同じことです。ブログを作って記事を書き、そこにGoogleアドセンス広告や、ASP商品広告などを載せて、

ブログに訪れたユーザーに、広告経由で、サービスに申し込んでもらったり、商品を購入してもらったりすることで、ブログの運営者に報酬が入るという仕組みのことです。

今回のアニメや漫画のジャンルでいえば、漫画のネタバレを紹介するブログを作って、電子コミックサイトに誘導するとか、アニメ関連のブログを作って、アニメグッズを紹介するとかですね。

電子コミックサイトに誘導する場合なら、1件成約するごとに3000円前後の報酬になりますので、アクセスが少なくても、月収数万円の収入は見込めます。

ただ、アニメグッズを紹介する場合は、Amazonや楽天の商品広告を張ることになると思いますが、報酬率はどちらとも商品価格の3%くらいにしかならないので、あまりおすすめしません。

それなら、アニメ関連ブログを作ったら、そこにGoogleの広告を張ったり、アニメ動画配信サービスへの誘導を促した方が効率的に稼げるでしょう。

アフィリエイトで稼げるようになるまでには、ある程度ブログのコンテンツを作り上げる必要がありますが、一度軌道に乗ると、ほったらかしでも稼ぐことができるのが最大のメリットです。

②転売

これは、アニメグッズや漫画本、ゲーム機やソフトなどを、ヤフオクなどのオークションサイトに出品したり、

メルカリなどのフリマアプリで売ったりなどといった、今や誰もがやっている定番の副業ですね。

やはりアニメグッズや漫画本、ゲーム関連商品はどれも高額で売れているので狙い目です。

仕入れ先は、ヤフオクだったり、BOOKOFFやハードオフなどいろいろあるので、とにかく安く仕入れて高く売ることが儲ける上で重要です。

うまくけば、1日で1万円以上の収入になることもあるので、アフィリエイトよりも即効性がああります。

また、アニメ化や映画公開を控えているものは、そのタイミングで売れば、通常の何倍もの価格で売れることもあるので、売るタイミングをうまく掴めるようになれば、

転売だけで生計を立てていくことも夢ではありません。

③特技を売る

特技を売るとは、例えば、アニメやゲームのキャラクターのイラストを描いて、ヤフオクなどで売ったりなどですね。

ヤフオクでは手描きイラストが高額で落札されるので、イラストが得意な人は挑戦してみるといいでしょう。

また、この他にも、アニメの声優やナレーションを務めたり、ゲームのBGMを自作して販売したり、容姿に自信があるならコスプレイヤーとして活躍したり、Web漫画を投稿したり、

自分のスキルを売って、それで収入を得るということです。

プロとして生計を立てていくことはなかな難しいですが、本業の傍らにお小遣い稼ぎとしてやる分には十分な収入を得ることができます。

最後に

私はアニメや漫画は好きですが、一児の母となった今、観賞する余裕など全くなく、暇つぶしにたまに漫画読んだりするくらいなのですが、

個人的に「ドランボール」だけは未だに大好きで、数年前にドラゴンボールZのDVDを全巻大人買いしたんですが、未だに見れておらず(笑)

これからもしばらく見る時間が取れそうになかったので、この前メルカリに出品したら、15000円と、結構なお金になりました。

元々レンタル落ちの商品だったので、その割には高額で売れてくれたなあと言う印象です。

出品して3日目くらいで即効で買い手がつきました。ちなみに、同時に「ドラゴンボール改」のDVDも出品してたんですが、こちらは全くの無反応(笑)

ドランゴンボール改の場合、声優も取り直ししてありますし、かなり編集カットされているので、昔からのファンは食いつかないようですね(私は好きですが)。

結局、万歳堂で5000円程で売ってしまいまたが、5000円でも結構高いですよね。

やっぱりアニメや漫画ジャンルって、稼げる市場なんだなあと改めて思った次第であります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする